月刊化を発表したビューティーマガジン【小悪魔ageha】が今度は突然の休刊発表最終号となる9月1日発売号にて、その理由を公開

ダナリーデラックス株式会社(発行元)は先日月刊化を発表したばかりの人気雑誌【小悪魔ageha】について、わずか2ヶ月で休刊を発表。なぜこのような展開になったか!!
理由は同誌内で発表された新「ageha」の創刊だった。

2017年9月1日、ダナリーデラックス株式会社(発行元)は2017年6月30日発売号より月刊化したビューティーマガジンの小悪魔agheaを休刊することを発表しました。

誌面で発表されたその理由として、以下のように発表しています。

2006年の創刊以来、愛され続けてきた小悪魔agehaですが、時代の流れとともに少しずつでも変化が必要と考え、思い切って“小悪魔”という言葉をとり、よりパワーアップして進化した【ageha】として新たな気持ちで9月30日に新創刊することに決めました。

※9月1日発売号の誌面より抜粋

つまり、より現代風にパワーアップしたビューティーマガジンとして、「今よりもっと可愛くなりたい美人GAL」になるための美意識&欲望BOOKがこの秋から新たに生まれます。

 

■そもそも【小悪魔ageha】とは

※写真は公式WEBサイトより抜粋 https://ageha.dunnery.tokyo/

女の子達の「かわいくなりたい」という気持ちを後押しする総合ビューティーマガジン。

発刊当初はギャルやキャバ嬢のバイブルと言われた同誌は出版元の事業停止により一度廃刊となったものの、復刊に向け名乗り出たダナリーデラックス株式会社がビューティーマガジンとして復刊させることに成功。いい意味でのジャンル変更をすることで、従来あった固定の読者層だけではなく、ターゲット層を広げることに成功し今日に至る。

現在の同誌は、どこかにコンプレックスを感じている女の子たちが自分と向き合い、克服していくための指南書=“コンプレックス解消ブック”として、ファッション、メイク、恋愛などあらゆるジャンルを網羅。他誌では紹介されづらい部分にもフォーカスし、20代女性のリアルなライフスタイルをとことん深掘りしていくビューティーマガジンとして人気を博している。

 

■経略

2005年の10月に『小悪魔&ナッツ』という名で創刊。これが『小悪魔ageha』と名を変え、2006年の10月をもって月刊誌へと生まれ変わった。

最盛期(2008年)には発行40万部・実売30万部を計上。この著しく高い発行部数に加え、キャバクラでの勤労に従事するいわゆるホステスの女性たちを主要な想定読者層とし、さらには誌面に登場するモデルらの多くも現役のホステスであるという、キャバクラの世界との密接な関わりという特色が注目されてきた。

2014年4月15日の出版元の事業停止により休刊したが、2015年にダナリーデラックス株式会社(発行元)からの復刊が決定。隔月刊誌として4月18日に正式復刊し、2017年6月30日発売号より月刊化し、今日に至る。

 

■雑誌名:小悪魔ageha (休刊)

定価:680円 本体630円
全国書店またはコンビニエンストアにて発売中

発売元:株式会社主婦の友社
住所 :東京都千代田区神田駿河台2-9

発行元:ダナリーデラックス株式会社
住所 :東京都港区西麻布3-3-23 フィルドア西麻布3F
お問合せ:03-5413-4841(受付時間:11:00~18:00)

 

■雑誌名:ageha (新創刊)

定価 :680円 本体630円
発売日:毎月1日
全国書店またはコンビニエンストアにて発売予定

発売元:株式会社メディアボーイ
住所 :東京都港区虎ノ門2丁目2番5号 共同通信会館内

発行元:ダナリーデラックス株式会社
住所 :東京都港区西麻布3-3-23 フィルドア西麻布3F
お問合せ:03-5413-4841(受付時間:11:00~18:00)

Tokyo Now Author