ミュージカル『憂国のモリアーティ』第二弾公演、最新情報が発表!

ミュージカル『憂国のモリアーティ』第二弾公演の公演日程、 劇場名、 追加キャスト、 タイムテーブルが発表されました。

Ⓒ竹内良輔・三好 輝/集英社 Ⓒミュージカル『憂国のモリアーティ』プロジェクト

原作の『憂国のモリアーティ』は、 集英社「ジャンプSQ.」で2016年8月から連載されている、 構成・竹内良輔氏、 漫画・三好 輝氏による人気漫画です。 コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」を原案に、 ホームズ最大の宿敵であるモリアーティ教授視点で再構築された物語が描かれています。

ストーリーは、 上流階級の人間達に支配され差別が蔓延している19世紀末の「大英帝国」を舞台に、 階級制度による悪を取り除き、 理想の国を作ろうとするモリアーティと、 宿敵シャーロック・ホームズの戦いを中心に描かれます。

前作同様、 脚本・演出には西森英行氏、 音楽はただすけ氏が担当。 楽器の生演奏を交えた舞台作品という、 ライブエンターテイメントならではの魅力を楽しんでいただけるミュージカルとなっています。そして、 2019年5月の初演時に出演したキャストも再集結、 今回も大きな話題となること間違いありません!

 

ーイントロダクションー
時は19世紀末、 大英帝国最盛期(パクス・ブリタニカ)のロンドン――。
古くから根付く完全階級制度により、 上流階級の人間達に支配されている「大英帝国」。
生まれ落ちた時から一生涯の身分が決まるこの社会制度は、
必然的に人間同士の差別を生んだ。
そんな中、 階級制度による悪を取り除き、 理想の国を作ろうとする青年がいた。
これはジェームズ・モリアーティ、 或いはシャーロック・ホームズの 敵(かたき)の話――。

 

ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2(オーパスツー)

[原作]
構成:竹内良輔/漫画:三好 輝『憂国のモリアーティ』(集英社「ジャンプSQ.」連載中)

[脚本・演出]
西森英行

[音楽]
ただすけ

[公演スケジュール]
東京:天王洲 銀河劇場:2020年7月31日(金)~8月10日(月・祝)
京都:京都劇場:2020年8月14日(金)~8月16日(日)

[キャスト]
ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ :鈴木勝吾
シャーロック・ホームズ :平野良

アルバート・ジェームズ・モリアーティ:久保田秀敏
ルイス・ジェームズ・モリアーティ:山本一慶
セバスチャン・モラン:井澤勇貴
フレッド・ポーロック:赤澤遼太郎

ジョン・H・ワトソン:鎌苅健太

ミス・ハドソン:七木奏音
ジョージ・レストレード:高木俊 他

[公演に関するお問い合わせ]
マーベラスユーザーサポートTEL:0120-577-405
(土日祝日指定日除く11:00~17:00 ※年末年始休業12/28~1/6)

舞台公式サイト: https://www.marv.jp/special/moriarty/
舞台公式twitter: @mu_moriarty
舞台公式Instagram:@mu_moriarty

Ⓒ竹内良輔・三好 輝/集英社 Ⓒミュージカル『憂国のモリアーティ』プロジェクト

Tokyo Now Author