武田鉄矢の”贈る言葉”に細川徹監督、三宅弘城も爆笑&感激!!

時代劇専門チャンネルとカンテレは、初めて共同制作したオリジナルドラマ「小河ドラマ 龍馬がくる」第1話(全4話)の完成を記念し、2018年11月23日(金・祝)、アメリカ・フロリダ発のカジュアルレストラン&スポーツバー「HOOTERS(フーターズ)」新宿西口店(東京都新宿区)にて、第1話完成披露イベントを開催しました。

2017年放送の前作「小河ドラマ 織田信長」に続いてメガホンをとった細川徹監督と、こちらも前作の織田信長役に続き、今度は「本物の坂本龍馬」を演じた主演の三宅弘城がゲスト出演。会場一杯の招待客とともに、店内のスクリーン・モニターで出来立てホヤホヤの第1話を鑑賞した後、フーターズガールのホスピタリティあふれるサービスを受けながら、新作の完成を祝福して乾杯をしました。

フーターズは、パーティーのように明るくて楽しい雰囲気の中、本場アメリカンフード&ドリンクと、チアリーダーをイメージしたフーターズガールの健康的で真心のこもったサービスをお楽しみいただける人気スポット。「小河ドラマ」との縁は、第1弾「織田信長」から。三宅弘城演じる信長が敦盛を舞うシーンを、フーターズ新宿西口店で収録。そして「龍馬がくる」でもフーターズの全面協力を得て、とあるシーンを撮影。さらに今年、細川監督が監督・脚本を担当したアニメ「深夜!天才バカボン」では、街中がフーターズになる回があるなど、深いゆかりのある店なのです(ちなみに「小河」も「バカボン」も、フーターズで打ち上げが行われたそうです)。土地勘のある細川・三宅の2人は終始リラックスした様子で、イベントは進みました。

中盤には、今回「劇中劇で龍馬を演じる武田鉄矢本人役」を務めた大の龍馬ファン・武田鉄矢から、細川・三宅へのメッセージVTRがサプライズ上映。武田は、剣の腕前が弱く立ちションばかりするなど、史実かもしれないが、現代に伝わる「幕末のカリスマ」とかけ離れた龍馬像を描いた今作に「波乱の現場。時々登校拒否を起こして、行くのを迷う近年珍しいドラマでした」と撮影中の葛藤を吐露。その発言に細川・三宅と会場のお客さんは思わず爆笑。

その上で、武田は続けてこう語りました。
「でも(今の自分の前に)もし本当の坂本が現れたら、何て言うかなって問答したんです。『武田、その年(69歳)になってもまだ32歳の俺(龍馬)が好きだったっていう馬鹿さ加減が、お前の個性なんだ。馬鹿なことをやらないと、個性的にはならないぞ。だから行こう、現場へ―』。……このドラマはちょっと風変わりな龍馬への接近の仕方ですが、これも一つの手だと思ってお付き合いください!」

半世紀にわたって龍馬を慕い続けてきた武田から語られた作品への“贈る言葉”に、2人は深い感謝とリスペクトをにじませていました。

イベント終盤には、「龍馬がくる」の地上波ローカル放送が続々と決まっていることも発表されたほか、東京・渋谷ユーロスペースでの劇場版(12月15日~)鑑賞客に配布予定の限定クリアファイルが当たるジャンケン大会も実施。終始ユルく会場が何度も笑いに包まれたイベントになりました。

※「小河ドラマ 龍馬がくる」第1話に、フーターズガールは出演しておりませんが、2~4話のどこかで登場します。お楽しみに!

細川徹監督 コメント
「『小河ドラマ』シリーズは、織田信長、坂本龍馬と扱う人物は変わっても、三宅さんは変えないという…。普通は反対でしょと(笑)。これまでに2人『男』をやったので、次は女性の偉人を扱うのも面白いと思っています」

三宅弘城 コメント
「『小河ドラマ』がこんなに広がりを見せるとは思わなかったです(笑)。『小河』は、こういう手作りのイベントをやるような手作りの作品ですので、皆さんに大きく育てていただけたら嬉しいです!次は女性役もいいよね」

 

<作品概要>

「小河ドラマ 龍馬がくる」

監督:細川徹 脚本:細川徹 鍵谷友悟 宮澤一彰
出演:三宅弘城 箭内夢菜 稲葉友 山崎銀之丞 皆川猿時 / 武田鉄矢 ほか
制作著作:時代劇専門チャンネル カンテレ 制作協力:ダブ

 

<放送・上映情報>

■TV放送【ドラマ版・全4話】
11月27日(火)24:55~ カンテレにて放送(毎週火曜24:55~)
※カンテレでの放送後、カンテレドーガ、TVerなどで無料見逃し配信あり。
12月30日(日)21:00~ 時代劇専門チャンネルにて全4話+特別篇* 一挙放送
※時代劇専門chだけの特別篇 もっと小さな小河ドラマ THE劇中劇「武田鉄矢主演 大型連続時代劇・坂本龍馬」

■劇場公開【劇場版】
12月15日(土)~ 東京・渋谷ユーロスペースにて特別レイトショー

■ローカル放送《ドラマ版は各地の地上波局で続々OA決定!》
福井テレビ、高知さんさんテレビ、テレビ大分、鹿児島テレビ、サガテレビ、テレビ長崎、岩手めんこいテレビ、さくらんぼテレビ and more…
※追加放送局、及び各局での放送日時は、後日番組公式ホームページなどで発表いたします。

 

―あらすじ―
“人生最後の龍馬役”に挑む武田鉄矢の前に、本物の坂本龍馬(三宅弘城)がタイムスリップして来た! 感激した武田は、「誰も知らない、ありのままのエピソードを教えてほしい」と頼むが、出てくるのは「幕末のカリスマ龍馬」のイメージを台無しにする恰好悪いエピソードばかり! 現場は混乱、かつてない、スケールの小さな龍馬の物語が完成してしまう!! それは全然「大河」じゃない、「小河(しょうが)ドラマ」だった!

 

<「小河ドラマ 龍馬がくる」公式サイト・公式SNS>

公式サイト www.jidaigeki.com/taigajanaizeyo2018/
公式TikTok ID:30529809417
公式Twitter @taigajanaiyo_17
公式Instagram @taigajanaiyo

Tokyo Now Author