「赤いきつね」40周年記念!新CM『発売40周年篇』8月10日(金)より放映!

東洋水産株式会社は8月10日(金)より、 全国にて「マルちゃん 赤いきつね緑のたぬき」の新CM『発売40周年篇』を放映します。

「赤いきつね」は1978年に発売し、 今年で40周年を迎えます。 武田鉄矢さんは1978年の発売当初からCMキャラクターを務め、 2016年からは、 個性派俳優として活躍中の濱田岳さんと共演しています。

新C M では、 武田さんが濱田さんに「若い頃はどんな仕事でも受けたほうがいいぞ。 」と語りかけると、 1 9 7 9 年にヒットしたC M 「戦車が怖くて篇」が流れます。 こちらは、 武田さんが戦車に追いかけられて必死で走る、 体を張ったパフォーマンスが注目され、 「戦車が怖くて赤いきつねが食えるか! 」というセリフは当時の流行語にもなるほど話題となりました。

「戦車が怖くて篇」の武田さんの迫真の演技に、 「すっごい走ってますね。 」と驚く濱田さん。 武田さんは「4 0 年、 ずっとだよ。 」と力強くうなずきます。

今見ても色褪せない迫力のC M を振り返る『発売4 0周年篇』に、 是非ご期待ください。

 

<新CMの見どころ>

武田鉄矢さんと濱田岳さんが、 1979年に放映されたCM「戦車が怖くて篇」を振り返ります。 当時は、 武田さんが世界各国を訪れ、 体を張ったパフォーマンスを披露するCMが話題となりました。 「戦車が怖くて篇」の撮影時には30歳だった、 パワフルな武田さんが全力で駆ける迫力と、 懐かしい名セリフは必見です。

 

<撮影エピソード>

実は、 今回の撮影現場で初めて「戦車が怖くて篇」を見たという濱田さん。 鬼気迫るパフォーマンスに「本気で驚いて見入ってしまいました」と感想を語りました。 そして、 新CMには、 その新鮮な驚きの表情が表れています。

また、 現場に用意された戦車はコレクターが所有しているものだったことや、 撮影場所はアメリカ・カリフォルニア州の農場だったこと、 出演したエキストラはコレクターのお友達だったことなど、 武田さんが当時の楽しい思い出話で現場を盛り上げてくれました。

 

<コメント>

武田鉄矢さん
「当時はCM契約がこんなに長く続くとは思ってもいなかったので、 40年も続けてこれて、 本当にうれしいです。 昔の自分に負けないようにこれからも頑張りたいと思います。 」

濱田岳さん
「今年が赤いきつねの40周年であるとうかがって、 あらためてこのCMに出演できている重みを感じています。 これからも多くの人の心に残るようなCMになるよう一生懸命頑張ります。 」

Tokyo Now Author