「仮面ライダージオウ スピンオフ RIDER TIME 前夜祭」プレミアムトークショーにヒーロー達が集結!

「仮面ライダージオウ」のスピンオフ作品『RIDER TIME 仮面ライダー龍騎』と『RIDER TIME 仮面ライダーシノビ』の作品完成を記念して、 3月30日(土)『仮面ライダージオウ スピンオフ RIDER TIME 前夜祭 プレミアム上映&トークショー』が丸の内TOEIにて開催されました。

(C)東映特撮ファンクラブ (C)2019「RIDER TIME龍騎」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

両作品配信の前夜祭として行われた今回の『プレミアム上映&トークショー』では、 『RIDER TIME 仮面ライダー龍騎』からは、 松田悟志さん、 高野八誠さん、 一條俊さん、 弓削智久さん、 萩野崇さんら5名、 『RIDER TIME 仮面ライダーシノビ』からは主演の多和田任益さん、 華村あすかさん、 財木琢磨さんら3名と両作監督の柴崎貴行さんによる舞台挨拶が行われた。

初めに 『RIDER TIME 仮面ライダーシノビ』のキャストの3名が登場すると、 観客から一斉に歓声と拍手が沸き上がりました。 冒頭の挨拶では、 多和田さんからの「超忍」という掛け声に、 「ポー(法)」とお客さんが答え会場が一つに。 撮影の際の印象的なエピソードを聞かれると、 財木さんから「初めて変身ベルトを巻いたとき、 その場にいた子供たちが足にしがみついてきてびっくりしました」との答えに、 多和田さんは「あるあるだねー」と、 ライダーならではのあるあるエピソードを語りました。 ヒロインの華村さんは、 「前から挑戦したいと思っていたアクションを初めてやれて嬉しかった。 思った通りできず悔しい思いもしたが、 完成した作品を観ると、 頑張ってよかったと思いました。 」と語り、 最後は多和田さんより「また皆さんに“シノビ”として会えたらいいなと思います。 これからも応援よろしくお願いします。 」とのメッセージで締めくくりました。

続いて、 『RIDER TIME 仮面ライダー龍騎』のキャスト5人が登場すると、 会場は割れんばかりの大歓声に包まれました。 17年前のキャストが再集結するという夢のような光景にお客様たちは大興奮。 女性ファンの黄色い歓声や、 熱狂的な特撮ファンによる声援が会場中に響き渡り、 「仮面ライダー龍騎」テレビ放送時には生まれていない子供たちも、 初めて生で見るヒーローに目を輝かせていました。

時を経て再び集結することになった「仮面ライダー龍騎」のキャスト陣は出だしから、 息の合ったトークで会場を盛り上げ、 本作品の見どころという質問に松田さんは「僕たちも台本を見てびっくりしました。 今までにない全く新しいストーリーです。 先日、 たまたま龍騎のメンバーと『またみんなで龍騎やりたいね』と話していたら、 このお話がきて驚きと喜びがありました。 」と答えました。

監督の柴崎貴行さんは「ただ当時の龍騎を再現しようということではなく、 当時のよさと今だからできるよさを組み合わせました。 」と作品にかける思いを伝えると、 一條さんは「役作りにあたり、 当時の龍騎を一話から息子と観ました。 少し恥ずかしい気持ちはありましたが、 誇らしかった。 父親らしいことができた。 」と17年の時を経た今だからこそ生まれた、 心温まるエピソードも。

王蛇役/萩野さんからは「当時は若いから上半身裸で蛇革の上着を着てましたが、 今は大人になったのでインナーを着てます。 もう40代なので、 髪は痛めたくないと思い茶髪にするのは嫌だったけど、 スタッフに説得されて結局茶髪にしました。 」と会場を笑わせました。

また、 ステージでは、 今回会場に来ることができなかった、 今作の主演である須賀貴匡さんの話に。 須賀さんとのエピソードに松田さんは「当時は家族より一緒にいたので、 久しぶりに会っても、 いつ会っても、 久しぶりって感じがあまりしないんですよね。 “すがっち” は当時の龍騎を完璧に再現しているのが面白く、 よくここまで再現したなと思った。 当時撮影してた時も、 本番が始まるまでふざけてたが今回の撮影も同じように楽しく過ごせた。 」と仲の良さが伝わるエピソードを聞かせていただきました。 イベント中盤には、 須賀さんからのスペシャルコメントもスクリーンで上映され、 「スピンオフの作品では、 テレビで放送できなかった男性同士のベッドシーンがあります」という発言に会場がざわつく場面も。

さらに、 松田さんが、 現在テレビ放送中の「仮面ライダージオウ」に出演しているゲイツ役の押田岳さんに似ていることが話題になっていると指摘されると、 「役の設定と声の出し方が似ているのではないかなと思います。 先日、 押田さんにお会いした時に、 『あんまり似ていないよね』という話になり、 SNSにツーショットを上げたら、 『そっくり!』というコメントが1万件ぐらいあった。 」というエピソードを話すと、 会場は笑いに包まれました。

そして、 舞台挨拶の最後は、 全員から、 ファンのみなさんへのコメントで幕を閉じました。

 

■RIDER TIME 仮面ライダー龍騎 キャストコメント

松田 悟志[秋山蓮/仮面ライダーナイト 役]
この17年間、 みんなそれぞれ俳優業やってきましたが、 僕個人は楽な17年ではなかった。 なので、 スピンオフ作品のお話を聞いたときに、 『俳優を続けてこられて本当によかった』と思いました。 俳優業は自分がやりたいからといって自由に続けられる職業ではなく、 ひとえに応援していただいているみなさんのおかげです。 本当にありがとうございました。

高野 八誠[手塚海之/仮面ライダーライア 役]
この作品は当時ゴールデンで放送されたりと、 伝説的なライダーでもあったので、 10何年振りにやるプレッシャーとか、 嬉しさとかもありつつ…また久しぶりにみんなに会えて、 同窓会のような雰囲気もありながら、 また当時とは違った空気でワイワイと撮影できたのは幸せだなと思いました。

一條 俊[芝浦淳/仮面ライダーガイ 役]
みんなが楽しみにしていた作品に参加できたのが改めてうれしく思います。 これだけオリジナルキャストが揃って、 新キャストもいて、 非常に見ごたえがあります。 オリジナル龍騎で言うと、 47・48話ぐらいからのあのスピード感で見る楽しみがあるのかなと思います。

弓削 智久[由良吾郎 役]
このメンバーでこの作品が作れたことに、 まず色んな人に感謝しています。 平成仮面ライダーで僕は他のシリーズも出させていただいているんですけど、 一番思い入れのある『龍騎』を、 平成最後にこのメンバーで作れたことに物凄い喜びを感じています。

萩野 崇[浅倉威/仮面ライダー王蛇 役]
今日集まってくださった皆さんや、 日本全国の当時の龍騎を見てくださった方、 16年の間に仮面ライダーに触れて、 龍騎に触れて、 面白いなと思ってくださった多くの方たちがいてくださったからこそ、 このようなメンバー・スタッフによる奇跡的な作品ができました。 本当にみなさんのおかげで、 僕らが幸せな時間を過ごさせてもらったなと感謝しております。

 

■RIDER TIME 仮面ライダーシノビ キャストコメント

多和田 任益[神蔵蓮太郎/仮面ライダーシノビ 役]
子供の頃からスーパー戦隊も仮面ライダーも好きで、 まさか人生で2回も変身できるなんて思っていませんでした。 また皆さんと、 “シノビ”として会える機会があったら良いなと思っています。

華村 あすか[神蔵紅芭 役]
ヒロイン抜擢には震えました。 アクションにはじめて挑戦したので、 暖かい目で見ていただけたらなと思っています。 シノビに目がハートになる紅芭をみて楽しんでください。

財木 琢磨[今生勇道/仮面ライダーハッタリ 役]
2022年が舞台の仮面ライダーなので、 実際2022年のスケジュールをしっかりと空けて、 撮影できるようにしておきます!とにかく面白くなっています。 “ハッタリ”じゃなくてマジでな。

Tokyo Now Author