エンタメ~テレオリジナルホラー第2弾オムニバスドラマ「戦慄女子」に、鈴木えりか・RaMuなど注目の“女子”たちが主演!!

名古屋テレビネクスト(株)は、これまでホラーコンテンツに力を入れてきた“やんちゃな大人の刺激的エンタメチャンネル”エンタメ~テレ☆シネドラバラエティにて、2017年の「心霊呪殺 死返し編」に続くオリジナルホラードラマ第2弾「戦慄女子」を、8月11日(土)から放送します。

エンタメ~テレオリジナルホラー第2弾オムニバスドラマ「戦慄女子」より
鈴木えりか(左)とRaMu(右)

今回は、1話完結全6話、新進気鋭の3人の監督によるオムニバスホラードラマで、注目の女優、グラビアアイドル、声優たちが、毎回異なるヒロインを演じる。

正統派ホラードラマとなる第1話「戦慄女子 亡霊女編」(深山将也監督)のヒロインは、全身美容脱毛サロンの“壁ドン”CMで話題の美少女・鈴木えりか。「週プレ」でのグラビアや女優として映画、ドラマでも活躍中の彼女にとって、今回ドラマ初主演。現場は古い木造家屋で、霊感のあるスタッフから「ここはちょっとヤバイ」と言われたのも手伝って、クライマックスの撮影では、本気でビビリまくり恐怖の感情を曝け出していた。

第2話「戦慄女子 シャワー女編」(佐々木勝己監督)の主演は、グラビアタレント、過激なYouTuberとして名を馳せるRaMu。性格が自分にとても似ているという妖怪・シャワー女を時にキュートに、時に過激に怪演。なんと人生初となる男性とのハグシーンも披露!

今注目の”女子“が、新たな一面を見せる「戦慄女子」。第3話~第6話のヒロインを演じるキャストも、順次発表予定。

鈴木えりか コメント
撮影で使った家が薄気味悪くって、入った瞬間に「ヤダな」と思っていたら、少し霊感があるというスタイリストの方が、「この家ちょっとヤバイかも」って・・・。それを聞いてからずっとビクビクしていて、クライマックスの撮影では、その怖さもあって恐怖の感情が爆発しました。
これまで映画やドラマでお芝居の仕事をしてきましたが、ここまで感情を出せた演技は初めてなので、ホラーの演技で新しい鈴木えりかが見せられたと思います。初めての主演ドラマですし、たくさんの方々に見て頂きたいです。暑い夏、コワァ~イ「戦慄女子 亡霊女編」を見てゾクゾク、ヒヤヒヤして下さい!

RaMu コメント
私が演じるシャワー女は、妖怪なのですが、ゴスロリぽい格好をした可愛い現代風の妖怪です。性格はすれているところもあるけど、ピュアで、私にとても似ています。シャワーを浴びている男性を驚かして、高笑いをするのですが、マネージャーから高笑いの仕方が普段と一緒と言われました。性格以外も似ているようです。それもあって、演じる時に口が悪くならないように気を付けたのですが、監督から逆に「もっと口を悪くして」と指示されました。
妖怪役なのにいつも変らないRaMuなのですが、なんと!今回!男性とハグをするシーンがあります!初めての経験です!果たしてどんな表情を見せているのか!?お楽しみに!

 

【作品概要】

「戦慄女子 亡霊女編」
夏休み前日、大学生の小林リサの家に集まったトモヒロ、アヤコ、コージ。楽しいひと時を過ごしていた4人は、『亡霊女 アクシデント版』というタイトルの自主制作ホラー映画のDVDを見たことから、奇怪な出来事に見舞われる・・・。

  • 出演:鈴木えりか、山田ロン、緋那子、村上和也、坂本光希ほか
  • 監督:深山将也
  • 放送スケジュール:2018年8月11日(土)午後10:30~11:00

「戦慄女子 シャワー女編」
男がシャワーを浴びている時に、背後から現れ、ビビらせる妖怪・シャワー女。ある日、今井という男の部屋を訪れたことから、思いもよらない交流が始まり・・・。

  • 出演:RaMu、萬野崇博ほか
  • 監督:佐々木勝己
  • 放送スケジュール:2018年8月25日(土)午後10:30~11:00

※メ~テレ地上波での放送はありません。

公式サイト: http://www.entermeitele.com/horror/senritsu_joshi.html

©エンタメ~テレ

Tokyo Now Author