映画「Fukushima 50」のノベライズ版『小説 Fukushima 50』発売決定!

株式会社KADOKAWAは、 映画「Fukushima 50」(フクシマフィフティ)のノベライズ版『小説 Fukushima 50』を映画公開に先立ち、 2020年1月23日(木)に角川文庫から発売します。

映画「Fukushima 50」(フクシマフィフティ)は、 門田隆将によるノンフィクション『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』を「沈まぬ太陽」の若松節朗監督が実写化。 2020年3月6日(金)に公開となります。 “イチエフ”と呼ばれる福島第一原発の事故現場に残り、 世界中のメディアから“Fukushima 50”とたたえられた名もなき作業員たちの姿を佐藤浩市、 渡辺謙ら豪華キャストが熱演しています。

そんな奇跡を信じて戦った勇気ある男たちの姿を、 メフィスト賞受賞作家・周木律の筆によって、 いち早く小説化。 オリジナルエピソードも描かれる、 迫真のノベライズ版『小説 Fukushima 50』として、 2020年1月23日(木)に発売することが決定しました。

小説では、 様々な立場に置かれた登場人物たちの内に秘めた想いが描かれます。 中でも、 映画で描かれる以上に‟避難所で暮らす家族たち“からの目線が丁寧に描かれ、 交差する思いが創り出す壮大なヒューマンドラマとなっています。ノンフィクションである原作とは一味違い、 幅広い年代の方に読みやすい1冊となっていますので、 映画が公開される前に、 文章により明かされる一人ひとりの熱い想いを感じてみてはいかがでしょうか。

 

『小説 Fukushima 50』

著:周木律
発売:2020年1月23日(木)電子書籍同日配信予定
定価(本体640円+税)
ISBN:978-4-04-109130-2
https://www.kadokawa.co.jp/product/321910000667/

ーあらすじー
あなたは、 あの時、 どこで、 誰を想っていましたか――?

2011.3.11 東日本を襲った未曾有の大地震。 押し寄せた大津波の影響で、 福島第一原子力発電所は、 全電源を喪失した。 そんな中、 刻一刻と迫る炉心溶融を食い止めるため、 死地に残り、 命を懸けて原子炉建屋に突入した、 名もなき作業員たちがいた。 心の中に、 大切な誰かを想いながら――。 一方、 避難所では、 作業員の家族たちが、 余震におびえながら、 奇跡を信じて待ち続けていた。 オリジナルエピソードも描かれる小説版

 

映画「Fukushima 50」

2020年3月6日(金)全国ロードショー

監督:若松節朗
脚本:前川洋一
原作:門田隆将『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』(角川文庫)
音楽:岩代太郎
出演:
佐藤浩市
渡辺謙
吉岡秀隆
安田成美
配給:松竹、 KADOKAWA
公式サイト  https://www.fukushima50.jp/

©2020『Fukushima 50』製作委員会

 

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発

著:門田 隆将
発売中
定価:(本体840円+税)
ISBN:978-4-04- 103621-1
発行:KADOKAWA/角川文庫
https://www.kadokawa.co.jp/product/321507000111/

Tokyo Now Author