小劇団の現実と舞台をパラレルで描く映画「パラレルワールド・シアター」が1月26日より公開開始!

Tick Tack Movieの映画「パラレルワールド・シアター」が、2019年 1月26日に放送された「めざましどようび」(フジテレビ系)の映画期待度ランキングで2位にランキングされました。また、同映画は披露目上映イベント1月26日からシネマハウス大塚にて上映が開始されます。

東京の小劇団「クオンタムフィジックス」の主宰・佐々木は、30歳を目前に控え、グダグダになっていた劇団を立て直すために3年ぶりの本公演を打とうとする。

それは、パラレルワールドを行き来する時間旅行者たちが最後のタイムトラベルを通して破滅していく、悲しい運命を描いたSF作品だった。

この公演を通してもう一度夢をつかもうとする劇団メンバーたちの現実と、悲しいタイムトラベルを繰り返す劇中の登場人物たちの物語は、いつしか交差していく。

現実と劇中劇。彼らのふたつの物語が、たどり着く結末とは……。

 

■小劇団あるある本編チラ見せ映像

〜「誰も儲かってない」編〜

〜「ひも」編〜

 

■「パラレルワールド・シアター」とは

本作品は、アラサーの売れない小劇団員たちの夢と現実を描く、自主制作映画です。

作中では、「小劇場にありがち」な劇団内の金銭事情、モチベーション格差、恋愛のもつれ、仕事との両立や人生設計など、リアルな問題に直面する演劇人たちが公演を作り上げていく様子が、彼らの公演内容である劇中劇と並行して描かれていきます。

監督に『現実拡張スマホ仮面』シリーズなど自主制作作品を多く手がける堤 真矢(つつみ まさや)、主演はPFF2018入選作『からっぽ』の須田 暁(すだ あきら)のほか、オーディションで選ばれたキャストが個性的な劇団員たちを演じます。

 

■クラウドファンディングで128万5000円を達成

本作は、自主制作&配給ナシの自主上映という体制で作られた作品です。
小劇場や自主映画のような「お金にならない表現活動」を笑うのではなく、その現実と、私たち自身も一緒に戦いたい。

そんな思いが共感を呼び、昨年にはクラウドファンディングサイト「Motion Gallery」にて、128万5000円もの制作費支援を集めることに成功しました。

 

■「パラレルワールド・シアター」上映会概要

映画『パラレルワールド・シアター』上映イベント
2019年1月26日(土)〜2月9日(土)不定期開催
シネマハウス大塚 東京都豊島区巣鴨4丁目7−4−101

出演:
須田暁 空美 藤野政貴 広瀬斗史輝 本間理紗 和田修昌 浜野なおみ 瑞貴 竹田哲朗 片渕真子

監督・脚本:堤真矢
企画・製作:Tick Tack Movie

<上映スケジュール>
1/26(土)11:00 / 15:00☆ / 19:00☆
1/27(日)11:00 / 15:00☆ / 19:00☆
2/2(土)15:00☆ / 19:00
2/6(水)19:30
2/7(木)19:30
2/9(土)15:00 / 19:00☆
☆付きの回は監督・役者陣による舞台挨拶があります。

<上映時間>
121分

<チケット料金>
予約 1,600円
当日 1,800円

ご予約はこちらから:https://www.quartet-online.net/ticket/pwt
公式サイト:http://pwt.ticktackmovie.net
公式Twitter:https://twitter.com/quantumneko

Tokyo Now Author