『魔法少年☆ワイルドバージン』 メインビジュアル解禁&劇場公開日決定!

映画『黒い暴動♥』や『サラバ静寂』の宇賀那健一監督の最新作、「童貞のまま30歳を迎えると魔法使いになる」という都市伝説から繰り広げられる、ラブコメファンタジー『魔法少年☆ワイルドバージン』の、メインビジュアルとキャッチコピー、そして劇場公開日が解禁された。

© 2019 映画『魔法少年☆ワイルドバージン』

本作はラブコメファンタジー映画ですが、メインビジュアルは、本作の真のテーマでもある愛の壮大さを感じるデザインになっている。そして、前野、佐野、芹澤、濱津、田中、斎藤などのメインキャストたちをはじめ、ポイントで出演しているキャストの皆さんが勢揃いしているところも注目です。

キャッチコピーの「この世界に、愛はある。」も、宇賀那監督と宣伝部で何度も打ち合わせを重ね、本作の真のテーマに沿った、シンプルイズベストのピッタリのコピーが決定。そして、本作の劇場公開日も2019年12月6日(金)に決定!メイン館は新宿バルト9となります。

 

ーあらすじー
保険会社に勤めている星村幹夫(前野朋哉)は、何をやってもいつもうまくいかない。会社での営業成績はずっと最下位で、彼女いない歴=年齢。そして、29歳にして未だに童貞だ。「童貞のまま30歳を迎えると魔法使いになる」という都市伝説から、後輩である日野(水石亜飛夢)、朝井(二見悠)、東(詩歩)にも「魔法使い」と馬鹿にされる日々を過ごしている。唯一親しくしてくれるのは、会社の同僚である月野(芹澤興人)だけだった。そしてある日、秋山(佐野ひなこ)というとても可愛い女性が入社し、いつしか星村は、真面目で優しい秋山を好きになっていった。しかも、秋山は星村が小さい頃から大好きなヒーロー、ワイルドバージニアの大ファンだったのだ。
そして、星村の誕生日の前日に行われた、秋山の歓迎会で事件が起こる。星村は、歓迎会の最中に秋山が上司の小池(濱津隆之)にセクハラを受けているところを発見してしまう。見かねた星村は、初めて小池に歯向かったものの、そのままボコボコにされてしまうのだった。

そこに突然、マントヒヒが叫びながらやってくるーー。
わけもわからず必死にマントヒヒから逃げる星村と秋山は、気づくとラブホテルの中に逃げ込んでいた。
そして、時計が0時を指した瞬間、そんな星村を金色の光が包むーー。

 

映画『魔法少年☆ワイルドバージン』

2019年12月6日(金)より新宿バルト9ほか劇場公開

キャスト:前野朋哉、佐野ひなこ、芹澤興人、田中真琴、濱津隆之/斎藤工 ほか
監督:宇賀那健一
プロデューサー:小野川浩幸
共同プロデューサー:小美野昌史
制作:株式会社Vandalism
脚本:宇賀那健一、今田健太郎、今村竜士
撮影:八重樫肇春
照明:加藤大輝
録音:Keefar
助監督:平波亘
美術:岡田匡未
スタイリスト:松田稜平
ヘアメイク:中村まみ
特殊造形:土肥良成
VFX:若松みゆき
スチール:内堀義之
ラインプロデューサー:鈴木徳至
編集:小美野昌史
整音・効果:紫藤佑弥
キャスティング協力:當間咲耶香(スカリー株式会社)
主題歌:みんなもともと精子(忘れらんねえよ)/作詞・作曲 柴田隆浩(Bandwagon/UNIVERSAL MUSIC LLC)

公式Twitter:https://twitter.com/wv_movie

Tokyo Now Author