川口春奈、日本の伝統に触れる。『和紙の魅力、発見篇』1月15日(火)から店頭・WEBで公開!

ジーンズセレクトショップの株式会社ライトオン(以下ライトオン)は、 1月15日(火)より、 川口春奈さんを起用した和紙デニムのムービー・グラフィックを展開。 川口さんがBACK NUMBERブランドの「和紙デニム」を身にまとい、 和紙の名産地である富山県の越中八尾をお友達と観光。 日本の伝統や和紙の小物に触れながら、 和紙の軽さや気持ちの良さを肌で感じる川口さんを描いた新ムービーは1月15日(火)より、 ライトオン店頭・特設サイトにて公開された。 

特設サイト:https://right-on.co.jp/feature/washidenim2019women

ムービー 制作 エピソード
日本の伝統技術で生まれた自然の素材「和紙」。
四季がある日本の気候と生活スタイルを考え、 一年中快適に過ごせるようにと、 開発された「和紙デニム」。
デニムらしい質感はそのままに、 軽やかな肌触りと心地よさを実現しています。

今回のムービーでは、 川口さんが外国のお友達と旅行を楽しみながら、日本の美しさ、 そして日本の伝統である和紙の魅力を身体で感じる様子を描いています。

和紙の名産地の一つである富山県の越中八尾を訪れ、 趣のある街並みの中、 「おわら風の盆」の踊り子の方々に出会います。
そこで、 川口さんは踊り子さん達とポーズをキメて、 写真をパシャリ。
その後、 茶室を訪れお友達とお抹茶を飲んだり、 和紙の小物ワークショップで様々な和紙に触れたりと、 日本の伝統を楽しみます。

等身大の女子旅の中で日本の魅力、 和紙の魅力を体感することで普段の日常では気付かないけれど、 日本の伝統技術がとても身近にあることをメッセージし、素材としての和紙の魅力と、 生活に寄り添う和紙デニムを表現しています。

撮影エピソード
今回の撮影では、 今から百年ほど前の大正9年、 富山の茶人金子宗峰が建てた別荘「円山荘」の歴史を受け継ぐ茶室「円山庵(えんざんあん)」を特別にお借りしました。
撮影の休憩中も、 二人でとっても仲良くお抹茶を飲みながら、 お茶菓子を食べていてその様子がとてもほほえましく、 スタッフ一同癒されました。 川口さんがお抹茶を飲み終えると、 口の周りにお抹茶が付いていたようで、 お友達が「あー!緑のついてる!」と唇に付いたお抹茶をとってあげていて、 二人で笑いあう場面も。 本当に女子二人旅に来ているようでした!

川口さんには、 和紙で出来た小物に触れ、 和紙の柔らかさや軽さを感じながら、 実際に和紙の小物を作っていただきました!
「かわいー!こんな使い方もあるんだ。 」と嬉しそうに、様々な色や柄の中から、 青色の和紙を選び、 ペン立を作成。
カメラが回っていない時も、 二人で楽しそうに紙風船で遊んだり、 川口さんが和紙の事をお友達に教えてあげたりしていて、和気あいあいとした現場となりました。

川口春奈 さん着用商品

<ジャケット>BACK NUMBER 和紙シャツジャケット 品番:BN40230016T カラー: 0015
<トップス>BACK NUMBER 和紙ボリュームショートプルオーバー 品番:BN40240018T カラー: 0091
<ボトム>BACK NUMBER和紙ハイライズテーパード 品番:BN402110001L カラー:0003

Tokyo Now Author