加藤和樹は“着痩せするタイプ”!? 2019年カレンダーで「新たな自分を打ち出したい」

アーティスト、 俳優、 声優と幅広い分野で活躍する加藤和樹の2019年版カレンダーが発売。 これを記念したイベントが10月14日(日)にHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEにて行われた。

「加藤和樹カレンダー2019」(東京ニュース通信社刊)

最新の加藤和樹を全6シチュエーションで撮り下ろした「加藤和樹カレンダー2019」が発売。 『映画の1シーンのように』を裏テーマに、 ダンディなスーツ姿、 洗練された和装、 ナチュラルなリアルクローズなどなど、 さまざまな姿をクローズアップ。 全32ページ、 現在の彼の魅力をとらえた見ごたえたっぷりの壁掛け可能なブックスタイルカレンダーとなっている。

イベントの前に行われた会見で加藤は、 「お気に入りのページ以外のところに出来ないとか、 めくった後ももう一回見たいとか、 トイレにはちょっと恥ずかしくて飾れないとか(笑)いろんなコメントを頂きます」と、 発売後すぐにたくさんのファンから寄せられた喜びの声を嬉々として報告。 今日のイベントで初めてカレンダーを手にするファンへ向けては、 「思い思いの目に入るところに飾っていただけたら」と笑顔でアピールした。

「加藤和樹カレンダー2019」(東京ニュース通信社刊)

今年8月、 都内にて丸一日かけて行われたというカレンダーの撮影の裏テーマは『映画の1シーンのように』。 このテーマについて加藤は、 「日本で撮影したけれど日本っぽくない、 どこかの国のギャング的な一枚もあります(笑)。 僕としては実際に行ったことがあるタイとか南米系の、 ネオンが輝いていてちょっと怪しい匂いもするイメージですね」と述べ、 「短い撮影時間だったんですけれど、 結構盛り上がって予想以上にカット数も多く撮ったんですよ」と撮影を振り返った。 「写真集(加藤和樹写真集『加藤和樹という男』(東京ニュース通信社刊))でも一緒に撮影をした、 信頼するカメラマンの荒木勇人さんに撮っていただきました。 色々な表情を撮っていただいたので、 単純にカレンダーとしてだけではなく雑誌のようにも見ていただきたいです」と自信満々な様子で見どころを伝えた。

さらに、 撮影時の思い出として、 「その日実は天気が怪しいって言われていまして、 遠くの方からゴロゴロゴロって音が聞こえる程のすごい積乱雲が、 隅田川の河川敷で撮影している所に近づいてきたんですよ」と、 自他共に認める“雨男”による新しい伝説の誕生を思わせるエピソードも披露。 「でも脱“雨男”をした僕なので、 降られることもなく無事に撮影が終わりました!」と胸を張って続け、 会場を笑わせた。

そんなカレンダーのなかでもお気に入りのページは、 表紙にも選ばれたシンプルな白いTシャツを着た爽やかなカットだそう。 「今回のカレンダーは色々なカットがありますが、 昔から男はデニムに白いTシャツが一番かっこいいなと思っていまして、 体のラインも見えますし、 シンプルイズベストということでこの写真を選びました」と理由を明かし、 「自分で言うのもあれですけど、 がたいが良い方なんですが、 他のTシャツを着ている時も“線が細めだな”って思われるぐらい、 意外と着痩せするタイプなんですよ(笑)」と、 鍛え抜かれた自身の体について自ら分析し、 笑いを誘った。

「加藤和樹カレンダー2019」(東京ニュース通信社刊)

ちなみに、 肉体美の秘訣を記者から問われた加藤は、 「役者もやっているので、 役によって体型を変えたり維持したりはありますが、 基本的に欠かさずやっているのは体幹トレーニングです。 あまり筋肉をつけすぎて服のサイズが変わっても、 スタイリストさんに怒られてしまうので(笑)」と回答。 「あとは食事管理ですね。 ラーメン二郎は食べすぎてないです(笑)」と話題の“ジロリアン(ラーメン二郎ファンの呼称)”ぶりについても触れた。

さらに会場は、 加藤のラーメン二郎への愛について盛り上がり、 先日“お手製ラーメン”を披露したバラエティ番組の話題へ。 「自分が趣味でやっているものが仕事に繋がるっていうのは、 ちょっと自分でもびっくりしたんですよね。 そういうチャンスがあるのであればラーメンの方も極めていきたいです(笑)」と心境を明かし、 「ラーメンだけではなく元々料理をするのが好きですし、 なにかプライベートで充実できるものがあれば今後も見つけていきたいです。 ちゃんと資格を取るとか、 そういうことにもチャレンジしてみたいなと思います」と意欲的に語った。

2019年のカレンダーを発売したことにちなんで来年の目標についても語った加藤。 「つい先日34歳になったので、 来年は30代後半に突入します。 考え方や人への接し方、 振る舞いなど、 表現者としてというより1人の30代後半の男として、 自分のポジションをしっかり考えながら行動していきたいと思っています」と真摯に発言。 「ミュージカル『タイタニック』で物凄い先輩方と共演し、 教えていただいたことがたくさんありました。 仕事の現場でもだんだん後輩が増えてきて、 今度は自分たちがそれを下の世代に残していかなければならいので、 受け継いだものをちゃんと下に残せるように、 そういう意識も持ちながら生きていきたいです」と続け、 誠実さを感じさせた。

「加藤和樹カレンダー2019」(東京ニュース通信社刊)

また、 アーティスト“加藤和樹”としては、 「全都道府県でライブをやることはまだまだ挑戦中ですし、 武道館でライブをやるのも目標に掲げているので、 とにかくそこに対して出来ることを一歩一歩やっていきます」と宣言。 そして、 今月末に開催されるライブツアー「Kazuki Kato LIVE “GIG” 2018 TOUR~Ultra Worker~」の後半戦について、 「まだ詳しくは言えないのですが、 夏と秋に分けてのツアーということで季節が変わるので、 若干のセットリストの変更だったり、 お客さんに喜んでもらえるようなことを用意しています。 肌寒くなってきましたが、 夏よりも熱いライブツアーにしたいです」と意気込んだ。

「加藤和樹カレンダー2019」(東京ニュース通信社刊)

最後に加藤は、 「来年から年号が変わるということで、 ライブツアーでも『平成最後の夏』と言ったりしていたのですが、 じゃあ何が変わるのか?っていうと、 そんなに目に見えて変わることって少ないと思うんですよね」と、 2019年への思いを吐露。 「でも僕ら表現の世界にいる人たちは、 新たな自分を打ち出していくことは常日頃から思っていることなので、 このカレンダーを機に、 アーティストとしても役者としても、 もっともっと色々な表情を見せていきたいので、 期待して頂けたら嬉しいです」と、 思いを述べた。

会見後にはサイン会とお渡し会を開催。 ファン1人1人に丁寧に日頃の感謝を伝えた。

「加藤和樹カレンダー2019」(東京ニュース通信社刊)

 

【商品情報】
加藤和樹カレンダー2019
  • 発売日:2018年9月28日(金)
  • 価 格:本体2,500円+税
  • 撮 影:荒木勇人
  • 発売元:株式会社東京ニュース通信社

Tokyo Now Author