稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾が『星のドラゴンクエスト』新プロデューサーに就任!

株式会社スクウェア・エニックスは、1,900万ダウンロードを突破したスマートフォン用タイトル『星のドラゴンクエスト』の新TVCM「稲垣吾郎さんの告白」篇を、2019年1月1日(火)よりオンエアします。

特設WEBサイト : http://www.dragonquest.jp/hoshidora/tvcm/

2000年発売のゲームソフト『ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち』をはじめ、歴代のナンバリングタイトルのTVCMなどに出演し、ドラゴンクエストシリーズと縁の深い稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの『星ドラ』プロデューサー就任をお知らせする本TVCMは、ドラゴンクエストの世界を再現した撮影スタジオの中でキャラクターと触れ合いながらも、どこかぎこちない雰囲気の稲垣さんがドラゴンクエストをプレイしたことがないとカミングアウトし、草彅さんと香取さんを驚愕させる衝撃的かつユニークなストーリー展開をハイテンポなトークと共にお届けします。

また、特設サイトでは「ドラゴンクエストの生みの親」堀井雄二氏と、現在『星のドラゴンクエスト』のプロデューサーを務め今後は稲垣さん、草彅さん、香取さんと共同でプロデュース業務を行う市村龍太郎氏をまじえ、思い出や撮影秘話について対談する貴重な「プロデューサー就任記念対談」も公開しますので、ぜひご覧ください。

 

■プロデューサー就任記念対談 

「新しい地図」の3人(稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さん)がプロデューサーに就任
市村:今回は新しい試みで、なんと『星のドラゴンクエスト』のプロデューサーとして、皆さまをお迎えするということになりまして、これからは4人体制というか、一緒にやっていければと思うんですけれども。。。

堀井さんとの出会いに感激した「ドラクエ世代」たち。稲垣さんは…?
香取:実際にゲームをやらせていただいて、子どもの頃から入れたら32年ってことですよね?
堀井:そうです。長いですよね。
草彅:ずっと知ってるってことですよ、僕らは「ドラクエ」を。
市村:そうですよ。生まれてから。
草彅:最初から知ってる。丁度世代的にドンピシャなんですよ。
市村:僕、76年生まれですけど、小学生の頃に「ドラクエ」にはまって、この業界を目指して、幸運にもこのプロデューサーという仕事をさせていただいてるんで一緒だなと。堀井さんと一緒に仕事できるというのも。
香取:そうですよ。僕、堀井さんと初めてお会いしたときとか衝撃的でしたもん。
香取:その衝撃をあのとき、吾郎ちゃんは味わってないんだなと思って。
稲垣:いやいやいやいや。
市村:そうそうそう。
稲垣:もしかしたら(僕と同じように)まだやったことない方もいらっしゃるかもしれないので、そういった方々と僕は寄り添って勉強させていただこうと思います。

親子の共通語は「ドラクエ」のあの呪文?!
市村:香取さん、思い出とか何かあります?
香取:呪文は今でもやっぱり、コマーシャルの中でも言わせていただいたベギラマ、ホイミとか。その歴史というか、30年以上経っても、それこそ僕が小学生ぐらいの頃にやっていたベギラマを、今の子どもたちもやってると思うとすごいことだなと。
市村:共通語になってますからね、「ドラクエ」も。
草彅:そうだよね。世代を超えて子供も親も一緒にできるもんね。自分の子供が「ドラクエ」やるみたいな。
市村:ほんと、親子でやってくれている方もたくさんいるんですよ。

草彅さんがやってみたい職業は旅芸人。画家希望の香取さんは、絵で敵を倒す!?
市村:自分だったらこの職業をやりたいよねみたいな、これ系が好きだなみたいなのとかあったりします?
草彅:僕は旅芸人みたいな。人を笑わせて。
市村:芸人系ですね。その上はスーパースターとかいますしね。結構楽しませる系。
草彅:冒険する感じが1つのところにとどまらないような、そういう職業がやりたいな。
香取:絵を描くんで画家とか。
市村:画家。つくらないといけないですよ。新しく加えましょうか、じゃあ。
稲垣:面白いね。
堀井:絵を描いて、敵にダメージを与える的な?
市村:わあっと描いて。やりましょうか。堀井さん、つくりますか。考えましょうか。
堀井:そうですね。ちょっと考えましょうかね。
稲垣:僕は今、舞台で音楽家の役をやってるので。音楽をつくる人とか。
市村:作曲家。
稲垣:またちょっと違うテーマが。
市村:いいですね。
稲垣:オプションであっても面白いのかな。それは駄目なのかな。どうなんでしょうね。音ってすごい大切ですもんね、ゲーム。
堀井:そうなんですよ。ほんとに。
市村:すごく大事です。「ドラクエ」もすごく音楽が有名ですからね。でも、すごくやっぱりキャラクターが出ますね、皆さん。

プロデューサーとしての意気込み
市村:最後に一言ずつプロデューサーとしての意気込みをお願いします。
草彅:稲垣君もこれらはじめるということで、皆さんよろしくお願いします!
稲垣:急に「ドラクエ」の世界に入り込めるのか不安な方も、僕と一緒に「ドラクエ」を始めて、楽しんでいきましょう。
香取:今これを見ている方がその場で一瞬で始めれるので、ぜひ今始めましょう。そして今までの「ドラクエ」が全くなくなるくらい全部変えてみせます!全て変えます!
一同:(笑)
市村:これから力を合わせて、皆で星ドラを盛り上げていきましょう!

Tokyo Now Author