ダメ恋ダンスで話題!「深夜のダメ恋図鑑」女性限定トークイベントを開催!馬場ふみか、佐野ひなこ、久松郁実 ヒロイン全員登場し、“ダメ恋”裏話やダメ恋談義で大盛り上がり!

連続ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」の放送と本編とオリジナルエピソードのTSUTAYAプレミアム( http://tsutaya.tsite.jp/premium/ )配信を記念したPRイベントを、10月21日(日)東京・渋谷のWIRED TOKYO 1999にて開催しました。

ABCテレビで10月7日にスタートした(テレビ朝日では10月6日スタート)連続ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」。20代から30代の女性を中心に大反響を呼んでいる尾崎衣良さんの大ヒットコミックを実写化した作品で、古賀円(馬場ふみか)、千鳥佐和子(佐野ひなこ)、福間千代(久松郁実)ら3人の女性たちがダメな恋愛に振り回されながらも、ダメ男を的確かつ辛らつに斬っていく痛快な恋愛ドラマです。

現在第3話まで放送され話題となっている本ドラマ。10月21日(日)、本編とオリジナルエピソードのTSUTAYAプレミアム配信を記念して「深夜“ちょっと前の”ダメ恋図鑑」女性限定イベントを東京・渋谷のWIRED TOKYO 1999で行いました。放送前に馬場さんとふくだももこ監督の2人で行った大阪のトークイベントでは、馬場さんの意外な一面や、ふくだ監督の思わぬ失恋話も飛び出し大盛り上がり。今回は馬場さん、佐野さん、久松さんの3人全員が登壇し、ふくだ監督司会のもと、女性だらけのダメ恋トークに華が咲きました。

会場のお客さんは女性だけとあって、客席を見回したふくだ監督は「めっちゃカワイイみんな」とテンションアップ。「酒飲みながら盛り上がっていきましょう!」とまずは乾杯を。続いてカワイイ“ダメ恋ダンス”が話題になっているオープニングVTRを全員で鑑賞すると、会場中がもう3人の登場が待ちきれない雰囲気に。そしていよいよ「3人鬼カワイイ!」と開始からずっと「カワイイ」を連発しているふくだ監督が3人を呼び込みお待ちかねの馬場さん、佐野さん、久松さんが登場。「今日は楽しい時間を過ごしましょう!」(馬場)と改めて乾杯し、この集いを喜びあった。

「ダンスは得意だったんですか?」という監督の質問に「バレエをやってました」(馬場)、「体育系の高校だったのでダンスの授業がありました」(久松)という2人に対して、佐野はいじけたように「何もやってないしリズムとれないし最悪!」とふて顔。「でもダンスがかわいくて踊りやすかった」とダメ恋ダンスだけはものにしたよう。

そこで「生で観たい!」という監督の号令でダメ恋ダンスのサビを生披露。照れながらも息の合ったダンスをする3人に客席からは拍手と歓声が。「みたかよ!こんなことないぞ!」と監督もご満悦です。

第2回までの放送で、すでにSNSで大いに盛り上がっている「ダメ恋」。中でも最後に繰り広げられる3人のパジャマトークは「本音でしゃべりすぎてる(笑)」と本人たちも認めるぶっちゃけぶり。また大阪のトークショーでも、演じている円同様「元ヤンっぽい」と疑われた馬場さんは、佐野さんと久松さんからも「ぴったりすぎる」「見た目も近い」と言われて、「いいんですか、それは」と戸惑っていました。

今回は「あくまで個人の見解です!生ダメ恋トーク!」と題したコーナーを展開。TSUTAYAプレミアムだけで見ることができる配信限定のおまけファイルを見ながら4人で生オーディオコメンタリーを展開。#1では大学時代の円に言い寄る笠松将演じる“山本先輩”のウザさに大盛り上がり。「いちいちダサい」「かっこつけてるのが全部空回り」と言いたい放題の4人に客席の女性たちも笑いながら首を縦に。監督からは「この人が一番クセ強いと思ってたら……」と気になる今後のヒントが。馬場さんも「楽しみにしておいて下さい」と、さらなるダメ男の存在を匂わせました。

#2には佐和子の元カレのバンドマン・桐谷が登場。メールで自分勝手に復縁を迫る桐谷に対して、馬場さんと久松さんは「メールを返すのが悪い」と佐和子にダメ出し。しかし佐野さんは「私はどっちかというとそういうタイプ」と役柄同様に佐和子の肩を持ちます。「何かしてあげたい」という佐野さんに対して、久松さんが「お世話されたい」と意外にもキッパリ宣言すると、佐野さんは「郁ちゃんにはしたくなっちゃう」とさっそくダメ恋心を刺激されてしまいました。

また、大阪で寄せられたダメ恋エピソード番外編も。「彼氏にお茶碗を2つ買って来たら次の日から連絡がとれなくなった」というエピソードに、「いきなり連絡をとらないという行為が人として問題」など厳しい言葉が続出。すると、実はこのエピソードが、会場にいた男性スタッフが女性のふりをして明かしたエピソードだと判明し、「男がクソですよ!」と非難轟々。最後に馬場さんが諦め顔で「結果、大人になると恋愛って難しいって話だよね」ときれいにまとめました。

さらに、会場のお客さんからダメ恋エピソードを募集。恥ずかしさからなかなか手が上がらない中、1人のお姉さんが挙手。「友だちの話なんですけど」と、「初デートのラーメン屋さんで800円のラーメンを500円だけおごってくれた」という話に、「たかだか300円でダサい男になってしまった」(佐野)、「300円でねちねち言いたくない」(久松)、「出すか出さないかどっちかにしてほしい」(馬場)と三者三様の意見に会場の女性陣はみな真剣に耳を傾けていた。

楽しい時間はあっという間に終了。最後に3人からメッセージが。「多種多様、さまざまな男性が出てきますので、願いに叶う男性が出てくるのか注目していただけたら」(馬場)、「佐和子は今後も雲行きが怪しいので、結婚するのかな、別れるのかなとか、温かく見守って下さい」(佐野)、「ここまで毛と戦ってるんですが、この先どう戦うのか(笑)。おもしろい展開になるので楽しみにして下さい」(久松)と、それぞれの展開にますます目が離せなくなりそうだ。

その後に行われた会見では、「みなさんのエピソードを聞けてうれしかった」(馬場)、「イベントがもっとできたら」(佐野)、「ほとんど女子会。監督のMCでリラックスしてできました」(久松)と、イベントを満喫した様子。「役柄とのギャップは?」と質問されると、馬場さんは「そこまで完璧な男性を求めてません。もっと寛容です」と宣言。佐野さんは「共感しちゃう」とやはりダメ恋寄り。久松は“毛”に対して「私は逃げません!」と2人を笑わせていました。

 

【4話のあらすじ】
・関西:ABCテレビ 10月28日日曜 よる11時35分~深夜0時05分放送
・関東:テレビ朝日 10月27日土曜 深夜2時45分~深夜3時15分放送(変更の可能性あり)
※ほか地域でも放送。TSUTAYAプレミアムで配信

古賀円(馬場ふみか)と千鳥佐和子(佐野ひなこ)、福間千代(久松郁実)の3人は、夜な夜な女子会を開いては恋バナを楽しむ親友同士。今夜も円の部屋に集まり、ダメ恋話で盛り上がる!
少女漫画に出てくる王子様が理想だという千代のため、王子様になろうと懸命に努力をする八代智司(清原翔)。デートでもエレガントかつスマートにふるまい、千代を感激させる。そんな八代に千代は「今晩誘われたら、絶対に断らない!」と心を決めるが…!?
一方、国分諒(瀬戸利樹)と同棲中の佐和子。風邪をひいて寝込んだ諒を看病すると、今度は佐和子が風邪をひいてしまう。寝込んだ佐和子に「ゆっくり寝とけよ」と気遣いを見せる諒。少しは佐和子を労るかと思いきや…!だが、佐和子が「食べやすいものを買ってきてほしい」とメッセージを送ると、買ってきたのは病人に食べさせるには脂っこすぎるものばかり。諒のあまりのポンコツぶりに、佐和子も我慢の限界が訪れる!
円は大学時代のサークル仲間の結婚パーティーに出席。新郎の佐藤(水上剣星)とは飲み友達で、「また飲もう」と誘われるが、嫉妬深い新婦のマミ(わちみなみ)に牽制される。さらに、わざわざ独身女性だけを集めて、マミがブーケトス!だが、互いに遠慮し、誰も手を出さなかったため、ブーケは床に落下してしまう…!

(出 演)
古賀円 馬場ふみか
千鳥佐和子 佐野ひなこ
福間千代 久松郁実
国分諒 瀬戸利樹
八代智司 清原翔

八代の同僚 小越勇輝
佐藤 水上剣星
マミ わちみなみ
新郎の上司 永野
円の大学時代の友人 ゆきぽよ
司会 ヒロド歩美(ABCテレビアナウンサー)

(原 作)
尾崎衣良『深夜のダメ恋図鑑』(小学館「プチコミック」連載中)

(脚 本)
阿相クミコ

(音楽)
HAL=tonny

(主題歌)
TWICE「STAY BY MY SIDE」(ワーナーミュージック・ジャパン)

(エンディングテーマ)
Sonar Pocket「baby baby」(ワーナーミュージック・ジャパン)

Tokyo Now Author