東京モノレール、新CM完成!テーマは「スタイリッシュで分かりやすく!」イメージキャラクターとして今年で5年目のHKT48出演

 東京モノレール株式会社は、 1964年に開業し、 昨年乗客20億人を達成しました。 これからも、 羽田空港と都心を結ぶアクセス路線として、 お客さまに安心・快適にご利用いただける東京モノレールを目指し、 ポスタービジュアルを大きく一新、 新TVCMを2018年8月1日より公開。

イメージキャラクターはもちろん、 今年で出演5年目を迎えるHKT48メンバー。 指原 莉乃さん、 宮脇 咲良さんらHKT48の中核に加え、 矢吹 奈子さん、 田中 美久さん、 松岡 はなさんら次世代エースが揃いました。

スタイリッシュに分かりやすく、 東京モノレールの良さ=「空港快速の便利さ」、 「行先がひとつで迷わない安心感」、 「JR線との乗り換えが改札一つでフラット」を、 新TVCMとポスターを通じて、 今年もお伝えしてまいります。

 

■空港快速篇

浜松町と羽田空港間を最速13分で結ぶ速達性と、 日中平均4分間隔で運行し、 その3本に1本が空港快速という本数の多さ。 羽田空港に速く確実に到着したい首都圏のお客さまに、 空港快速の利便性の高さをお伝えします。

 

■まよわず安心篇

羽田空港から都心へ向かうモノレールは、 行き先が全て「浜松町駅」。 山手線に直結なので、 東京の移動に不安を抱える地方からお越しの方が新宿や渋谷などに移動する際にも迷わない安心感をお伝えします。

 

■フラットのりかえ篇

3月の駅改良により、 浜松町駅で山手線へ乗り換える際、 同一フロアで「フラット」に乗り換えが可能になったスムーズさをお伝えします。 ラストでは「体感しよう!東京モノレール!」と、 HKT48メンバーがモノレールの乗車体験を呼びかけています。

 

■メイキング映像

今回のCMでは、 「インフォグラフィックス」を用いて東京モノレールのメリットを視覚的に分かりやすく表現しました。 そのため撮影はスタジオでの合成用ブルーバックで行い、 HKT48の皆さんには背景にグラフィックの文字やイラストが出てくることを想定し、 演じてもらいました。
指原さんをはじめ、 HKT48メンバーの皆さんには、 東京モノレール“イメージキャラクター”として揃いの制服を身に纏い、 丁寧に説明をするアテンド役となっていただきました。 撮影では声を揃えるシーンが多くありましたが、 皆さん和気あいあいと撮影を楽しんでおり、 普段から仲の良い様子が伺えました。

また矢吹さん、 田中さん、 松岡さんの3名には、 爽やかなオールホワイトの私服姿でモノレールの利用客役も演じてもらいました。 キャリーバッグを引きながらでもスムーズに移動できるようになった浜松町駅内の「フラットのりかえ」をはじめとしたモノレールの利便性を、 疑似ながらも体感できたようです。

HKT48としては5年目のCM起用となりますが、 その間もどんどん進化し、 新しい魅力が加わった東京モノレール。 CMも「先進性」を感じさせるような、 リニューアルされた仕上がりとなりました。

Tokyo Now Author