NEWSPRイベント

『未来少年コナン』舞台化記念!千原徹也&影山優佳&門脇麦がインバル・ピントの世界を語るトークショーに登場!!

5月28日(火)より東京芸術劇場プレイハウスで上演される、舞台『未来少年コナン』の開幕に先立ち、原宿に新たにオープンした商業施設 東急プラザ原宿「ハラカド」にて、本作の宣伝美術のアートディレクターを務めたクリエイティブディレクターの千原徹也と、本作に出演する影山優佳、門脇 麦が演出・振付・美術を手掛けるインバル・ピントの創作の魅力を語るトークイベントが5月12日(日)に開催されました。

『未来少年コナン』舞台化記念 千原徹也&影山優佳&門脇 麦がインバル・ピントの世界を語るトークショー inハラカド
(左から)影山優佳、門脇麦、千原徹也
撮影:前澤秀登

原作アニメ『未来少年コナン』は1978年4月放送、頭角を現し始めていた宮崎駿氏が監督に大抜擢されたテレビアニメーションシリーズ。最終戦争後の荒廃した地球を舞台に、恐れを知らない野生児コナンがなおも権力にしがみつく人間たちと戦う、胸躍る冒険アドベンチャー。鳥と心を通わせる能力を持つ少女や、様々な飛行メカ、異変を予知する虫の大群など…この後に生み出される宮崎アニメの傑作へと受け継がれていく要素がつまっている。NHKがテレビ開局25周年を記念して制作されたNHK初のアニメ番組としても知られている。

その作品を舞台化するのは、日本ではミュージカル『100 万回生きたねこ』や村上春樹原作の『ねじまき鳥クロニクル』などを手掛け、その唯一無二の空間演出で観客を魅了し続けているインバル・ピント。そして、表現者として多様なジャンルで才能が光るダビッド・マンブッフが共に演出を担う。

『未来少年コナン』舞台化記念 千原徹也&影山優佳&門脇 麦がインバル・ピントの世界を語るトークショー inハラカド
撮影:前澤秀登

本イベントのMCを務めるクリエイティブディレクターの千原徹也は、インバル・ピントが演出・美術・振付を手掛けた『100万回生きたねこ』(2013年初演、2015年再演)で宣伝ビジュアルを担当し、「その世界観に魅了された一人」だと言う。

『未来少年コナン』舞台化記念 千原徹也&影山優佳&門脇 麦がインバル・ピントの世界を語るトークショー inハラカド
撮影:前澤秀登

インバルのクリエーションの魅力を尋ねられると、影山は「機械なのに生き生きとした、そこに鼓動を感じられるような美術セット」、門脇は「インバルの作品に欠かせないのはダンサーの存在」「例えば『コナン』の劇中の砂漠のシーンでは砂漠をダンサーたちで表現しているのですが、実際に砂のセットを作るよりも、肉体がいかに雄弁ということが伝わってくるんです」と語った。

『未来少年コナン』舞台化記念 千原徹也&影山優佳&門脇 麦がインバル・ピントの世界を語るトークショー inハラカド
撮影:前澤秀登

『ねじまき鳥クロニクル』に続いて今回も原作がある作品のクリエイションに際し、門脇は「舞台は原作のダイジェスト版では絶対にないと思っているので、インバルの作品はその原作のエッセンスをダンサーの肉体に移していくような感じ。美術もインバルなのでエッセンスが凝縮されている」とその魅力を表現。

『未来少年コナン』舞台化記念 千原徹也&影山優佳&門脇 麦がインバル・ピントの世界を語るトークショー inハラカド
撮影:前澤秀登

初日に向けての意気込みを影山は「困難にひとりで立ち向かわなければならない状況や、自分ひとりの力ではどうしようもないことが起きてしまったりしたとき、私は正直いま稽古場で挫折してばかりなのですが、本番ではラナとして楽しんで、観客の皆さんに明日を生きるためのピースを届けたいです」、門脇は「記憶と心の両方にずしゃんと来る、人生でずっと残るような、インバルの作品にはそんな瞬間が必ずあると思います。ぜひインバル・ピントの世界に足を運んでいただければ」と語った。

 

ギャラリー展示詳細

『未来少年コナン』舞台化記念 千原徹也&影山優佳&門脇 麦がインバル・ピントの世界を語るトークショー inハラカド
舞台『未来少年コナン』のワンシーンの美術画

インバル・ピントがこれまで舞台作品のために描いた美術画のパネル展示&過去の公演グッズや美術画のポストカードの販売、 またその美術画をもとに完成した舞台作品の写真や映像を展示。過去、インバル・ピントが手掛けた舞台『100万回生きたねこ』、『羅生門』や『ねじまき鳥クロニクル』、そして5月28日から開幕する新作舞台『未来少年コナン』など彼女が生み出す唯一無二の舞台空間、摩訶不思議な世界観を垣間見ることができる。場内では『羅生門』と『ねじまき鳥クロニクル』の舞台映像を日替わりで放映する。

日程

2024年5月14日(火)~5月23日(木) 11:00~21:00

会場

「ハラカド」 3F BABY THE COFFEE BREW CLUB内ギャラリールーム
東京都渋谷区神宮前6丁目31番21号
https://harakado.tokyu-plaza.com/

入場

無料

『未来少年コナン』舞台化記念 千原徹也&影山優佳&門脇 麦がインバル・ピントの世界を語るトークショー inハラカド

 

公演概要

舞台『未来少年コナン』

舞台『未来少年コナン』

東京公演

期間:2024年5月28日(火)~6月16日(日)
会場:東京芸術劇場 プレイハウス
主催・企画制作:ホリプロ
共催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場

キャスト

コナン:加藤清史郎
ラナ:影山優佳
ジムシー:成河
モンスリー:門脇 麦
ダイス:宮尾俊太郎
ルーケほか:岡野一平
レプカ:今井朋彦
おじい・ラオ博士:椎名桔平

ダンサー
川合ロン、笹本龍史、柴 一平、鈴木美奈子、皆川まゆむ、森井 淳、黎霞、Rion Watley ※五十音順

ミュージシャン
トウヤマタケオ、佐藤公哉、中村大史、萱谷亮一/服部 恵

スタッフ

原作:日本アニメーション制作『未来少年コナン』
(監督:宮崎 駿 脚本:中野顕彰 胡桃 哲 吉川惣司)
演出・振付・美術:インバル・ピント
演出:ダビッド・マンブッフ
脚本:伊藤靖朗
音楽:阿部海太郎
作詞:大崎清夏
照明:ヨアン・ティボリ
音響:井上正弘
ヘアメイク:宮内宏明
通訳:石丸由紀
美術助手:大島広子
振付助手:皆川まゆむ
演出助手:陶山浩乃
舞台監督:足立充章

宣伝美術
アートディレクター:千原徹也
撮影:森山将人
衣裳:飯嶋久美子(POTESALA) SHIRO.O
ヘアメイク:冨沢ノボル

ストーリー

西暦20XX年、人類は超磁力兵器を使用し、地球の地殻を破壊、大変動が起こった。五つの大陸はことごとく海の底に沈み、栄華を誇った人類の文明は滅び去った。それから20年後、孤島・のこされ島では少年コナンが育ての親・おじいと二人で暮らしていたが、ある日、謎の少女ラナが島に流れ着き、コナンの運命が動き出す。島には工業都市インダストリアから行政局次長モンスリーが飛来して、ラナを誘拐してしまう。コナンはラナを助け出すため、いかだに乗って冒険の旅に出ることに。 旅先では謎の野生児・ジムシーやインダストリアの貿易局員・船長ダイスなどと出会ってゆく。一方、自然に溢れたラナの故郷・ハイハーバーには、天才科学者・ブライアック・ラオ博士の居どころを探すインダストリアの行政局長レプカ率いる兵士たちが襲いかかる。コナンは仲間たちと巡り合い、大切な人を守るために様々な困難に立ち向かってゆく。そして人類に残された世界で、新しい未来を切り拓いてゆくのであった。

URL

公式HP:https://horipro-stage.jp/stage/fbconan2024/
公式X:https://twitter.com/fbconanstage
公式Instagram:https://www.instagram.com/fbconanstage/
#未来少年コナン舞台