台湾ドラマを日本版リメーク!2012年台湾エミー賞受賞ドラマ『我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書)』『僕はまだ君を愛さないことができる』

株式会社フジテレビジョン(以下フジテレビ)は、2012年台湾エミー賞を受賞したドラマ『我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書)』を、株式会社エスピーオーならびに株式会社AOI Pro.と共同で『僕はまだ君を愛さないことができる』として日本版にリメークし2019年FOD・地上波にて配信・放送します。 

『我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書)』は、2011年に台湾・GTVで放送されアジア中で大ヒットしたTVドラマです。台湾版『イタズラなKiss』の監督を務めたチュウ・ヨウニンが、中華圏で女性たちの支持を集める人気脚本家シュー・ユーティンとタッグを組み、恋人未満の2人がおりなす恋模様をリアルに描きました。

本作品は、台湾ではネットユーザーが選ぶNo.1ドラマに選ばれ、台湾エミー賞(金鐘奨)で最優秀作品受賞他、史上最多の主要7部門を独占し、続く中国でも同時間帯視聴率トップを獲得し、配信も異例の大ヒット、その後アジア全土に人気が拡大しました。

多くの女性たちを魅了した『我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書)』の舞台を東京に移し日本でドラマ化します。
『イタズラなKiss』シリーズ、『南くんの恋人』、『きみはペット』と、一度日本でドラマ化されアジアでもリメークされた日本の漫画原作を、再び日本でドラマ化し日本をはじめアジアでヒットを放ってきた製作チームが、新たな女性たちのリアル・ラブストーリーを作り上げます。

仕事に恋に、何事にも一生懸命なヒロイン御手洗陽(みたらい・よう)役を、ドラマ『人は見た目が100パーセント』、映画「キスできる餃子」など、バラエティからドラマ、映画まで幅広く活躍する若手女優、足立梨花(あだち・りか)。また、陽に想いを寄せながらも“親友”として優しく見守る気遣い上手な石田蓮(いしだ・れん)役は、『明日の約束』『明日の君がもっと好き』『刑事7人』など話題のドラマへの出演が続く若手俳優、白洲迅(しらす・じん)。ダブル主演の2人が、原作以上に、共感度も胸キュン度も満点に演じます。

 

<『僕はまだ君を愛さないことができる』STORY>

御手洗陽(足立梨花)は靴メーカー勤務のキャリアウーマン。仕事ではやりがいも感じ順調にキャリアを積んできているが、恋愛面は失恋ばかりで最近はあまりうまくいっていない。陽の高校・大学時代の同級生で、都市の再開発などを手掛けるデベロッパー勤務の石田蓮(白洲迅)は、そんな陽の一番の理解者でもあり、陽が唯一本音を打ち明けられる大親友。そんな陽と蓮は、陽の29歳の誕生日に“30歳最後の日までに先に結婚した方に30万円のご祝儀を贈る”という賭けをする。自分たちが互いに恋をすることはあり得ないと断言する2人だったが、その賭けがきっかけとなり、蓮の会社の後輩の積極的なアプローチや、陽の会社の後輩の急接近、そして陽の元カレとの再会など、その“親友”関係は徐々に変化していき…。

足立梨花コメント
今回、私にとってすごくチャレンジな作品になると思います。台湾で人気のドラマを日本でも楽しんでもらえるように、そしてまた日本ドラマを海外の方にも楽しんでもらえるように、頑張りたいです。そして白洲君との共演も久々で、いいコンビを演じられるのではないかと今から楽しみで仕方ないです!世の中の女性にも男性にも、なにか応援できるようなそんなドラマを作りたいです!お楽しみに!

白洲迅コメント
原作の『我可能不會愛你』を見させていただいて、ヨウチンとダーレンの阿吽のやりとりが、見ていて本当に気持ちよくて、笑えて、楽しくて、この空気感を体感できたらすごく幸せだろうなと感じました。今回共演する、足立梨花さんと一緒に、『僕はまだ君を愛さないことができる』ならではの空気感を作っていけたらと思います。

Tokyo Now Author