「ティファニー ブルーブック コレクション 2018」を発表

ティファニーは、世界最高峰のジュエリーが一堂に会する究極のコレクション「ティファニー ブルーブック 2018 / The Four Seasons of Tiffany」の発表を記念し、10月9日にニューヨークでパーティを開催しました。

(左から)キム・カーダシアン、メアリー・J. ブライジ、プリヤンカー・チョープラー、レイチェル・ブロズナハン、ゾーイ・クラヴィッツ

チーフ・アーティスティック・オフィサーであるリード・クラッコフによってデザインされたこのハイジュエリーコレクションは、責任ある資源調達によって入手した世界中で最も希少なジェムストーンを使用し、ティファニーのジュエリーの中でも、最も想像力あふれるデザインと精巧な技術により誕生した比類なきジュエリーコレクションです。

ティファニーの職人たちによって命を吹き込まれたジュエリーは、自然や四季の美しさに敬意を表した唯一無二のデザイン。キム・カーダシアンやメアリー・J. ブライジ、ゾーイ・クラヴィッツなど、錚々たるセレブリティやファッションインフルエンサーがティファニーのハイジュエリーを纏い、パーティに出席しました。また、モデルの森星さん、萬波ユカさんとフェルナンダ・リーさんもパーティに華を添えました。

 

(左から)
モデルの森星さんは、今秋から発売の「ティファニー ペーパーフラワー」のダイヤモンドジュエリーを着用
「ティファニー ブルーブック 2018」コレクションのサファイヤのネックレスを着用した森星さん
同コレクションのネックレスを着用したモデルの萬波ユカさんとフェルナンダ・リーさん

 

(左から)
「ティファニー ブルーブック 2018」コレクションの合計約26カラットのアクアマリンのチョーカーを着用したキム・カーダシアン
同コレクションのダイヤモンドが施されたピアスとブレスレットを着用したゾーイ・クラヴィッツ
同コレクションのプラチナと18Kゴールドにダイヤモンドがセットされたネックレスを着用したプリヤンカー・チョープラー

 

(左から)クリス・ジェンナー、メアリー・J. ブライジ、レイチェル・ブロズナハン

 

(左から)萬波ユカさん、フェルナンダ・リー、キム・カーダシアン

 

「ティファニー ブルーブック コレクション 2018 / The Four Seasons of Tiffany」より
(左上)氷がひび割れ崩れるときの不規則性や滑らかさを表現した、合計61.21カラットのアクアマリンと、多様なカットのダイヤモンドを1000石以上あしらったネックレス
(右上)中央にセットされた27.62カラットのエメラルド カットのタンザナイトを囲むように、グラデーションを描きながら敷きつめられたサファイヤの羽を持つ蝶が舞うブローチ
(左下)ダイヤモンドの葉が上下に重なり合いながら優雅に絡み合う、合計32カラットを超えるミックスカット ダイヤモンドがコントラストを描きながら輝きを放つネックレス
(右下)8.55カラットのマーキス カットとラウンド ブリリアント カットのダイヤモンドが煌めくモスが、18Kゴールドの大胆なデザインのブレスレットにセットされたブレスレット

Tokyo Now Author