猫好き必見!猫だらけのオムニバス映画の製作決定!「ダヤンとタマと飛び猫と ~3つの猫の物語~」5月10日(金)より公開!

わちふぃーるどライセンシング株式会社の「猫のダヤン」(以降「ダヤン」)、株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツの「タマ&フレンズ~うちのタマ知りませんか?~」(以降「タマ」)、飛び猫合同会社の「飛び猫」の3作品が一堂に会したオムニバス映画「ダヤンとタマと飛び猫と ~3つの猫の物語~」が2019年5月に公開されます。

映画「ダヤンとタマと飛び猫と ~3つの猫の物語~」メインロゴ

本作品が誕生した経緯は、2016年に「ダヤン」と「タマ」がアニメ枠「ニャンだ?フルテレビ」で同時に新作アニメを放送した事に端を発します。後にアニメ枠『瀬戸にゃん海』で五十嵐健太氏が手掛ける「にゃん旅」で3作品が一緒に放送。昨今の猫ブームの流れも受け、今回のオムニバス映画誕生となりました。猫好きの方はもちろん、老若男女どなたでも楽しめる内容となっております。是非友達同士やファミリーでお楽しみください。

 

映画タイトル:「ダヤンとタマと飛び猫と ~3つの猫の物語~」

各作品タイトル
猫のダヤン:「ダヤンとジタン」
タマ&フレンズ:「タマとふしぎな石像」
飛び猫:「旅する飛び猫」

公開日:2019年5月10日(金)
初回公開スクリーン:イオンシネマ板橋/イオンシネマ浦和美園/イオンシネマ港北ニュータウン
イオンシネマ名古屋茶屋/イオンシネマ岡山
※以降随時全国巡回予定

 

「ダヤンとジタン」

©Akiko Ikeda/Fushigi Dayan

原作:池田あきこ
アニメーション制作:勝鬨スタジオ
監督:作田ハズム
脚本:水月秋
音響監督:鹿志村聡
製作:わちふぃーるどライセンシング/アスミック・エース/MMDGP/サウンドホッパー
公式サイト:http://www.wachi.co.jp

ダヤン:島本須美 ジタン:平山笑美 三人の魔女:ニーコ イワン:小田敏充 ローク:新田恵海 マーシィ:降幡愛

1983年、自由が丘に(株)わちふぃーるどの本店を立ち上げた際に、ショップシンボルとして描き下ろしたのが「猫のダヤン」の始まり。どこを見ているのか分からない大きな目の猫が、評判になりました。当初は自社革工房制作のグッズを作り、雑貨やアパレルも幅広く展開。その後、ダヤンと不思議な国として絵本や長編物語など100タイトルを超える書籍を出版し続けています。今回の作品は、わちふぃーるど創世の秘密を解く長編物語から「ダヤンとジタン」という、二匹の運命の猫たちの冒険とわちふぃーるどの仲間達との友情がテーマになっています。

 

「タマとふしぎな石像」

©Sony Creative Products Inc./Tama &Friends Project

原作:ソニー・クリエイティブプロダクツ
脚本:井沢ひろし
監督:カンザキジュン
音響監督:明田川進
テーマソング:A応P
アニメーション制作:勝鬨スタジオ
製作:ソニー・クリエイティブプロダクツ/アスミック・エース/MMDGP
公式サイト:http://www.scp.co.jp/Tama/

タマ:笠原弘子 モモ:椎名へきる トラ:坂本千夏 ポチ:渡辺真砂子 ノラ:津賀有子
ゴン:北島淳司 ベー:まるたまり クロ:岩永哲哉 ブル:落合福嗣 コマ:荒木香衣

1983 年、当時女子中高生を中心としたファンシーグッズブームの中で、「飼い猫を探すポスター」というストーリーを感じさせるコンセプトと手書き文字、落ち着いた色調でセンセーショナルにデビュー。一躍ヒットキャラクターに。
学年誌連載、93 年劇場版、94 年TV アニメ放送を行い、現在も学校教材や銀行、薬袋などで幅広い世代に愛されています。
2016年には22年ぶりとなる新作アニメが放送開始。18年に誕生35周年を迎えた、国民的人気猫キャラクターです。

 

「旅する飛び猫」

©五十嵐健太

原案:五十嵐健太/MMDGP
撮影:五十嵐健太
編集:永田陽介
音楽:林哲司
ナレーション:堤雪菜
製作:MMDGP/イオンエンタ―テイメント
公式サイト:http://k-igarashi.com/

2014年ごろから飛び猫シリーズの写真が話題になり2015年に発売された飛び猫写真集は累計5万部を超えるベストセラーになり、全国各地の商業施設などで写真展が開催されました。

Tokyo Now Author