眞島秀和、山中崇と森下能幸のラブシーンを大絶賛!?

9月5日(木)DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERYにて、TSUTAYAプレミアム×ドラマ「サウナーマン~汗か涙かわからない~」×フォトブック「MH」先行発売スペシャルトークイベントが開催し、主演の眞島秀和さん、市井昌秀監督、共演の山中崇さんが登壇しました。

脚本を読んでから実際に撮影に臨んでの印象の違いについて質問された眞島さんは「監督のこだわりの“間“であったりとか、 実際の撮影のほうが面白くなっていきました。 撮影後半にいくにつれ、 崇とは大変になっていく役柄だったので、 お互いに励まし合いながら臨みました」と当時を振り返りました。

山中さんは「眞島さんは主演の一人部屋の楽屋でしたが、 撮影中は『崇、 こっちおいで』とよく呼ばれて(笑)。 お昼を一緒に食べたり、 セリフ合わせをしたり。 その時間がドラマの空気感にもすごく繋がっていますね。 番組終わりのTSUTAYAプレミアム配信の告知撮影にも急遽呼ばれたりして、 僕がいないとちょっとアレなのかな…?」と質問すると、 眞島さんも「呼んでしまいがちなんです…、 崇がいると安心できるんです(笑)」と胸中を明かしました。

イベントではそんな山中さんが大活躍(?)する9月15日放送分の第8汗の場面写真も先立って紹介されました。 山中さんと森下能幸さんと横並びの写真から始まり、 ハグをしあい、 そしてキスする展開に! 会場のお客さんからも思わずどよめき声が上がりました。

このシーンの撮影について山中さんは「もちろん覚えています。 森下さんが、 『奥さんとどう知り合ったか』という話で。 僕が奥さん役をやっているのですが、 森下さんに甘い言葉を囁かれて、 惚れてしまい…アドリブでこうなるという(笑)」と説明。 市井監督は「本当にびっくりしました。 リハーサルでアドリブを入れることはよくありますが、 これは本番でやっていましたからね」と述懐。 そのシーンの後に真顔でふたりの様子を見つめなければならない眞島さんは「本当に本番で真顔を保つのが大変でした…。 でもね、 崇の右手の置き方がすごく好きなんです、 あと森下さんの左手も。 ぜひ、 第7汗、 第8汗は繋がりがあるので一連で見ていただきたいです」と力強くアピールしました。

さらにイベント中盤では、 共演のフィガロ・ツェンさん、 水間ロンさんもイベント会場に駆けつけました。 撮影を振り返り水間さんは「おふたりともプライベートでもお世話になっている先輩方なのですが、 現場では緊張感もあり密室の空間で恐れ多かったです。 偉大な先輩方なので緊張しました」とコメント。 フィガロさんも「とってもいい経験でした。 いつもサポートしていただいてありがとうございました」と共演を振り返りました。

そんなおふたりについて眞島さんは「ロン君は後輩として知っているし、 久しぶりに一緒に芝居をしてどんどん成長していると実感しました。 フィガロさんはこれまでにも海外でいろいろな現場を経験さているのが芝居のキレからも感じられて、 本当にカッコよかったです」と絶賛しました。 市井監督も「このふたりが登場する回も面白かったんです。 中国人役のふたりがケンカをするシーンがあるのですが、 まるで外国で撮影してるような気分にさせられましたね。 オリジナルエピソードにも出演してますが、 それも僕的には大好きで、 非常に面白いです」とお気に入りであると明かしました。

そんな中、 水間さんから眞島さんにある追及が…。 撮影前に眞島さんの楽屋を訪れた水間さんは「眞島さんから、 『コメディだから自然体で、 鍛えないで行こうね!』って言われたのに映像を見たらいい体つきになられていて…」と告発。 矢継ぎ早にフィガロさんが眞島さんの星座について「さそり座ですよね?」と言い当て「 さそり座の人はこっそりダイエットするっていいますから…」と推察。 さらに山中さんからは「眞島さんって、 受験とか中間テストとかで、 『やってこないで行こうね!』って言いながらやってくるタイプでしょ?」と突っ込みが飛びました。 たまらず眞島さんも「確かに、 セリフとかでは、 覚えてないって言いながら覚えていたりもしますが…(笑)本当に今回は体を作ってきていないですから!」と反論しました。 そんな和気あいあいとしたキャスト陣の会話に市井監督も「こんな会話劇がサウナーマンだった気がしますね…また別エピソードでとして、 第2弾をやりたいです!」と意気込みを語りました。

そしてイベント後半では、 眞島さん初の写真集となる「MH」に話題が移りました。 写真集を手に取った市井監督は「本当にね。 色気がすごくて。 香りまで感じられるような気がします。 吸い込まれる。 抱かれたい」と、 その色気にノックアウトな様子。 撮影を担当したsaiさんは写真集がアウトロー、 幻、 ジェントルマンの3つのコンセプトについて「シチュエーションを変えることで役者さんは動きやすいかと考えました。 なかでも古いホテルで撮影した時の眞島さんの“魔性の雰囲気”がすごい。 眞島さんの動きも相まって、 まるで映画の撮影をしているような気になりました」と撮影当時を振り返りました。

一番お気に入りの写真について質問されると眞島さんは「正直にいうと、 表紙の写真が好きですね。 そのほかにもロングインタビューも掲載されているので、 自分自身で読んでいても、 昔の話が引き出されていて懐かしく思うこともあり、 そういうことがあって役者としての今があるのだなと初めて実感できました。 ぜひ、 そこも読んでいただきたいですね」とおすすめポイントについてコメントいただきました。

 

<番組情報>

ドラマ「サウナーマン~汗か涙かわからない~」

[放送情報]
ABCテレビ 2019年8月25日(日)より毎週日曜 放送予定(関西ローカル)
※全10回放送予定(1回につき3エピソード、 全30エピソード)

[配信情報]
TSUTAYAプレミアムにて独占配信!※他社見逃し配信を除く
ABCテレビ 放送終了後より配信
※状況により配信日時が変更になる場合がございます
※初回のみ8月26日(月)朝10:00頃より配信予定

[キャスト]
主演:眞島秀和
山中崇、 七瀬公、 仁科貴、 北川尚弥 / 森下能幸

ゲスト出演:
猪塚健太、 小澤亮太、 小南光司、 佐伯大地、 柴崎楓雅、 鈴木晋介、 寺中寿之、 でんでん、糠信泰州、 野々村真、 パックンマックン(パトリック・ハーラン、 吉田眞)、 フィガロ・ツェン、ブラザートム、 本間淳志、 水間ロン、 六平直政、 山田章仁(ラグビー選手)(五十音順)

[スタッフ]
監督・脚本:市井昌秀
制作:ABCリブラ
製作:ABCライツビジネス

番組公式サイト:https://www.asahi.co.jp/saunerman/
配信特設サイト:http://tsutaya.jp/p_saunerman/
公式Twitter:https://twitter.com/saunerman
公式Instagrram:https://www.instagram.com/saunerman/

ーあらすじー
男たちが黙々と汗を流しに来る場所、 サウナ。 ところが、 黒柳ヨシトモ(42・眞島秀和)がふと立ち寄った『泪湯』は、 “汗と一緒に涙も流そう”を謳う風変わりなサウナだった——。
ある時は恋愛相談、 ある時は家族の愚痴、 またある時はほろ苦い昔話…。 ありふれた話題にすら、 男たちは皆、 心を解放し恥じらいなく涙を流している。 感情を失って10年のヨシトモには到底できないことだったが、 常連客たちはそんなヨシトモを熱烈歓迎。 こうして『泪湯』に居場所を見つけたヨシトモは、 常連客だけでなく、 入れ替わりやってくるさまざまな男たちが人間模様を繰り広げるこの熱量の高いカオスな空間に、 日々通うようになる。
泣くことも、 笑うことも、 さらには他人に触れるのが嫌で握手もできないというヨシトモと、 心も体もすべてさらけ出す、 まさに素っ裸な男たちとの間で続く不思議なサウナ交流。 それはやがて、 泣けない男、 ヨシトモに忘れていた感情を取り戻させていく…。

Tokyo Now Author