つやとテカリの境界線に決着を。純白の羽を纏った石原さとみが降臨!プリマヴィスタ 新CM公開

花王株式会社のベースメイクブランド「プリマヴィスタ」は、 2月29日(土)より発売開始する『プリマヴィスタ ナチュラルグロウ ラスティング リキッド』の新CMを3月1日(日)より全国で放映します。

プリマヴィスタ 公式サイト: https://www.sofina.co.jp/primavista/foundation/

新CMには引き続き、 ブランドのミューズである女優の石原さとみさんを起用。 「つやとテカリの境界線に決着を」というコピーをメインに、 ファンデーションの仕上がりが”つや”なのか、 ”テカリ”なのか、 とモヤモヤしている方々に向けて、 自然できれいなつや肌仕上がりが長時間持続することを表現しました。

 

■石原さとみさんのコメント

Q. アップで撮られることも多いと思いますが、 その際にメイクで気を付けていること等ありますか?
まつ毛・まゆ毛などの目まわりは、 アイメイクが滲まないよう、 しっかりとパウダーで抑えています。
また、 首と顔の色が変わらないように基礎化粧品と下地はしっかり首まで、 またファンデも薄く、 あごの延長として馴染ませています。

Q. 近年つや肌がトレンドでしたが、 石原さんご自身も、 プライベートでつや肌に仕上げることはありますか?
つや肌が強調されるように、 ファンデを塗るところや、 パフで押さえるところを、 顔のパーツ毎に変えたりもしています。

Q. 今回の新しいリキッドは、 ”つやとテカリの境界線に決着を”という言葉から始まります。 石原さんもご自身や、 他人の肌の仕上がりを見て、 それが”つや”なのか、 ”テカリ”なのか、 気になってしまったご経験はありますか?
まぶたの上のつやメイクは、 塗る濃さによって腫れてテカッて見える時があるので、 濃さや位置は気をつけています。
鼻まわりは、 テカリたくない部分なので、 下地をしっかり塗るようにしています。

Q. ベースメイクで石原さんが大事にしていることは何ですか?
崩れないこと。 そして、 ムラがないこと。 あご下まで塗ること。
下地はしっかりだけど、 ファンデはなるべく薄く、 塗りすぎないようにしています。
目を擦っても、 マスクをつけても、 くずれるのが最小限になるように、 おしろいもします。

Q. 今回のCFで注目してほしい点を教えて下さい。
軽やかさ!サラサラとしていて、 でも柔らかく光をキャッチするけど、 テカリにならない商品の良さが伝わったらいいなと思います!

Tokyo Now Author