RPG「ロマンシング サガ」シリーズ、舞台化第3弾「SaGa THE STAGE ~約束のマルディアス~」2020年11月に上演決定!!

これまで、「ロアーヌが燃える日」「七英雄の帰還」と2度、舞台化されいずれも好評を博してきた株式会社スクウェア・エニックスのRPG「ロマンシング サガ」シリーズ。その舞台化第3弾が今年2020年11月に上演決定した。

2月16日、東京・池袋の東京芸術劇場で「ロマンシング サガ オーケストラ祭(フェス)」が開催。本公演は、スクウェア・エニックスの人気RPG「ロマンシング サガ」シリーズの楽曲を演奏するオーケストラコンサートで、「ロマンシング サガ」、「ロマンシング サガ2」、「ロマンシング サガ3」をはじめ、「ロマンシング サガ ミンストレルソング」「SaGa THE STAGE ~七英雄の帰還~」から最新作「ロマンシング サガ リ・ユニバース」までの楽曲で構成。13時30分からの昼公演と18時30分から夜公演の2回公演で行われた。

昼公演のアンコールに、サガシリーズ総合ディレクター・河津秋敏(以下、河津)がスペシャルゲストとして登場すると、「今年も舞台をやります!」と声高らかに宣言。今年11月にサガシリーズ30周年記念となる舞台化第3弾「SaGa THE STAGE ~約束のマルディアス~」の上演が決定したことが発表された。

続けて、河津が「『ロマンシング サガ』、『ロマンシング サガ ミンストレルソング』をベースにした物語になります」と説明すると、MCの結(ゆい)が「ちなみに曲の発注は?」と質問。河津はステージにゲストとして登壇していたサガシリーズの作曲家・伊藤賢治(以下、伊藤)に「やってくれるよね?」と呼びかけると、「家でしっかり仕事をしろということですね(笑)」と快諾した。さらに「期待してます」と河津から声をかけられ、「ヤベ!がんばります!」と気合いが入った表情を見せた。

東京公演は11月12日(木)から16日(月)までサンシャイン劇場、大阪公演は11月20日(金)から23日(月・祝)までサンケイホールブリーゼにて上演される。チケットは2月16日(日)から3月15日(日)までe-STOREにて先行抽選予約受付中。詳しくは公式サイトにて確認を。

 

<公演概要>

SaGa THE STAGE ~ 約束のマルディアス ~

公式サイト:http://sagastage.jp/mardias/
公式Twitter:https://twitter.com/SaGa_THE_STAGE3

[公演情報]
東京公演:2020年11月12日(木)~16日(月) サンシャイン劇場
大阪公演:2020年11月20日(金)~23日 (月・祝 )  サンケイホールブリーゼ

[チケット]
特典S席 12,000円
S席 9,800円
A席 7,800円 (全席指定・税込)

e-STORE最速先行受付中
2月16日(日)~3月15日(日)まで
チケット購入:https://store.jp.square-enix.com/sp/saga_stage_yakusoku/index.html

世界観監修・脚本原案:河津秋敏 (株式会社スクウェア・エニックス)
脚本:とちぼり木 (株式会社スクウェア・エニックス)
音楽:伊藤賢治

 

―STORY―
まだ人間が、この世に生まれて間もないころ
悪しき三柱の兄弟神がおりました

長兄のデス 弟のサルーイン 末妹のシェラハ

彼らは、恐ろしいモンスター達を率いて
神々の王エロールと人間達に戦いを挑みました

激しい戦いでした

デスとシェラハはエロールと神々の力に屈し 最後には降参しました

しかし、サルーインだけは戦いをやめませんでした

エロールは、サルーインを封じ込めるため
10種の力の宝石を作り 人間達の選んだ一人の英雄に与えました
その戦士ミルザは見事に役目を果たし サルーインを封じました
彼も命を失いましたが その名前と宝石の物語は 伝説として世に残りました

–『ロマンシング サガ』プロローグより–

登場キャラクター
アルベルト
アイシャ
グレイ
バーバラ
クローディア
ホーク
シフ
ジャミル
サルーイン
ミルザ
ダーク
ほか

詳細は近日公開

Tokyo Now Author