新作ジュエリーコレクション「ティファニー ペーパーフラワー」の発表を祝し、ニューヨークでイベントを開催

ティファニーは、 新作ジュエリーコレクション「ティファニー ペーパーフラワー」の北米での発売開始を記念し、 5月3日(木)、 ニューヨークの五番街にある本店でイベントを開催しました。

Photo credit_Getty Images for Tiffany & Co.

このイベントには、 ティファニーの最高経営責任者(CEO)のアレッサンドロ・ボリオーロと、 チーフ・アーティスティック・オフィサーのリード・クラッコフが出席したほか、 女優のエル・ファニング、 ゼンデイヤ、 ミシェル・ウィリアムズ、 ヤラ・シャヒディ、 グレタ・ガーウィグ、 モデルのケンダル・ジェンナー、 ナオミ・キャンベル、 アヴァ・フィリップ、 ドウツェン・クロース、 ダンサーのマディー・ジーグラーといった錚々たるセレブリティが集いました。

女優のエル・ファニングは、 ダイヤモンドのネックレスと、 ピアス、 リングを着用。 女優のゼンデイヤは、 ダイヤモンドとタンザナイトのピアスとダイヤモンドのリングを着用。

Photo credit_Getty Images for Tiffany & Co.

モデルのケンダル・ジェンナーは、 ダイヤモンドのネックレスとリング、 イエローダイヤモンドをセットしたホタルモチーフのリングを着用。

Photo credit_Benjamin Lozovsky_BFA.com

女優のミシェル・ウィリアムズは、 イエローダイヤモンドをセットしたホタルモチーフのペンダントとダイヤモドのペンダント、 リングを着用。

Photo credit_Benjamin Lozovsky_BFA.com

モデルの森星さんは、 フラワーモチーフを複数あしらったダイヤモンドのリングと、 ダイヤモンドとタンザナイトをセットしたドロップピアスを着用。

Photo credit_Getty Images for Tiffany & Co.

モデルの萬波ユカさんは、 フラワーモチーフを無数にあしらったダイヤモンドのネックレスとブレスレット、 イエローダイヤモンドをセットしたホタルモチーフのリングを着用。

Photo credit_Getty Images for Tiffany & Co.

DOBERMAN INFINITYのSWAYさんは、 「ティファニー T」、 「ティファニー ハードウェア」のジュエリー、 「ティファニー イースト ウエスト」の時計を着用。

Photo credit_Benjamin Lozovsky_BFA.com

ピースの綾部祐二さんは、 「ティファニー CT60」の時計を着用。

Photo credit_Benjamin Lozovsky_BFA.com

この夜の最後を飾ったのは、 ヒップホップアーティストのエイサップ・ファーグによるパフォーマンス。 2018年のスプリングキャンペーン「Believe In Dreams」のフィルムでフィーチャーされたクラシックソング「ムーン・リバー」のモダンなリメイク版を演奏し、 会場を沸かせました。

Photo credit_Benjamin Lozovsky_BFA.com

また、 このイベントでは、 女優エル・ファニングをフィーチャーした最新広告キャンペーン「Believe In Dreams」のプレミア上映を実施しました。 キャンペーンフィルムは、 エル・ファニングがニューヨーク五番街本店のウィンドウを覗き込むモノトーンのシーンから始まります。 これは、 1961年のクラシック映画『ティファニーで朝食を』のオープニングシーンにオマージュを捧げたものです。 その後、 現実の世界に連れ戻されたエル・ファニングの目の前には、 ニューヨークのストリートに音楽や色彩が溢れる、 夢のような世界が出現します。 そこで流れる音楽は、 エイサップ・ファーグがオリジナルの歌詞を手掛けた「ムーン・リバー」のリメイク版。 エル・ファニングが軽やかに美しい歌声を響かせます。

このイベントに先駆け5月1日(火)より、 新作コレクションと広告キャンペーンの発表前のティーザーとして、 ニューヨークにティファニーブルーで飾られた様々なスポットが登場しました。 ティファニーブルーのコーヒーカートが無料でコーヒーを配布したほか、 ニューヨークを象徴するイエローキャブはティファニーブルーに色を変えてストリートを走りました。 また、 街角のボデガ(食料品店)はバケツに入れたペーパーフラワーで埋め尽くされ、 地下鉄の駅もティファニーブルーで彩られました。

Tokyo Now Author