「ええじゃないか とよはし映画祭2019」ディレクターに園子温監督、アンバサダーに松井玲奈

来年3月に豊橋市で開催される「ええじゃないか とよはし映画祭2019」のディレクターを映画監督の園子温さんが、同アンバサダーを女優の松井玲奈さんが就任しました。同映画祭は2017年3月に初開催し、今回が3回目。園子温さんと松井玲奈さんは豊橋ふるさと大使でもあり、過去2回ともにディレクターとアンバサダーに就任しています。

ええじゃないか とよはし映画祭:http://etff.jp/

■新たにコンペティションを開催

映画祭では、今回から新たにコンペティションを開催。豊橋出身で豊橋ふるさと大使を務める杉田成道監督を審査委員長とし、2018年1月以降に完成したインディペンデント(自主制作)作品を募集。受賞者には賞金があるほか、次回作以降での豊橋ロケについて支援を受けることができます。

コンペティション審査員長の杉田成道監督(豊橋ふるさと大使)

 

■オール豊橋ロケ作品「家族マニュアル」をプレミア上映

脚本・監督を内田英治さんが務め、豊橋ふるさと大使の平田満さんが出演する短編映画「家族マニュアル」のプレミア上映も決定。本作はすべてのロケが豊橋で行われており、メイドイン豊橋の映画として各地の映画祭やコンペティションへ出品される予定です。

「家族マニュアル」出演の平田満さん(豊橋ふるさと大使)

平田満さんのコメント
「ショートフィルムですが、きっちりと見ごたえのある『本編』だと思います。内田監督の、深いけど重くない、笑えない話なのに可笑しい、冷たくないけど突き放す、独特の世界が魅力的で毎日楽しい撮影でした。豊橋のみなさんの協力もあって、制約された日程ながらとても気持ちよく撮れた映画です。」

Tokyo Now Author