バリー 2019年春夏コレクションをミラノにて発表

今シーズンのバリーは、 ほんのひと時、 現代の慌ただしい世界から逃げ出し、 もっとシンプルだった時代を再発見する気ままな旅のようです。 このつかの間の逃避は、 バリーのルーツスイス、 シェーネンベルトに再び光を当てます。 そしてスタイリッシュなスポーツウェア、 アクセサリーは着やすさ、 快適さだけでなく機能も追求されました。 さあ、 ふるさとへと帰る旅路の始まりです。

THE MOOD
バリーが持つパイオニア精神に沿い、 ジャーナリストから芸術写真家に転身し、 1970年代のカラー写真ブームを率いた二人からインスピレーションを受けました。 この2人の写真家はロードトリップを通じてLAとカリフォルニアでの日常風景中心に、 息を飲む写真の数々を世に送り出しました。
2人の写真は、 大胆な色がセピアカラーのビンテージ写真に取り込まれています。 一般の人をモデルにしたスタイルが特徴のジョエル・スタンフェルドの写真は、 都会の雑踏からまっすぐに伸びる道や、 アメリカ人の暮らしの一瞬を捉えています。 1983年にカリフォルニア州キャニオン郡で撮影された父と子の写真は代表的な一枚です。 同じ時代を生きたスティーブン・ショアのスナップでは日常的な状況や物の退屈さが昇華され、 コレクション全体にノスタルジックなタッチを与えます。
カリフォルニアの夕日が持つ暖かい輝きを思い起こさせるべく、 2019年春夏のコレクションはフリーマーケットのバザールをスタイルとしたピーチのモノクロームの世界で表現されます。

THE ARCHIVE
バリーが持つ豊かなアーカイブは今までのコレクションでも表現されていましたが、 2019年春夏コレクションはバリーのふるさとであるスイス、 シェーネンヴェルトに焦点をあてました。 アーカイブにある靴やバッグのスタイルがモダンな解釈によって再び蘇り、 1940年にレイノルド・ヴイユミエールが手がけた広告用ポスターのリボンスタイルロゴが服や靴にデザインされています。

EYEWEAR
マルコリン社をアイウェアパートナーに迎え、 2つの異なるモデルを2019年の新しいスタイルとして発表します。 今シーズンのカラーとゆったりとした雰囲気を反映し、 メンズ、 ウィメンズ共に上品でレトロなクールさを備えています。 外の世界への窺いを表すオーバーサイズの四角いフレームと、 アビエーターサングラスは、 黄色とピンクに染まった視野を通してショアやスタンフェルドの写真が持つ自由な時代へ誘います。

SNEAKERS
バリーは1930年代に初めてのデザイナースニーカーを作り始め、 それ以来このカテゴリーを得意としてきました。 2019年春夏にはメンズとウィメンズの2種類のデザインが仲間入りします。 ハイカットとローカットの2つのVulkoスニーカーは、 バリーの当時の革新的なデザインを表し、 スイス、 シェーネンヴェルトの緯度と経度がソールサイドに刻印されています。 またスイス出身のテニス選手であるヤコブ・フラセクが1990年に履いていた、 Bally Championスニーカーも復刻もしました。

BAG
創業者の妻から名前を取ったCecyleは、 1970年代のバッグから復刻させたダイヤモンドキルトにスタッズを配したモデルを含め、 あらゆるシーンにふさわしいサイズと形で展開します。

Tokyo Now Author