第91回アカデミー賞授賞式 レディー・ガガ、「ティファニー ダイヤモンド」を纏って登場

世界的なスタイルアイコンであるレディー・ガガが、2月24日にカリフォルニア州ロサンゼルスで行われた第91回アカデミー賞授賞式にて、82面を超える輝くファセットを持つ128.54カラットの華麗なクッションカットの「ティファニー ダイヤモンド」を纏い観客を魅了しました。

「ティファニー ダイヤモンド」を纏ったレディー・ガガ Photo credit Getty Images

「アリー / スター誕生」でアカデミー賞主演女優賞と優秀歌曲賞にノミネートされたレディー・ガガは、世界最大級のイエロー ダイヤモンドを身に纏い、レッドカーペットを美しく彩りました。この「ティファニー ダイヤモンド」ネックレスを最後に着用したのはオードリー・ヘップバーンで、映画「ティファニーで朝食を」の宣伝写真撮影でのことでした。

「ティファニー ダイヤモンド」を纏ったレディー・ガガ Photo credit Getty Images

スタイリストのSandra Amador(サンドラ・アマドール)とTom Eerebout(トム・エレバウト)は、「このような素晴らしいデザインと歴史を持つジュエリーをスタイリングすることができ、今夜まさに夢が叶ったようです。世界には美しいジュエリーが沢山ありますが、128カラットを超える輝かしいティファニー ダイヤモンドは格別な美しさを放っており、まさにレディー・ガガこそが身に着けるべきジュエリーだと思います」と述べています。

「ティファニー ダイヤモンド」ネックレス(プラチナ、18Kイエローゴールド、ファンシー ビビッド イエローダイヤモンド、ホワイト ダイヤモンド)

「ティファニー ダイヤモンド」は19世紀に発見された最も価値あるジェムストーンとされ、1877年に南アフリカのキンバリー鉱山で発掘されました。ティファニーの創設者であるチャールズ・ルイス・ティファニーは、翌年にそのダイヤモンドの原石を購入し、ダイヤモンドのオーソリティとしてブランドの名声を確固たるものにしました。

「ティファニー ダイヤモンド」を纏ったレディー・ガガ Photo credit Getty Images

ティファニーのチーフ・アーティスティック・オフィサーであるリード・クラッコフは、「レディー・ガガは究極のクリエイターであり、革新者、またルールを超越していく人物です。141年前に発見された伝説的なティファニー ダイヤモンドを、この度初めて彼女がレッドカーペットで着用することを心より嬉しく思います」と述べています。

「ティファニー ダイヤモンド」を纏ったレディー・ガガ Photo credit Getty Images

レディー・ガガは、ネックレスに加えて、ファンシー ビビッド イエロー ダイヤモンドとホワイト ダイヤモンドのピアスを着用しました。

ピアス(プラチナ、18Kイエローゴールド、ファンシー ビビッド イエローダイヤモンド、ホワイト ダイヤモンド)

Tokyo Now Author