グリーンリボンキャンペーン 映画「緑色音楽」特別上映会に村上虹郎や工藤夕貴・栗林藍希が登壇!

グリーンリボンキャンペーン実行委員会は、 10月1日(日)からスタートした「グリーンリボンキャンペーン」に合わせ制作した、 臓器提供ご家族のエピソードをもとにした映画「緑色音楽」の特別上映会を10月16日(月)に開催いたしました。

総勢200人を動員した本上映会では、 特別映画のお披露目とともに、 若手俳優として注目の村上虹郎さん、 工藤夕貴さん、 栗林藍希さんや、 本映画監督・脚本を務める中村佳代さんなど 豪華著名人にご登壇いただき、 トークセッションにて映画のみどころや撮影中のエピソードを存分に語り合っていただきました。

グリーンリボンキャンペーンは今年の合言葉「誰かのために、 できること。 みんなで意思表示の輪を広げよう。 」を踏まえ、 一人ひとりが移植医療を“ジブンゴト”として考える機会を提供し、 臓器提供の意思表示という具体的なアクションにつなげるだけでなく、 その輪をより多くの人に広めることを目指しています。

本作品は、 主演をつとめる俳優 村上虹郎さんを初め、 工藤夕貴さん、 オダギリジョーさん等多くの著名人が出演されます。

以下、 本上映会にて出演者から飛び出した本作品に込めた想いや、 撮影のエピソード等を紹介いたします。

 

■今まで一番難しい役!/村上虹郎

『今回、 臓器移植や意思表示をテーマとした映画ということで、 このテーマをどのように表現するか、 とても苦労しました。 今までの撮影の中でこの作品が一番難しい!中村監督の意向で、 ノーカットの撮影が多かったり、 「テイクワンを使います!」と言われたり、 とても厳しい監督でした!』と厳しくもユーモラスな撮影現場だった事を語りました。

■日本のマイケル・ジャクソン!?/工藤夕貴

工藤さんが初めて村上さんに会った印象について聞かれると、 「マイケル・ジャクソンが醸し出す紫色のオーラと同じものを感じた。 会う前は、 お茶目なイメージがあったがとても真面目で、 そのギャップに恋に落ちた」と才色兼備な村上さんをベタ惚れのご様子でした。

■作品に込めた強い想い/監督・脚本 中村佳代

  映画化が決まり監督・脚本をつとめることになった中村監督は、 「作品に取り掛かる前に臓器移植を行った人の手記を読み、 号泣し、 同時に軽率に扱えない内容という事を再認識して、 映画化することさえも躊躇いました。 出来る限り多くの人に臓器移植について知ってもらう為、 エンタテインメント性を持たせて、 なるべく多くの人に見てもらうことが使命だと思った」と、 本作品への強い思いを語られました。
また、 今回のキャスティングは監督の希望を通し、 全て監督自身が直談判したとのこと。 工藤さんへは何度もしつこく誘ったそうで「誘われましたね(笑)」というエピソードも飛び出しました。

■初舞台挨拶にかなり緊張/栗林藍希

今回人生初の舞台挨拶という栗林さんは緊張したご様子でした。 年齢が16歳という若さに一堂驚愕する中、 「若い!」と声を上げた村上さんに対し、 工藤さんがすかさず「虹郎くんも若いじゃない!監督と私が怒るわよ!」とツッコミを入れると会場が笑いに包まれました。 栗林さんも緊張がほぐれると共に、 出演者の仲の良さが伺えました。

最後に村上さんから、 映画をご覧になった皆様へ一言頂く場面では「臓器移植や意思表示は重いテーマだが、 エンタテインメント色の強い映画となっており、 この映画を観て少しでも多くの人が臓器移植や意思表示について考えるきっかけになれば嬉しいです。 」とコメントし、 舞台挨拶を終えました。

 

■映画『緑色音楽』(りょくしょくおんがく)

株式会社スペースシャワーネットワークの協力のもと、 臓器提供ご家族のエピソードをもとに映画を制作しました。 村上虹郎さんや工藤夕貴さん、 オダギリジョーさんらが出演。 若者を中心として、 幅広い世代に臓器移植や意思表示についての認知と共感を図ります。 映画をより多くの方にご覧いただけるよう都内近郊数カ所で招待制(無料)の特別上映会を開催予定。 さらに人気若手バンドnever young beachが歌う主題歌『なんかさ』が流れる映画スピンオフ・ショートムービーも制作。 この映画をご覧いただいた一人でも多くの方が臓器提供の意思表示について考え、 行動するきっかけになることを期待しています。

出演者:村上虹郎、 工藤夕貴、 オダギリジョーほか
監督・脚本:中村佳代
主題歌:never young beach「なんかさ」

ストーリー :
歯科大浪人中の潤は、 叔父、 母、 祖父と郊外に暮らしていた。 すべてが煩わしく自室にひきこもっていた夏の終わり、 潤は亡き父が臓器提供者であることを知る。 空っぽだった家に風が吹き抜け、 庭の緑が揺らぎはじめる。 そして、 潤はあることを決意する。

・映画「緑色音楽」スペシャルwebサイト: http://www.green-ribbon.jp/gr_movie2017/
・グリーンリボンキャンペーン公式ウェブサイト: http://www.green-ribbon.jp
・グリーンリボンキャンペーンFacebookページ: https://www.facebook.com/GreenRibbon.jp

Tokyo Now Author