「イノサンmusicale」メインキャスト決定!

フランス革命期の死刑執行人を描いた話題作「イノサン」「イノサンRougeルージュ」のミュージカル「イノサンmusicale」のキャストが決定した。

2019年11月29日よりヒューリックホール東京にて上演する集英社「グランドジャンプ」の人気連載作品「イノサン」「イノサンRouge」をミュージカル化した“イノサンmusicale”にて「マリー-ジョセフ・サンソン」役を歌手で女優の中島美嘉に決定した。なお、中島美嘉は今回が舞台初挑戦となります。

また、国王ルイ16世の斬首刑の指揮を執った実在の死刑執行人「シャルル-アンリ・サンソン」役をミュージカル「プリシラ」にて「アダム」役を熱演した古屋敬多(Lead)が演じ、ダブル主演を務めます。

「アラン・ベルナール」役には、アニメ「進撃の巨人」で主人公「エレン」役を演じる声優の梶裕貴が武田航平とダブルキャストにて出演。梶裕貴はミュージカル初挑戦になります。

その他「ジャック」役を荒牧慶彦、「デュ・バリー」役を貴城けい、「ルイ16世」役を太田基裕、「アンヌ・マルト」役を浅野ゆう子がそれぞれ演じます。

その他メインキャストの配役はこちらになります。

マリー-アントワネット役:小南満佑子
アンドレ役:前山剛久
フェルゼン役:鍵本輝(Lead)
オリビエ役:多和田任益
グリファン役:佐々木崇
ド・リュクセ役:林明寛
(注:一部の役名は略称)

 

<イノサンについて>

タイトルの「イノサン」とは、フランス語のInnocent(イノサン)、日本語で「無垢」を意味する。18世紀フランス革命で国王ルイ16世を処刑した実在の死刑執行人一族サンソンの長兄シャルル-アンリと妹マリー-ジョセフを圧倒的な筆致で描く歴史ドラマ。「処刑」というセンセーショナルな内容を芸術的に描く作品として国内外で高く評価される。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2013年9号より連載2015年20号まで連載され、現在は、続編『イノサン Rougeルージュ』を『グランドジャンプ』にて連載中。コミックスは紙&電子累計150万部に登る。
第17回、第21回文化庁メディア芸術祭で審査委員会推薦作品に選出。
第18回手塚治虫文化賞(朝日新聞社主催)読者賞ノミネート。
2017年には[ルーヴル美術館特別展]に出展。

 

<公演情報>

イノサンmusicale

公演日程:2019年11月29日(金)~12月10日(火)
チケット販売:2019年6月中旬~(本公式サイトにて抽選受付開始)
劇場:ヒューリックホール東京(〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン11F)
原作:坂本眞一(『イノサン』『イノサンRougeルージュ』集英社刊)
脚本:横内謙介
演出:宮本亜門
企画・運営 :Jnapi L.L.C.

公式サイト:http://jnapi.jp/innocent

Tokyo Now Author