変幻自在の“カメレオン俳優” 中村倫也が、“裸の自分をみせる”文筆家に!雑誌『ダ・ヴィンチ』11月号(10月6日発売)でエッセイ連載がスタート!

株式会社KADOKAWAは、 雑誌『ダ・ヴィンチ』11月号(10月6日発売)にて、 中村倫也『中村倫也のやんごとなき雑談』の連載を開始いたします。

NHK朝の連続テレビ小説『半分、 青い。 』で、 ゆるふわ男子“マア君”を演じ、 また、 どんな役にも染まり切ることから、 その変幻自在な演技が話題となり、 今年一躍注目の人となった俳優・中村倫也。その彼が、 この度、 雑誌『ダ・ヴィンチ』でエッセイ連載をスタート。 俳優としての顔を脱ぎ捨て、 役を取り払った自分=“裸の自分を見せる”文筆業に挑む!

エッセイのタイトル『中村倫也のやんごとなき雑談』は本人案。 やんごとない=身分が高い、 にかけて王冠を用いた写真も中村の提案によるもの。 第1回原稿には、 〈肩の力を抜いて等身大の言葉を並べたい。 上辺の透き通った水だけじゃなく、 底に沈殿するヘドロもすくい上げるような文章を書きたい〉と記されている。

本企画は、 女性誌で連載していた約800字ほどのエッセイなど、 中村が書いた文章を全てを読み、 その才を感じた本誌編集者が執筆をオファーしたことにより実現。 『ダ・ヴィンチ』では約2000文字に及ぶエッセイを毎月執筆する。

中村倫也コメント
役者という職業は、 本人が出過ぎないほうが良いと考えている。 それは僕の芝居を観てくれるお客さんの、 作品への没入感の妨げになる可能性があるから。 ところが文章というのは不思議なもので。 既に三本ほど原稿を書かせてもらったのだが、 どうやら、 出ちゃってるらしい。 担当編集曰く「丸裸」状態……。 もうこうなったらとことん出してやろうじゃないか。 僕の隠したい恥部を!と決意し、 筆をとった次第で御座います。
どうか皆さん、 読んでくれ。 そして何も言わずそっと抱きしめて、 部屋の本棚に並べてくれ。

そして連載スタート号となる『ダ・ヴィンチ』11月号(10月6日発売号)では、 中村が表紙を飾る&「中村倫也の表現」と題した24ページにも及ぶ特集も! “表現者”としてのロングインタビューのほか、 北川悦吏子氏との対談、 作家・彩瀬まるが中村を主人公に「あてがき」した短編を創作、 その物語を中村が演じたグラビアで魅せる誌面など、 大規模な特集が組まれている。 (連載写真:江森康之)

 

<書籍情報>

『ダ・ヴィンチ』2018年11月号
10月6日(土)発売
定価:(本体630円+税)
発売:KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/321802000600/

Tokyo Now Author