KEITA MARUYAMA 2019 Spring & Summer COLLECTION

2018年11月某日、 KEITA MARUYAMA(ケイタ マルヤマ)2019年春夏コレクションを発表する。

今回のテーマは”Plein de Soleil”『太陽がいっぱい』。
『VACANCE』のテイストアーバンにアレンジしたコレクションとなっており、 『tribe』・『ocean』・『flower』 の3つのストーリーに分かれている。

デザイナー丸山敬太のコレクションは『言葉』を紡ぐことからスタートする。 今回も30ワード以上のイメージワードが並ぶ。 「スウェードのパッチワーク」からイメージされたアメリカンネイティブ調のエレガントなボーダーは、 織 やかぎ針 などに繰り返し表現される。 また「BEIGE」から創造され染め上げたフランス製のリバーレースも魅力的な一点。 そのほか「乗馬」のイメージから馬のモチーフのアイテムが登場する。 「ブルージーンズ」といったデニム素材のアイテムもシーズンモードをを引き立てるシリーズになっている。

『ocean』 のイメージでは、 波の動きを連想するようなグラデーションの「水玉」Bubble Dot 柄のドレスがルックでも印象的に描かれている。 シュロの葉越しに海岸が姿を見せる”Seaside Jacquard”も彩り深いゴブランに仕上がっている。 グリーン×ブルーのカラーはサンライズ、 セピアカラーはサンセットをイメージした2色展開。
和紙素材をミックスしたクロシェもサマーシーズンをモチベーションアップさせるアイテムのひとつ。
「水彩画のようなプリント」”Plein de Soleil”も今回のコレクションの注目のテキスタイル。 ビーチでくつろぐカップルや南仏からリビエラを彷彿とさせる街並み、 フルーツなど夏のストーリーが描かれている。

また 『flower』 からは、 咲きみだれる夏の花々が舞い立つよう鮮やかにプリントされた”Blooming Flower”が登場。
色えんぴつやリキテックス、 ポスターカラーなど様々な手法で描かれたカサブランカや朝顔に百合、 ジャスミン、 無花果といった花々をコラージュした図案を布地にプリント。 楊柳シルクやキュプラ・コットン・リネン2種類の素材違いでのアイテムを展開する。
「花の色のシルク」とワードからは、 ナイロンとシルクの混合のLight tafftaでビビットに表現。

KEITA MARUYAMA 2019 Spring & Summer Collectionのデリバリーは2月ごろから順々にスタート予定。
“Plein de Soleil”(太陽がいっぱい)からケイタマルヤマ がお届けする「バカンス」をあなたに。

 

<展開予定店舗>

丸山邸 MAISON de MARUYAMA
〒107-0062 東京都港区南青山4-25-10 1F
TEL : 03-3406-1935
12:00-20:00(月曜定休)

KEITA MARUYAMA 阪急うめだ本店
〒530-8350 大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店
TEL:06-6313-0605
日~木曜日10:00~20:00
金・土曜日10:00~21:00

KEITA MARUYAMA 公式 WEB STORE
http://store-keitamaruyama.com/pc/
info@store-keitmaruyama.com

Tokyo Now Author