イベントを読み込み中

« イベント一覧

フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展 有田泰而(ありたたいじ)「First Born」 ―家族と遊ぶ時間(とき)―

5月23日 @ 10:00 - 8月23日 @ 19:00

フジフイルム スクエア 写真歴史博物館では、写真家・画家として生きた有田泰而の代表作「First Born」シリーズを中心とする、稀代の家族写真を展示します。

広告写真家として活躍する傍ら、自らの美意識に忠実な創作に取り組んだ有田泰而。1960年代後半から70年代半ば、彼が当時の妻ジェシカと第一子コーエンを撮影した写真の数々は、普遍的な愛や安らぎにとどまらない、撮る側と撮られる側、双方の無邪気な遊び心に満ちあふれています。その一連の作品は、編集者山岸章二によって見いだされ、1973年から1974年、『カメラ毎日』誌上で「First Born」シリーズとして発表されます。同誌には、シリーズの前身と言える妊娠中のジェシカの写真、家族の後日の姿を収めた写真も掲載されました。しかし、その後それらの作品が発表されることは長らくありませんでした。

再び日の目を見るのは2012年、有田がアメリカで亡くなった翌年のことです。若き日に「First Born」シリーズに憧れて有田の門を叩き師事した写真家・上田義彦が、生前に有田が構想したノートをもとに、2か月近い格闘の末、印画紙に定着させました。30年の時を経た師弟の邂逅は、『カメラ毎日』誌上で発表された「幻の傑作」から新たにセレクトし75点を収めた写真集『First Born』と、同名の展覧会として結実します。

素の振る舞いと演出が混じる「遊戯」により、ポートレート、スナップ、パフォーマンスの要素が重なる有田泰而の家族写真。その瑞々しさと際立つ存在感は、「家族と遊ぶ時間(とき)」が有田、妻、子の自由の発露となっていたからかもしれません。

開催期間

2024年5月23日(木)~8月28日(水) 10:00~19:00
※最終日は16:00まで
※入館は終了10分前まで
※会期中無休

上田義彦 ギャラリートーク
日時:5月25日(土) 15:00~15:40
場所:フジフイルム スクエア 写真歴史博物館
ゲスト:写真家・上田義彦
聞き手:木本禎一(テンポラリー・コンテンポラリー)
内容:師 有田泰而を語る
参加料:無料
申込:不要

ギャラリートーク
日時:6月22日(土) 15:00~15:30
場所:フジフイルム スクエア 写真歴史博物館
お話:木本禎一(テンポラリー・コンテンポラリー)
参加料:無料
申込:不要

会場

フジフイルム スクエア 写真歴史博物館
東京都港区赤坂9丁目7番3号(東京ミッドタウン・ウエスト)
https://fujifilmsquare.jp/

入館料

無料

作品点数

モノクロ、カラー、約20点

主催

富士フイルム株式会社

企画協力

有田雅子

企画

上田義彦/テンポラリー・コンテンポラリー