博報堂ケトル企画・プロデュース「絶メシ」がテレビ東京で地上波ドラマ化決定!

株式会社博報堂ケトル(以下、 博報堂ケトル)が、 群馬県高崎市の地域再生プロジェクトとして企画・プロデュースし、 書籍化や福岡県や石川県などへの展開も進んでいる「絶メシリスト」が、 テレビ東京にて地上波ドラマ化が決定。 『絶メシロード』として2020年1月24日(金)より、 毎週金曜日深夜0時52分からテレビ東京ほか(ドラマ25枠)で放送します。

©「絶メシRoad」製作委員会

“絶メシ”それは、 時代の流れとともに“絶滅してしまうかもしれない絶品メシ”。 その絶メシを求めて、 週末に一泊二日の旅に出る。 なんだか怪しい外観のお店や無口な店主、 個性的な常連客など…。 そこに行かなければ何があるか分からない!行った者だけが知ることのできる絶品メシが続々登場します。

主人公・須田民生を演じるのは、 濱津隆之。 映画『カメラを止めるな!』で主演を演じ、 同作品で第42回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。 さらに、 近年では、 日曜劇場『ノーサイドゲーム』(TBS)やドラマイズム『都立水商!~令和~』(MBS)など話題作に続々出演する現在大注目の俳優。そして、 須田民生の妻・須田佳苗を演じるのは、 数々のドラマや映画に出演する傍ら、 作家としても幅広く活躍する酒井若菜。民生が旅先で出会うベテラン車中泊キャンパー・鏑木勉を数多くのドラマや映画で活躍しながら、 舞台やミュージカルでも存在感を放つ実力派俳優・山本耕史が演じます。さらに、 西村瑠香(青春高校3年C組)や長村航希 野間口徹など個性豊かな共演者も続々登場!

ドラマ内に登場する「絶メシ」店は、 関東甲信越・北陸地方を中心に11県12箇所で実際に営業している店舗となっており、 ストーリーも実際の店主さんたちへの取材に基づいて構成されています。ドラマ原案を博報堂ケトルの畑中翔太が担当し、 プロデューサーとしても制作に参加しています。また番組プロモーション協力として、 車中泊スペースシェアサービスと、 キャンピングカーを含む車中泊仕様のバンのカーシェアサービスなど「VANLIFE(バンライフ)」のプラットフォーム事業を展開するCarstay株式会社様にも参加いただいています。

 

ーSTORYー
どこにでもいるごく普通のサラリーマン・須田民生(濱津隆之)は、 日々の生活の中で様々なストレスを感じていた。 そんな民生の唯一の楽しみは、 絶滅しそうなメシ“絶メシ”を求めて旅に出ること。

期限は、 金曜の帰宅後から妻と娘が好きなアイドルグループのライブ遠征から帰ってくる土曜日の夕方まで!誰も誘わない・誰も巻き込まない・予算はお小遣いの範囲内で!をモットーに “絶メシ”を求めて駆け回る!中年サラリーマンの週末限定一泊二日の小さな大冒険が今始まる…!

 

<番組情報>

ドラマ25「絶メシロード」

放送日時:2020年1月24日スタート 毎週金曜深夜0時52分~1時23分
放送局:テレビ東京 テレビ大阪 ほか
配信:ひかりTV、 パラビ
原案:「絶メシリスト」(博報堂ケトル)
出演:濱津隆之 酒井若菜 西村瑠香(青春高校3年C組) 長村航希 野間口徹 / 山本耕史
演出:菅井祐介 古川豪 小沼雄一 原廣利
脚本:森ハヤシ 村上大樹 家城啓之
音楽:河野丈洋
主題歌:スカート「標識の影・鉄塔の影」(PONY CANYON)
プロデューサー:寺原洋平 畑中翔太 田川友紀
制作:テレビ東京/テレコムスタッフ
製作著作:「絶メシロード」製作委員会
番組公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/zetsumeshiroad/
Twitter:@zetsumeshiroad

©「絶メシRoad」製作委員会

 

■群馬県高崎市シティプロモーション「絶メシリスト」とは

団塊世代が70歳を迎え、 団塊世代経営者が営む後継者不足状態の中小・零細企業の廃業数が急増するとされている「2017年問題」など、 日本の飲食店を含むサービス業の後継者不足が社会問題となっていた中、 そういった問題を解決するきっかけとして2017年に企画されたのが『絶メシリスト』です。
『絶メシリスト』は、 高崎市民の皆様から頂いた、 失うには惜しく、 絶やしてはならないと思う高崎の絶品グルメ情報の中から、 プロのグルメライターたちで編成した『絶メシ調査隊』が厳選した「絶メシ」を紹介する高崎市オリジナルのローカルグルメサイトです。

本プロモーションで国内最大級の広告賞「ACC TOKYO CREATIVE AWARDS 2018」(マーケティング・エフェクティブネス部門)で総務大臣賞・グランプリを受賞、 アジア最大の広告の祭典「アジア太平洋広告祭(ADFEST 2019)」で3部門において金賞を受賞、 国際広告賞の中でも古い歴史を持つ「ニューヨークフェスティバル2019(New York Festivals Advertising Award 2019)」で銅賞を受賞、 さらに世界最大級の国際広告祭「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」でも銅賞をいただきました。

また高崎市の絶メシを始めとして、 「絶メシリスト柳川」(福岡県)、 「絶メシリスト石川」(石川県)など各地域に絶メシの価値観が広がり、 全国で絶メシにスポットが当たっています。

絶メシリストWEBサイト:https://zetsumeshi-takasaki.jp/

Tokyo Now Author