キリン・トロピカーナ オレンジデー イベント 小倉優子さんを迎えて開催

キリン・トロピカーナ株式会社は、2018年4月14日(土)イオンモール幕張新都心(千葉市美浜区豊砂)にて、タレントの小倉優子さんをお迎えして、キリン・トロピカーナ オレンジデー イベント「Real Happiness Gallery展 & 巨大シャンパンタワー点灯式」を行いました。

この日のイベントには、小倉優子さんがオレンジ色のワンピースで登場。司会とのトークセッションを行った後、高さ約3メートル(シャンパングラス12段)のオレンジ色のシャンパンタワーへの点灯式を行いました。

イベントで小倉優子さんは、<幸せを感じるときは?>と質問され、「(自分の)子ども二人が仲良く遊んでいる姿を見ると幸せを感じます。子育てと仕事の両立は大変ですが、子どもたちの成長の過程をみられるのは楽しいです。」など、普段の生活のことを交えながらお話ししてくれました。また、<オレンジデーを一緒に幸せを祝いたい人は?>の問いには、「ギャル曽根ちゃんとすごく仲良くしていて、仕事やプライベートでも遊んだりしています。いつも私の幸せを願って、いろいろアドバイスしてくれ、お話を聞いてくれるので、親友でもあるギャル曽根ちゃんと過ごしたいです。家族ぐるみで付き合える友達に巡り会えて、本当に幸せだと思います。また、夜は電話の受話器をスピーカーにして、いろんなことをしながら長電話しています。週5日ぐらい電話をしたりして、仲良くしていただいています。」と親友とのエピソードも披露。そして展示されている写真については、「どの作品を見ても、笑顔になれて、お写真を見ているだけで、幸せな気持ちになれました。自分もインスタグラムをやっているので、今後は、見る人が幸せになれるような写真をアップしていきたいと思いました。」と話してくれました。

その後に、オレンジのシャンパンタワーへの点灯式を行い、「オレンジ色は大好きで、チークとかもオレンジにするととても健康的に見えるので、見ているだけで、元気をもらえると思うので、会場にいらっしゃった皆さんもシャンパンタワーの前でぜひ写真を撮ってくださいね。」と、オレンジデーへの祝福のメッセージを答えてくれました。

イベント後にはキリン・トロピカーナ株式会社の山内 浩一郎社長から、「オレンジデーを我々が最初に始めたのは、2012年で今年で7年目。バレンタインデー、ホワイトデーと比べるとまだ広がりがたらないですが、こうしたイベントなどを通じてたくさんの人にこの日を知っていただければと思います。楽しく家族や友人の皆さんと幸せなひと時を過ごしていただいて、その中に我々の商品を飲んだり、オレンジを食べたりするだけでなく、オレンジのモノを贈りあうという習慣が世の中に広がっていくことを願ってイベントを行いました。小倉優子さんにゲストで登場いただきましたが、オレンジの洋服がとてもお似合いでした。また、お子さんやご家族の話をしていただきました中で、普段からくだものや果汁に慣れ親しんでいただくことを大切に考えているとお話しいただきました。これは、我々にとっても大切にしていることですので、とてもありがたいお話を伺いました。」と今回のイベントを振り返ってコメントしました。

左より小倉優子、山内浩一郎

Tokyo Now Author