ロンシャン2019年秋冬ランウェイショー

ロンシャン 2019年秋冬コレクションのテーマは“A voyage of self-discovery and independence” ~自己発見、そして自立への旅~。クリエイティブ・ディレクターのソフィ・ドゥラフォンテーヌにとって2回目となるショーを、ニューヨーク・ファッションウィークで発表しました。

Getty Images for Longchamp

今回のコレクションは、大胆にスタイルを組み合わせ独自のルックを完成させています。それは世界を旅する自立した強い女性像であるロンシャンウーマンにぴったりな内容です。常にアクティブで、新たな体験を追い求めていく現代女性に届けたいコレクションです。

ランウェイは、“パリとニューヨークの距離”を題材に、インテリアデザイナーのアンドレ・プットマン氏と、氏のデザインしたコンコルド機の内装カーペットをヒントに制作されました。パリとニューヨーク両都市の独特のオーラが盛り込まれた40ルックが、まるで大西洋を横断するようなショーでした。

 

<プレタポルテ>

パリの女性の自然なフェミニンさを、大きく波打つシルクのドレスや刺繍入りのチュールやウールのガーゼを用いたプリーツスカートに映し出しました。
これらにパリッとしたブラックのレザーのトップスや、ニューヨークの都会的な空気を表現するグラフィックプリントやアパルーサプリントのカチッとしたコートを組み合わせます。
ドレスにはスタッズをあしらったグログランのリボンなどのディテールが用いられていて、エレガンスとロックなエッジをシームレスにミックスしています。
コントラストの融合、テクスチャー、シルエット、パターンのミックス&マッチがそれぞれのルックに個性とダイナミズムを与えています。

 

<新ライン「LGP」>

プレタポルテの特徴は、70年以上の歴史をもつロンシャンの新しいロゴ「LGP」を冠した各ピースにも表現されています。
ドイツの伝説的なデザイン学校のバウハウスのアーティストたちや、ニューヨークの迷路のような格子状の道路をヒントにデザインされた「LGP」は、LONGCHAMPの文字がプレタポルテとバッグに散りばめられ、ジャケットやセパレートの組み合わせは大都市のクールな格好良さを色濃く映し出しています。
ロンシャンのハンドバッグの新作コレクション「La Voyageuse」には、特にそれが顕著に表現されています。

 

<ハンドバッグの新コレクション「La Voyageuse」>

携帯用の化粧バッグをモデルにした「La Voyageuse」のコンパクトなシルエットは女性らしい魅力を滲ませ、その名が示すとおり、旅の完璧なパートナーになります。長距離のトラベル用ラージサイズ、移動の多い人に最適な折りたたみ可能なバージョンもご用意しています。
今回はじめてミニチュアサイズができた、ロンシャンのアイコニックな「Le Pliage®」ともよく調和します。

 

<バッグ>

すべてのバッグにさまざまなカラーを取り揃え、クロコダイルプリントのレザーからレオパードプリントのカーフヘア、「LGP」のロゴをエンボス加工したスムースレザーまで、素材もいろいろお選びいただけます。いずれも、エレガントな表現でいてとてもエキサイティングなコレクション展開です。

 

<シューズ>

バッグ同様に、グラフィカルさとフェミニンさを併せもつシューズにもそのエネルギーが映し出されています。パッチワークや鮮やかなパイソンプリントのレザーを、ニーハイあるいはアンクル丈のプラットフォームブーツに取り入れています。人々を魅了し目を奪う艶やかなドレスやスカートにエッジを効かせてくれるブラックのライダーブーツもご用意しています。

Tokyo Now Author