ベネトンがプールサイドファッションショーでミラノファッションウィークのオープニングを飾る

「UNITED COLORS OF BENETTON.(ユナイテッド カラーズ オブ ベネトン)/以下ベネトン」は、 ミラノファッションウィークの初日にあたる9月17日に、 イタリア・ミラノにある1930年代に建設された歴史あるスイミングプール「Piscina Cozzi」にて、 2020年春夏コレクション『Color Wave』を発表しました。

「ベネトンと共にミラノファッションウィークに飛び込み、 夏の終りをプールサイドで存分に楽しんでほしい」というベネトンのアーティスティック・ディレクターであるジャン・シャルル・ド・カステルバジャックの思いが込められました今回のショーでは、 「海」からのインスピレーションがふんだんに散りばめられました。

カラフルなスイムスーツを着たスイマーたちがプールで泳ぐ中、 ランウェイとなったプールサイドにはダイバースーツ風のワンピースやマリンボーダーのセーター、 錨プリントのスカートなど、 ベネトンらしいカラフルなマリンルックをまとったモデルたちが登場。 「海」や「水」、 「セイリング」はベネトンのスタイルにとって、 時代を超えた普遍のテーマであり、 地中海の美しい港町を巡る旅を示すメタファーとしても解釈されています。

パステル調の色、 ピンク、 ライラック、 淡いブルーのパレットなど、 カステルバジャック本人がそう呼ぶ「バジャックパステル」が用いられたワードローブの主役となるアイテムも多数登場しました。 上質なボーダー、 ワックスピーコート、 プルオーバー、 シックでダイナミックなオフィスルック、 トラッドとカジュアルを掛け合わせ上品なミックス&マッチなど、 世界のあらゆる人種や年齢、 性別の方々に対して多様なスタイルを提案しているベネトンならでは要素もいたるところに見られました。

また、 ベネトンにとって非常に重要な問題であるサステナビリティをテーマに、 ベネトンの研究室では、 天然の非毒性染料と、 土に還すことができる紙やリサイクル繊維でできたトレンチコートなどのエコロジー素材を使用した革新的な製品を開発しており、 その取り組みを発信するシンボルとして、 今シーズンは海を守るアンバサダー「ポパイ」がデジタルプリントのTシャツやドレス、 スウェットシャツなどに登場しています。

さらに、 「私は、 ベネトンの歴史の一部とも言える、 オリビエーロ・トスカーニの作品の革新性をショーに加えることで、 エキシビションを躍動感のあるものにし、 現代の若いオーディエンスへの訴求力を高めたかった」というカステルバジャックは、 ショーの終盤に、 写真家のオリビエ―ロ・トスカーニが制作した広告キャンペーンビジュアルがプリントされた白いスウェットシャツやマキシTシャツを登場させました。

短命のトレンドの世界で、 ベネトンはあらゆる人々のためにデザインされたユニークなファッションのビジョンを提供しています。 ヘルシーで美しい港に錨を落とし、 情熱とダイナミズムの世界に飛び込みましょう。そこには時代を超越した普遍のスタイルがあるはずです。

Tokyo Now Author