塩田康平の脚本・演出舞台『監獄REQUIEM』キービジュアル公開!

2021年2月3日(水)より新宿村LIVEにて上演する、舞台『監獄REQUIEM』のキービジュアルが公開された。

本作はハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズなど、人気2.5次元作品に長きにわたり出演をし、音楽では俳優の山口賢人と共にロックバンド『BUCKS』としても活動し、春にはミュージカル「GOYA-ゴヤ」(演出:鈴木裕美)“ゴドイ”役での出演も決まっている塩田康平が初の作・演出を手掛け、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズで共演をしていた坂本康太が、初の舞台プロデュースを行い制作している作品。

音楽には演出の塩田康平自身も属する『BUCKS』が参加し、BUCKS(Kent Yamaguchi)、山口Familiar(yuto)、山口紗貴が手掛ける全て書き下ろしの音楽にも要注目。“人は皆、何かに縋っても良いのだ”というメッセージをテーマとしていて、今の世界の状況にも通じるものもある物語となっている。

現在、チケットは一般発売中。新型コロナウィルス感染拡大の状況を鑑み、開演時間も一部変更となっている。

 

<作品概要>

『監獄REQUIEM』

[脚本・演出・作詞]
塩田康平(劇団ひまわり・BUCKS)

[音楽]
KENT YAMGUCHI(BUCKS)、Yuto Kosaka、山口紗貴

[上演期間]
2021年2月3日(水)~7日(日)

[会場]
新宿村LIVE
(〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-1-2 新宿村CENTRAL 地下2階)

[出演]
佐藤永典、磯野大、健人、佐藤友咲、辻凌志郎/兼崎健太郎

[アンサンブル]
山口将太朗、浅野郁哉、中尾雄貴、髙橋愛奈、北村真一郎

―あらすじ―
20xx年 日本。
政権の腐敗、広がるスラム街、新たなウイルスの蔓延、世界は混沌に包まれている。
唸るサイレン、響く怒号、暗闇に座る青年アキラ。
微笑む唇、瞳の奥には確固たる意思。
アキラが捕縛され物語は動き始める。
彼の目的は1つ、それは、特殊監獄ペンタゴンに囚われた囚人ニーナとの脱獄。
しかしアキラ、ミロク、ニーナ、看守ケイト、看守長オオタニの思惑が交差。
物語は思わぬ方向へと進行する

人の死を憂い、愛に嘆き、信念に向かい突き進む。
最後に人がすがるものとは・・・。

[上演スケジュール]
2月3日(水)18:00
2月4日(木)18:00
2月5日(金)14:00/18:00
2月6日(土)14:00/18:00
2月7日(日)12:00/16:00
※緊急事態宣言発出により開演時間の見直しをし、19:00開演の回は18:00開演に変更になっております。

[チケット料金](全席指定・税込)
・特典付:9,800円
特典内容:パンフレット付
・一般:8,500円

[チケット取扱い]
カンフェティ
http://www.confetti-web.com/prisonrequiem
0120-240-540(平日10:00~18:00)
※オペレーター対応

[公式Twitter]
https://twitter.com/prisonrequiem

[公式サイト]
https://www.prisonrequiem.com/

[お問い合わせ]
株式会社style office
Mail:stage.contact55@gmail.com

Tokyo Now Author