市村正親と草笛光子 夢の共演『ドライビング・ミス・デイジー』開幕!

市村正親・草笛光子・堀部圭亮 出演、 森新太郎演出の舞台『ドライビング・ミス・デイジー』が、 紀伊國屋ホールで初日を迎えた。

左より)堀部圭亮、 草笛光子、 市村正親 提供:ホリプロ

市村正親(ホーク・コールバーン役) コメント
この作品は、 草笛さんがこの年齢で元気でいてくれるということで成り立つんです。 だから本当に感謝です。 草笛さんがいなかったらできなかった。 自分が、 85歳になってもこの舞台ができるかどうか、 逆に言うと今後の目標が出来ました。 奥様、 パーフェクト!

草笛光子(デイジー・ワーサン役) コメント
85歳になって、 このような大役を頂き、 目くるめく想いと言ったらいいのか、 修羅場と言ったらよいのか、 大変な想いをしていますが、 神様から頂いた私の大切なお仕事ですので、 一所懸命、 歳なりに務めていく覚悟ができました。

堀部圭亮(ブーリー・ワーサン役) コメント
草笛さんは、 自分の母と近い年齢なので、 実の母のように演じさせてもらっています。 53歳になっても一番若手というのが、 、 、 最年少ということでフレッシュな気持ちでやらせてもらっています。

(撮影:宮川舞子)

 

<東京公演 当日券販売のご案内>

毎公演、 開演の1時間15分前~1時間前までにお並び頂いた方を対象に、 紀伊國屋ホール当日券窓口にて抽選・販売をいたします。

[当日券料金]
9,800円(全席指定・税込)

[注意事項]
※本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
※開演の1時間15分前より早くはお並びいただけません。
※お一人様1枚の販売となります。
※お支払いは現金のみで、 クレジットカードはご利用いただけません。
※各回の当日券状況についてはホリプロステージ当日券情報をご確認ください。
※未就学児入場不可。

上演時間は 1時間50分(休憩なし)
公演は同劇場で7月15日(祝・月)まで上演した後、 仙台、 名古屋の2箇所で上演される。

 

<公演概要>

ドライビング・ミス・デイジー

作:アルフレッド・ウーリー(ミュージカル「パレード」脚本)
翻訳:芦沢みどり
演出:森 新太郎
出演:市村正親、 草笛光子、 堀部圭亮

[東京公演]
期間:2019年6月22日(土)~7月15日(祝・月)<全21公演>
会場:紀伊國屋ホール
主催:ホリプロ/後援:TOKYO FM

[仙台公演]
期間:2019年7月17日(水)、 18日(木)<2公演>
7月17日(水)18:30
7月18日(木)15:00
会場:電力ホール
主催:仙台放送
お問合せ:仙台放送 事業部
TEL:022-268-2174(平日9:30~17:30)

[名古屋公演]
期間:2019年7月23日(火)18:30 <1公演>
会場:日本特殊陶業市民会館
主催:キョードー東海
お問合せ:キョードー東海
TEL:052-972-7466(月~土10:00~19:00/日・祝休)

公演詳細・チケット:https://horipro-stage.jp/stage/dmd2019/

Tokyo Now Author