「抱かれたい12人の女たち」奈緒、高橋ひとみ、剛力彩芽の出演決定!

妖艶・可憐・壮絶!?…な女たちを演じるゲスト女優たちが決定。第10話に奈緒、 第11話に高橋ひとみ、 そして最終話に剛力彩芽が登場します。

©「抱かれたい12人の女たち」製作委員会

 

#10.「漫画家の女(仮)」(奈緒)12月7日放送

都内某所にある隠れ家的バー「Y’zoo」に、 おどおどしながらオタク風の女が入ってきた。 実は彼女、 漫画家を目指す女子。 処女作である「刀筆乱舞(とうぺんらんぶ)」を完成に向けて執筆している最中。 しかし、 主人公をどう描けば良いのか悩んでいた。 そんな時にネットでたまたま主人公にそっくりの人間を発見!それがマスターだった。

無理を承知でマスターに様々な動きや表情をリクエストし、 チェキで何度も撮影。 マスターはリクエストに応じ、 決め台詞まで披露し始める。 何でも相談に乗って優しい言葉を掛けてくれるマスターに彼女は次第に心を許し、 純粋に惚れ始める。 目の前の男に惚れる素直な気持ちで迫ってくる女子に、 マスターはどう返す…!?

#10. 奈緒 コメント
うまく口説けたのか、 あの後本当にちゃんと抱いてもらえたのか考えると、 50%50%くらいな気がしています。 最初からこれをしようって決めていたのは、 口紅を塗ってもらうことと、 高校時代の友達のなっちゃんの名前を出すことでした。 劇中に出てくる「馬と鳥」っていうコンビ名でイラストを描いていたのは、 本当のエピソードなんです。 私は、 文房具が世界平和のために戦うっていうストーリーを描く漫画家の役柄だったんですけど、 “赤とんぼ”っていう106歳の正統派のヒーローが山本さんに似ていると言って困らせようと思っていました。 でも、 山本さんが返してくれた決め台詞「白でもない、 青でもない、 そう、 おれは赤とんぼだ!」って言われたときはすごいものを見せられているなと思いました。 (笑)もっとたくさん引き出せれば良かったなって反省しています。 嬉しかったのは「この漫画のヒロインは奈緒ちゃんじゃないですか?」って言われた時です。 ズキュン!て来ました。 独りよがりじゃなくて「あっ、 今夜抱いてくれませんか?」って言えるし、 言いたい!って思いました。 困ったのは「筋肉が見たいから脱いでください」って自分で言っておきながら、 実際目の前にすると恥ずかしくなってしまったことですね。 脱がせたものの、 どうしようって。 自分と役がリンクして、 ここからどうにかするカードを私は持ってないなって。 脱がせてもう満足しちゃいました。 あの筋肉を見たらありがとうございましたって。 (笑)私の回はとてもハッピーな回になったと思いますので、 楽しんで見ていただけたら嬉しいです。 山本さんの今までに見ることのできなかった一面も、 ちょっとは引き出せたのではないかと思います。

 

#11.「偽物の霊媒師の女(仮)」(高橋ひとみ)12月14日放送

少し酔った足取りでバー「Y’zoo」に入ってきたのは、 赤い帽子にサングラスをかけた女。 一息つくと、 「マスターの顔を触らせて」とマスターの顔を舐めまわすように触り、 突然「あなた、 憑いている!恐ろしい数の女の生霊が!」と言い出した。 実は彼女、 霊媒師・高橋原来瞳(たかはしばらくるめ)。

一時は雑誌やテレビで大注目を浴びた超人気霊媒師だった。 12人もの女の生霊が憑いていると言われたマスターは、 勧められるままに除霊を頼むが、 高橋原来瞳(たかはしばらくるめ)は今にもキスできそうなくらい顔を近づけてきて…。 さらに続く除霊と誘惑に、 マスターはどうする!?

#11. 高橋ひとみ コメント
即興劇は初めてだしできるかな?って思ったのですが、 楽しんでお芝居をすることができたと思います。 私の方は設定を決めているので演じやすいのですが、 出たとこ勝負でどうなるかはわかりませんでした。 全部が印象的なシーンなんですけど、 「あなた、 腰に憑いてるわよ!」って言った時の山本さんのリアクションは特に面白かったですね。 ただ、 私の一方的な感じだったので、 もっと山本さんがお話するところまで配慮できれば良かったなと思いました。 もうちょっとキャッチボールした方が良かったかなって。 私には用意しているものがあるから段々攻めちゃって。 霊に憑依された時に関西弁が出るんですけど、 関西弁は全然できなくって。 (笑)ディレクターさんに教えてもらってでたらめな関西弁で演じました。 良い意味で想定外だったのは、 山本さんがカウンターから私の方に来て下さったこと。 ラッキーでした。 どうやって山本さんとの距離を縮めようかと思っていたのですが、 「大丈夫ですか?」って来てくれたので助かりました。 私の回の見どころは、 私が霊に憑依されたところでしょうか。 何せ3役やったので。 (笑)

 

#12.「女優Aを追う芸能記者の女(仮)」(剛力彩芽)12月21日放送

クリスマスイブ、 都内某所にある隠れ家的バー「Y’zoo」に突然、 キャップを被りメガネをかけた怪しげな女がやってきた。 実は彼女、 ある女優を追いかける芸能記者。 最近世間を騒がせているその女優Aと男がこのバーから出てくるのを目撃し、 マスターに話を聞きにやって来た。 おもむろに謝礼の入った封筒を渡し、 ネタを提供してくれと言い出す。 その女優Aとは!?

「良いイメージしかない」というマスターに、 「でももうちょっとうまくやれば良いのに、 バカだよねあの娘」という彼女。 そんな話が飛び交う最中、 彼女は彼氏から電話で突然別れを告げられた。 それを見たマスターは優しい言葉で慰め、 次第に彼女の心は惹かれ始める。 クリスマスイブに「今夜だけ…」と悲しむ彼女のお願いに、 マスターはどう返す…!?

#12. 剛力彩芽 コメント
私は女優Aを追っている大須賀彩という芸能記者の役を演じました。 即興劇は初めてで、 緊張していたので前半はほとんど覚えていません。 (笑)難しかったのは、 ここにいるのはあくまでも女優Aを追っている芸能記者で、 “私じゃない”という条件でお芝居をするということ。 女優Aの話を聞き出そうとしていたのに、 山本さんにしっかり伝わらず山本さんご自身の暴露話をしてくれたのはちょっと面白かったです。 それなのに私「それ、 全然違う人の話してません?」って緊張し過ぎてバサッと言ってしまって…もっと聞き出せば良かったです。 でも、 山本さんの言葉には女性として純粋にキュンとしました。 人は人、 自分のことは自分で決めなきゃいけない。 生き方を聞けた気がします。 困ったなぁと思ったのは、 山本さんが女優Aをめちゃくちゃ褒めてくれること。 (笑)ありがたいんですけど、 そんなに褒めないでって。 役を通じてですが「あの子、 バカだよね」とか世間が思っていること、 今だから言える自分の気持ち、 、 ?を言えたのはすっきりしました。 (笑)違う人で自分のことを語る役を演じるのって難しいと思ったけれど、 山本さんとだから出来たことで、 即興劇だからこそ成り立ったことかもしれません。 この作品に挑戦できて良かったですし、 とても新鮮でした。

 

■テレビ東京で放送が決定!

#1. 高橋メアリージュン
11月18日(月)26:05-26:35

#2. 若月佑美(元乃木坂46)
11月20日(水)26:35-27:05

#3. MEGUMI
11月21日(木)26:35-27:05

#4. 筧美和子
11月21日(木)27:05-27:35

#5. 中村ゆりか
11月25日(月)26:05-26:35

#6. 松本まりか
11月27日(水)26:35-27:05

#7. 岡本玲
11月28日(木)26:35-27:05

#8. 三浦理恵子
11月28日(木)27:05-27:35

#9. 佐藤江梨子
12月3日 (火)27:25-27:55

#10. 奈緒
12月10日(火)27:25-27:55

#11. 高橋ひとみ
12月17日(火)27:25-27:55

#12. 剛力彩芽
12月24日(火)27:50-28:20

※ #9.以降は下押しや枠変更の可能性があります

 

<放送概要>

「抱かれたい12人の女たち」

[放送日時]
テレビ大阪 毎週土曜日 深夜1:26~1:56

[出演]
山本耕史 ほか12人の個性派女優
(#1.高橋メアリージュン #2.若月佑美 #3.MEGUMI #4.筧美和子 #5.中村ゆりか #6.松本まりか #7.岡本玲 #8.三浦理恵子 #9.佐藤江梨子 #10.奈緒 #11.高橋ひとみ #12.剛力彩芽)

オープニングテーマ:加藤ミリヤ「PARADE」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
エンディングテーマ:Teresa「ざくろ」(日本コロムビア)

番組HP:http://www.tv-osaka.co.jp/dakaretai12
番組Instagram:https://www.instagram.com/dakaretai12/
番組Twitter:https://twitter.com/dakaretai12

©「抱かれたい12人の女たち」製作委員会

Tokyo Now Author