英国バレエの奇才マシュー・ボーンの傑作続々!遂に初来日を果たした『シンデレラ』本日開幕!来夏は伝説の『白鳥の湖~スワン・レイク~』が、新演出で上演決定!!

英国バレエ界の奇才 マシュー・ボーンの『シンデレラ』が10月3日(水)渋谷・東急シアターオーブにて初日を迎える。 また、 来年2019年7月に新演出版『白鳥の湖~スワン・レイク~』の上演が決定した。

世界に名だたるイギリス人演出・振付家であるマシュー・ボーンは、 古典バレエ作品に斬新な解釈を加えることで新たな光を当て、 数々の金字塔を打ち立ててきた。

本日開幕の 『シンデレラ』 は1997年に制作、 2010年に改訂版が上演され、 昨年2017年に再演されて話題となった。 マシューが率いるダンスカンパニー「ニュー・アドベンチャーズ」の作品の中でも根強い人気を誇る傑作だ。 今回の日本公演は、 イギリス国内ツアー、 中国公演に続くもので、 待望の初来日となる。

マシューはプロコフィエフの名曲「シンデレラ」が第二次世界大戦中に作曲されたことに着想を得て、 物語の舞台を戦時下のロンドンに設定。 シンデレラは自らの意思で行動する強い女性に、 王子は戦争で傷を負いPTSDに苦しむ空軍パイロットに置き換えられ、 実にリアルで現代的な作品に仕上がっている。 本日開幕~10月14日(日)まで渋谷・東急シアターオーブで上演される。

マシュー・ボーンからの日本のお客様へ ~『シンデレラ』上演に寄せて~
予期せぬことが起きるのにご期待ください!
お馴染みのおとぎ話を新しい視点から、 壮麗な作品としてお届けすることを保証します。 新たな発見があるはず。 観ながら笑ったり泣いたりするでしょう。 なぜなら、 私の作品は誰もが知っている言語で描かれているからです。 その言語とは「ダンス」。 世界共通語であり、 誰にでも分かります。

 

続いて、 来年夏に早くも上演が決定した 『白鳥の湖~スワン・レイク~』 は、 先月イギリスで開幕したばかり。 スワン役を全員男性が演じるという斬新な演出で、 日本でもマシューを一躍有名にしたヒット作だ。
耽美かつエネルギッシュな男性スワンたちが舞い踊る現代的な演出で、 イギリスで最も栄誉あるオリヴィエ賞において、 ニュー・ダンス・プロダクション部門最優秀賞を受賞。 これまでに4度の日本公演が行われてきたが、 今回は新演出での上演となり、 新たな伝説の誕生に期待が膨らむ。

https://youtu.be/oFvl9Jq7bnc

マシューは古典バレエの名曲をそのまま使用し、 斬新な演出と振付によって新しいストーリーを魅せる魔術師だ。 彼の作品で長年、 美術と衣装を手掛けているレズ・ブラザーストンの創り出す美しい世界観も欠かせない。
公演は2019年7月Bunkamuraオーチャードホールにて。

プロコフィエフ作曲の『シンデレラ』、 チャイコフスキー作曲の『白鳥の湖~スワン・レイク~』の連続上演。 両方見比べてみるのも楽しい。 魔法のような世界を体感しに行こう。

 

【公演情報】

マシュー・ボーンの『シンデレラ』
2018年10月3日(水)~14(日) 東急シアターオーブ
演出・振付: マシュー・ボーン
音楽: セルゲイ・プロコフィエフ
主催: ホリプロ/TBS/BS-TBS
企画製作:ホリプロ
公式サイト: http://mbcinderella.com/

 

マシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』
2019年7月 Bunkamuraオーチャードホール
演出・振付: マシュー・ボーン
音楽: ピョートル・チャイコフスキー
主催・企画製作:ホリプロ
公式サイト: http://hpot.jp/stage/swanlake2019

Tokyo Now Author