浅草九劇がオンライン型演劇場としてリニューアル!第1弾は 俳優・柄本明による ひとり芝居『煙草の害について』を上演

株式会社レプロエンタテインメントは、運営する劇場・浅草九劇をオンライン型演劇場としてリニューアル。リニューアル後の第1弾企画として、俳優・柄本明さんによる、ひとり芝居『煙草の害について』を6月5日(金)、6日(土)に上演することを発表しました。

柄本明

本作は、柄本明さんが1993年に初めてのひとり芝居の試みとして、自身が構成・演出して上演し、好評を博した作品です。その後再演を重ね、この度、浅草九劇での上演が決定しました。アントン・チェーホフの原作は上演時間20分程の短編ですが、柄本明さんによる上演は他のアントン・チェーホフ作品を部分的に取り入れ、また新たに書き加えて、1時間ほどの風変わりなひとり芝居になっております。チケットは、5月28日(木)AM6:00より、電子チケットの販売プラットフォーム・PassMarketを通じて販売します。

その他、浅草九劇では、本作を皮切りに、6月7日(日)にミュージカル俳優・福井晶一によるトーク&ライブ『It’s Sho-Time』、6月17日(水)と18日(木)に俳優・大鶴佐助さんと大鶴美仁音さんによるふたり芝居『いかけしごむ』(作 別役実)、6月24日(水)から26日(金)に中村まことさん&藤間爽子、山口森広&町田マリーさんによるふたり芝居『タンスのゆくえ』(作・演出 田村孝裕)をそれぞれ上演します。

 

<公演概要>
※上演順

柄本明ひとり芝居『煙草の害について』

[原作]
アントン・チェーホフ

[構成・演出・出演]
柄本明

柄本明

[公演日]
6月5日(金)19:30開演、6日(土)14:00開演

[場所]
浅草九劇

[ライブ配信]
2,000円

[チケット購入]
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0186kw1103cqd.html
※5月28日(木)AM6:00より販売開始
※劇場での観覧はございません。

柄本明 コメント
演劇人としてまた俳優として、
何かやらなければと考えていたところ
浅草九劇から声をかけていただきました。
よろしくお願いします。

 

福井晶一 Online トーク&ライブ『It’s Sho-Time』Vol.1

[出演]
福井晶一(Vo.)、山本佳祐(Pf.)、北森正樹(Perc.)

福井晶一

[ゲスト]
坂元健児

[公演日]
6月7日(日)16:00開演

[場所]
浅草九劇

[ライブ配信]
2,000円

[チケット購入]
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01e3x911049sr.html

※5月28日(木)AM6:00より販売開始
※劇場での観覧はございません。

[概要]
福井晶一がホストとして、ゲストに坂元健児さんをお迎えし、トーク&ライブを繰り広げる配信イベントの第1弾です。普段聞けないプライベートトークにミュージカル曲を中心としたライブなど見所満載です。配信ならではの企画もありますので、どうぞお楽しみください。

福井晶一 コメント
今こそ文化、芸術の力が試される時。「オンライン型演劇場」としてリニューアルした九劇の今後の可能性に大いに期待します。
初めての試みでどうなるかわかりませんがゲストの坂元健児さんと共に楽しい時間をお届けできたらと思います。

 

大鶴佐助・大鶴美仁音ふたり芝居『いかけしごむ』

[作]
別役実(べつやく・みのる)

[構成・演出・出演]
大鶴佐助、大鶴美仁音

[公演日]
6月17日(水)19:30開演、18日(木)19:30開演

[場所]
浅草九劇

[ライブ配信]
1,500円

[チケット購入]
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01evxw1104c94.html
※5月28日(木)AM6:00より販売開始
※劇場での観覧の有無に関しては、新型コロナウイルス感染症の感染状況を鑑みて判断させていただきます。

[あらすじ]
暗い夜、幾晩も無駄に過ごす女の所へ、何かに追われてサラリーマンで発明家の男がやってくる。女はやけに事実にこだわりながら男にココロのヒミツを話させようとする。1人のリアリズムの世界がもう1人のリアリズムの世界をゆっくりと侵食した先に残るものとは、そしてもともとあったものとは。

大鶴佐助 コメント(ふたり芝居『いかけしごむ』構成・演出・出演)
最近夜にタバコを吸いに外へ出ると人影が全く無く東京なのに寂れた空気を感じる事があります。そういう時僕は、もしかしたらこの世界に今存在しているのは自分だけなのではないかと錯覚して人を見つけるまで少し歩きます。通りに出れば人なんてすぐ見つけ僕は安心し少し後悔します。「いかけしごむ」はそういう空気や匂いの漂いが最近の夜に似てるものを感じました。暗い夜の街のもっとも深いところへ姉と行ってみたいと思います。

 

ふたり芝居『タンスのゆくえ』

[作・演出]
田村孝裕(たむら・たかひろ)

[出演]
中村まこと&藤間爽子ver. 山口森広&町田マリーver.
※1公演で両ver.上演

[公演日]
6月24日(水)19:30開演、25日(木)19:30開演、26日(金)19:30開演

[場所]
浅草九劇

[ライブ配信]
2,000円

[チケット購入]
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0116ta1105hkx.html
※5月28日(木)AM6:00より販売開始
※劇場での観覧の有無に関しては、新型コロナウイルス感染症の感染状況を鑑みて判断させていただきます。

[あらすじ]
引っ越しの荷物が散らばっているアパートの一室。この部屋で男と女は3年間一緒に暮らしていたが、今日限りで同棲を解消するようだ。それぞれに引っ越すようで、荷物の仕分けもすんでいる・・・ようだが、たったひとつ何の変哲もない箪笥を巡って、結論が出ない。まもなく運送屋もやってくるのに、お互いに何故相手がそんなに箪笥にこだわるのか探ろうとする・・・。

田村孝裕 コメント(ふたり芝居『タンスのゆくえ』作・演出)
演劇のエンジンをそろそろかけようと思います。
しかし乗ったことのない新車です。
九劇さんが用意した新車とともに、新たな演劇の形を模索します。
全力でアクセルを踏みますので一緒に体感していただけたら幸いです。

 

浅草九劇

Tokyo Now Author