2017年11月より全国順次公開 映画『爪先の宇宙』 ヒロイン・桐嶋ノドカが歌う主題歌「言葉にしたくてできない言葉を」にのせた予告編&公式サイト解禁!

映画「爪先の宇宙」

親友の一言で心を閉ざしてしまった吉河亜紀は、 小さなカラオケボックスで出会った仲間との日常を通して少しずつ心を再生していく。

ヒロインの亜紀を演じるのは映画初主演で主題歌も担当する桐嶋ノドカ。 不思議なバイト先の仲間アンジ役には、 同じく映画初主演で舞台を中心に俳優・声優として活躍する北村諒がダブル主演。 亜紀のバイト仲間のユメコ役に加村真美、 優しくて少しお節介な店長ユウ役を廣瀬智紀が演じます。 また、 店長の元カノでラジオパーソナリティのしおり役を人気声優の名塚佳織が演じるなど、 一味違うバラエティ豊かなキャスト陣が集結しました。

そんな本作のヒロインを演じる桐嶋ノドカが歌う主題歌「言葉にしたくてできない言葉を」にのせた映画『爪先の宇宙』の予告編が公式サイト公開と同時に解禁となります。 ぜひご紹介のほどお願いします。

 

【ストーリー】

親友との間に起こった出来事、 親との関係が原因で思っていることが口に出せなくなり、 人との関わりを絶っていた亜紀は、 自分を変えるために近所のカラオケボックスでアルバイトをはじめる。 そしてバイト仲間との交流を通して、 少しずつ変わっていく。

 

【映画概要】

キャスト:桐嶋ノドカ 北村諒 加村真美 美沙玲奈 名塚佳織 / 廣瀬智紀
原作:manni「爪先の宇宙」(comico)
監督:谷内田彰久 『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。 』
製作:「爪先の宇宙」製作委員会
制作プロダクション:BroadMarks Inc. CINE-C
(C)「爪先の宇宙」製作委員会・manni/comico
公開表記: 2017年11月より全国順次公開
[公式サイト] 爪先の宇宙.com
[Twitter] @tsumasaki_uni

 

【主題歌情報】

音楽プロデューサー・小林武史、 ryo (supercell)がダブルプロデュース!
新プロジェクト第1弾楽曲「言葉にしたくてできない言葉を」が映画主題歌に!

●桐嶋ノドカ(きりしま・のどか)
1991年生まれ横浜出身、 OORONG MANAGEMENT所属のシンガーソングライター。 3歳からピアノを始め、 聖歌隊、 合唱部と物心ついたときから歌と共に生きてきた彼女は、 2012年に音楽プロデューサー小林武史との出会いにより楽曲制作をスタート。 2017年7月、 小林武史とryo (supercell)が彼女をダブルプロデュースする新プロジェクトによる第1弾シングル「言葉にしたくてできない言葉を」が、 マンガ・ノベルサービス『comico』(コミコ)で連載中の人気公式マンガの実写映画化作品「爪先の宇宙」の主題歌に決定している。 生命力溢れる力強さと聖母のような優しさを併せ持った唯一無二の歌声は、 人の心にダイレクトに訴えかける。
[Twitter] @nodokakirishima
[Instagram] @nodokakirishima

桐嶋ノドカさんのコメント
映画の公開が近づいてきて、 今は楽しみな気持ちと不安が入り混じっております。 この曲は主人公である亜紀ちゃんの言葉にならない様々な気持ちを代弁するように出来た曲なので、 映画の映像と合わさった時どんな風に見えるのか、 私自身とても楽しみにしていました。 みなさんもぜひご覧ください!

原作者:manni氏の楽曲へのコメント
もう何度リピートしたかわからないこの曲を、 しかも『爪先の宇宙』の映像と共に、 皆さまにようやっとお届け出来る!とウキウキドキドキしています。 とても複雑そうで簡単で薄ぼんやりしてるけどはっきりしている想いが伝わる、 私の内面によく似ているなあと思いました。 爪先の宇宙が、 呼吸を感じる甘く力強い桐嶋ノドカさんの歌声と、 小林武史さんとsupercellのryoさんが生み出す優しく大きな音楽で包まれていくような不思議な安心感。 ものすごいんです。 とても幸せです。 この思いを、 桐嶋ノドカさんが演じてくださった亜紀と、 私と共有していただけたらもっともっと幸せです。 映画の公開が待ち遠しい。 とても楽しみです!

 

 【「爪先の宇宙」とは】

マンガ・ノベルサービス『comico』で毎週月曜日に連載中の少女マンガ。 いつだって本当は、 伝えたい事がたくさんあるの。 人との関わりを絶っていた亜紀の「過去」「こころの声」「成長」を描く再起ストーリー。 親友との過去の出来事、 親との関係で思っていることが口に出せなくなってしまった亜紀は、 自分を変えたいと近所のカラオケボックスでアルバイトをすることに。 バイト仲間との出会いで、 一歩ずつ少しずつ変わっていく亜紀。 「親友」「親」「恋愛」をテーマに亜紀のトラウマと成長を描きます。
[原作URL]  http://www.comico.jp/articleList.nhn?titleNo=6832

Tokyo Now Author