雑誌『&Premium』の表紙に石田ゆり子が登場! 特集「心に響く言葉、との出合い。」が2月20日(水)に発売

株式会社マガジンハウスが発行するライフスタイル誌『&Premium(アンドプレミアム)』は、2月20日(水)に特集「心に響く言葉、との出合い。」を発売します。

巻頭では「あなたが大切にしている言葉を教えてください」と題して、各界で活躍する21人に、その心を動かした、忘れがたい言葉を聞いています。撮り下ろしインタビューで登場するのは、俳優・石田ゆり子、歌舞伎役者・市川染五郎、ミュージシャン・坂本美雨、作家・西加奈子、シンガーソングライター・七尾旅人、脚本家・北川悦吏子、生態学者・田邊優貴子、大相撲力士・貴景勝、写真家・長島有里枝という9人(いずれも敬称略)。石田ゆり子さんは表紙にも登場しています。

他にもエッセイスト・森下典子、漫画家・ほしよりこ、芸人・後藤淳平(ジャルジャル)、ソングライター・水野良樹(いきものがかり)、スタイリスト・轟木節子、ライター・佐久間裕美子、フードスタイリスト・高橋みどり、『ファーマーズテーブル』店主・石川博子、映像ディレクター・大根仁といった各氏が、それぞれ「大切にしている言葉」についてコメントを寄せています。

 

■石田ゆり子さんが、大切にしている言葉

表紙と巻頭に登場する、石田ゆり子さんが教えてくれた言葉は「いちばんたいせつなことは、目に見えない」。サン=テグジュペリ『星の王子さま』からの一節です。「母がもともと好きだった本で、幼少期に出合って以来、大好きな本」というこの一冊。幼い頃からこの言葉を大切にしてきた理由、その想いを語ってくれました。

 

■綴込み企画「心に響くラジオ番組22」

さらに今号は言葉に関連するテーマとして、『アンドプレミアム』では初めて「ラジオ番組」をまとめて紹介。赤江珠緒「たまむすび」、ピーター・バラカン「Barakan Beat」、秀島史香「SHONAN by the Sea」、高橋源一郎「すっぴん!」、福島暢啓「次は~新福島!」、ジェーン・スー「ジェーン・スー 生活は踊る」といった人気番組の生放送の現場へ取材、それぞれインタビューも掲載しています。

 

■『アンドプレミアム』が初めて「言葉』の特集を作りました。

テーマは「心に響く言葉、との出合い」。ネット上でのコミュニケーションが増え、言葉に「軽さ」や「ノリ」が求められていることにも、ちかごろでは慣れてきてしまったようです。一方で、深く重みのある言葉や、美しく情緒のある言葉には敏感になり、強く惹かれます。人類は言葉を使って思考できるようになり、思考を他者と共有することで飛躍的に進化したといわれています。言葉の持つ「深さ」や「情緒」から湧き起こる繊細な感情、その共有や共感こそが人としての豊かさなのかもしれません。『&Premium』が創刊から掲げるテーマ「Better Life」のためには、「心に響く言葉、との出合い」を。そんな想いで特集をつくりました。

 

<商品概要>

掲載誌 :『&Premium(アンドプレミアム)』
出版社 :株式会社マガジンハウス
特集名 :「心に響く言葉、との出合い。」
発売日 :2019年2月20日(水)※地域により発売日は異なります
特別定価:850円(税込み)全国の書店、コンビニエンスストア、ネット書店で販売
URL :https://magazineworld.jp/premium/

Tokyo Now Author