眞島秀和”タオル一丁“の現場で不思議だったこととは…?

8月20日(火)東京・新宿 TSUTAYA BOOK APARTMENTにて、 ドラマ「サウナーマン~汗か涙かわからない~」の放送と本編&オリジナルエピソードのTSUTAYAプレミアム配信を記念した女性限定トークイベントを開催しました。

ABCテレビで8月25日(日)より放送、 TSUTAYAプレミアムにて8月26日(月)より独占配信予定の本作は、 オレンジ色に火照った男たちの汗が滴り落ちるサウナを舞台に10年間涙を流していない黒柳ヨシトモ(眞島秀和)がサウナにやってくる様々な客たちの熱い人間模様を通じて心を取り戻していく人情ドラマ短編集です。 (全10話30エピソード)

今回のイベントでは、 TSUTAYAプレミアムのお客様とともに、 主人公の黒柳ヨシトモを演じる眞島秀和さん、 脚本・監督を務められた市井昌秀さんにご登壇頂き、 ドラマのエピソード「第1汗」を鑑賞しながらトークセッションを行いました。

銭湯の前に立ち尽くすヨシトモが一瞬でタオル一丁に変わる早着替えのオープニングが流れると、 市井監督は「歩いてそのまま銭湯入っていくだろうなと見せかけて、 タオル一枚に早変わりするというこのシーンですが、 CG使うのが嫌だったのです。 黒子を使うというアイデアは2、 3日前に思いつきました」と話すと、 眞島さんも「そんな直前に…」と驚きながらも「実際このシーンは3テイクくらいしか撮影できなかったんです。 服に(破れる)仕掛けが入っているのですが、 4テイク目に破けたので、 それで撮影は終了。 これが唯一服を着ているカットになります(笑)」と撮影の裏話をお話し頂きました。

次に、 冒頭の山中崇さんとの共演シーンが流れると、 眞島さんは「崇とは同じ事務所で若い時から一緒にいる事が多く、 今作で久しぶりにガッツリ共演できたので、 撮影前に『この作品はコメディだし、 等身大の姿で撮影に臨もうね』と話して『体作ってくるなよ』といったつもりでしたが、 蓋開けたらものすごい体を仕上げてきて…(笑)」と長年来の仲ならではのエピソードを披露すると、 市井監督は「ドラマの中でも、 そんなお二人は阿吽の呼吸が出ていると思います。 脚本の段階で『このくらいの間かな』と思っていたものが、 お二人だったらもっと間をとった方が面白くなったり。 眞島さんと山中さんの間合いが心地良かったですね」とコメントされました。

また、 第1汗のクライマックスでヨシトモが常連客からの握手に身を翻すシーンについて、 市井監督から「なんで眞島さんはこの時アヒル口なの?」と質問が飛ぶと。 これには眞島さんもはにかみながら「全然意識していなかったですが、 必死に逃げていたらアヒル口になっていますね(笑)」と撮影当時を振り返りました。

そんな本作に登場する個性豊かなサウナーマンたち共演者について、 市井監督は「みなさん本当にキャラクターが立っていました。 第1話で3汗目に、 六平直政さんがゴルフの日焼けをしたキャラクターで出演するのですが、 ご自身でめちゃくちゃ真っ赤にしてきたのを見て、 『その過剰なビジュアルもアリだな』と火がつきました。 そこから七瀬公くんとか北川尚弥くんとかほかのキャストのキャラも濃くして、 そこにみなさんが上手く馴染ませて頂いたという感じでした」とお話しされました。 眞島さんからも「とんでもないキャラクターばかりですよね。 常連客の北川くんのキャラクターも”モヒカンをやめるかどうかで悩んでいる“なんて、 『やめればいいじゃん!』と最初思いました(笑)。 あと猪塚健太くんのシーンも印象的で…あのハンサムな彼が何をやらかすのかお楽しみ頂きたいです」とほか共演者のみどころにも言及されました。

そんな本作での撮影について、 眞島さんは“普段の現場とは違うと感じた点“について質問されると「まず一日の中でこんなに裸でいる事がない(笑)。 裸だとほかの出演者の方との距離感がすぐに縮まりました。 それは不思議でしたね」と述懐。 市井監督も「6畳ほどのサウナのセットでしたが、 スタジオも地下で光が入らないいわば密室でした。 撮影期間は俳優とスタッフがみんなその場所にいるので、 ものすごく距離感が近くなりとても楽しく進みました」と現場の雰囲気について触れると、 眞島さんからは「監督が笑ってNGになったシーンもありましたもんね(笑)」と暴露され、 「その節は申し訳ありませんでした…(笑)」と反省し会場を沸かせました。

 

<番組情報>

ドラマ「サウナーマン~汗か涙かわからない~」

[放送情報]
ABCテレビ 2019年8月25日(日)より毎週日曜 放送予定(関西ローカル)
※全10回放送予定(1回につき3エピソード、 全30エピソード)

[配信情報]
TSUTAYAプレミアムにて独占配信!※他社見逃し配信を除く
ABCテレビ 放送終了後より配信
※状況により配信日時が変更になる場合がございます
※初回のみ8月26日(月)朝10:00頃より配信予定

[キャスト]
主演:眞島秀和
山中崇、 七瀬公、 仁科貴、 北川尚弥 / 森下能幸

ゲスト出演:
猪塚健太、 小澤亮太、 小南光司、 佐伯大地、 柴崎楓雅、 鈴木晋介、 寺中寿之、 でんでん、糠信泰州、 野々村真、 パックンマックン(パトリック・ハーラン、 吉田眞)、 フィガロ・ツェン、ブラザートム、 本間淳志、 水間ロン、 六平直政、 山田章仁(ラグビー選手)(五十音順)

[スタッフ]
監督・脚本:市井昌秀
制作:ABCリブラ
製作:ABCライツビジネス

番組公式サイト:https://www.asahi.co.jp/saunerman/
配信特設サイト:http://tsutaya.jp/p_saunerman/
公式Twitter:https://twitter.com/saunerman
公式Instagrram:https://www.instagram.com/saunerman/

ーあらすじー
男たちが黙々と汗を流しに来る場所、 サウナ。 ところが、 黒柳ヨシトモ(42・眞島秀和)がふと立ち寄った『泪湯』は、 “汗と一緒に涙も流そう”を謳う風変わりなサウナだった——。
ある時は恋愛相談、 ある時は家族の愚痴、 またある時はほろ苦い昔話…。 ありふれた話題にすら、 男たちは皆、 心を解放し恥じらいなく涙を流している。 感情を失って10年のヨシトモには到底できないことだったが、 常連客たちはそんなヨシトモを熱烈歓迎。 こうして『泪湯』に居場所を見つけたヨシトモは、 常連客だけでなく、 入れ替わりやってくるさまざまな男たちが人間模様を繰り広げるこの熱量の高いカオスな空間に、 日々通うようになる。
泣くことも、 笑うことも、 さらには他人に触れるのが嫌で握手もできないというヨシトモと、 心も体もすべてさらけ出す、 まさに素っ裸な男たちとの間で続く不思議なサウナ交流。 それはやがて、 泣けない男、 ヨシトモに忘れていた感情を取り戻させていく…。

 

<オリジナルエピソード詳細>

ドラマ「サウナーマン」TSUTAYAプレミアムオリジナルエピソード(全9話)

番組放送終了後より、 本編の配信と同タイミングにて配信スタート

出演者:眞島秀和/猪塚健太、 小澤亮太、 北川尚弥、 小南光司、 佐伯大地、 七瀬公、 糠信泰州、フィガロ・ツェン、 水間ロン、 山田章仁

ドラマ本編に登場するキャラクターたちにスポットを当てたオリジナルエピソード。 個性豊かなサウナーマンたち。 そんな彼らには「誰にも言えない、 話せない…」サウナの熱があぶり出す赤裸々な思いが渦巻いていた。 果たして、 浴びるロウリュウの熱波はそんな心のしこりも吹き飛ばすのか!?

 

<イベント詳細>

「サウナーマン展@新宿」

実施会場 : TSUTAYA BOOK APARTMENT
日程 : 2019年8月20日 (火)11:00~17:00予定
出入り自由、 どなたでもご参加いただけます。
さらに、 当日会場にてTSUTAYAプレミアムに新規でお申し込みの方に、 ノベルティグッズを先着でプレゼント!
※ノベルティグッズのお渡しは12:00以降となります。
イベント情報詳細:http://tsutaya.jp/p_saunerman/

Tokyo Now Author