可愛すぎる衣装と感動のライブレポをお届け♪ 安室奈美恵に、何度でもアンコール!『andGIRL 10月号』9月12日(水)発売!

株式会社エムオン・エンタテインメントは、9月12日(水)に『andGIRL 10月号』を発売しました。

 

安室奈美恵に、何度でもアンコール!

25年間、ずっと私たちのリアルな指針であり、最高に憧れの存在でもあった、唯一無二の女性――安室ちゃん。9月16日の引退を前に行われた、最後のツアー<namie amuro Final Tour 2018~Finally~>をリポート。何度でも見たい、思い返したい、永遠に胸に残る安室ちゃんを味わって!

終始、笑顔の余韻が残るライブだった。クールなのにとびきり可愛くて、ユーモアも切なさも併せ持っている人。圧巻の歌とダンスを見せるトップアーティストでありながら、いくつになっても“安室ちゃん”と呼ばれる親しみやすさもたたえている。安室奈美恵には、たくさんの顔と魅力があって、その全てを味わえるのがステージの醍醐味だけれど。やはり、みんながいちばん好きなのは、この笑顔だ。口角がキュッと上がった、人を幸せにするスペシャルな安室ちゃんの笑顔!

ライブの最後には、キャリア後半ではめったになかったMCで感謝の言葉を述べて目元を光らせてものの、「最後は笑顔でバイバイ!じゃあね!」と再び口角をあげた。安室ちゃんらしい軽やかなバイバイは、笑顔の余韻とともに、私たちの心の中で永遠にアンコールを繰り返す。

 

andBOY 古川雄輝さんにインタビュー

クール、塩顔、イケメン、ハイスペック!この言葉をすべて兼ね備えている俳優といえば、古川雄輝さん。ドラマ『イタズラなKiss~Love in TOKYO』や、最近では、『ラブリラン』でツンデレのイケメンを演じたことで、その素性は謎めくばかり。今回はその素性に迫ってみました♪

「俳優の道へ足を踏み入れてから、お芝居の難しさや苦労を思い知りましたが、楽しさややりがいも感じています。たとえば、オーディションだって、役1つをかけて挑む勝負だと思っています。売り込むのは自分(=商品)と思うと、チャレンジしがいがあります。撮影現場では、大勢の前でいいパフォーマンスができれば最高だし、それが放送されて、視聴者の方から反響がもらえればまだ次の役に恵まれるだろうし。とにかく、1つ1つを丁寧に正確にやっていれば、次につながるだろうなという気持ちでいつも演じています。」

 

「それこそ『ラブリラン』の町田翔平と似ているんですが、短気だし不器用で。僕がそういうわけで子どもなんで、付き合うなら年上であるほどいい。アラサー、いやアラフォーもいいですね。年上の女性は包容力があって、ファッションも清潔感あるきれい目の服が似合う。もしデートするなら?家で僕が料理作ります。基本炒め物が得意だけど、オーブンレンジがあるので最近は揚げ物も作るようになりました。外デートする場合は、彼女の行きたいところなら、どこへでも。楽しいって喜んでくれれば、それで僕は幸せだから」

 

■andGIRL 10月号(表紙:中村アン) 

  • 発売日:2018年9月12日(水)
  • 価格:定価690円(税込)
  • 仕様:A4ワイド、無線綴じ
  • オフィシャルサイト:https://www.andgirl.jp/

Tokyo Now Author