タグ・ホイヤー 銀座 ブティックのオープニングにブランドアンバサダーのベラ・ハディッドが登場

4月9日、 東京・銀座に今月オープンしたタグ・ホイヤーの新コンセプトブティック「タグ・ホイヤー 銀座 ブティック」のオープニングイベントが行われ、 モデルでアンバサダーのベラ・ハディッドが参加しました。

ベラは、 自らの限定モデル「タグ・ホイヤー リンク レディ ベラ・ハディッド エディション」を身につけ、 タグ・ホイヤー CEO 兼 LVMHウォッチ部門 プレジデントのジャン-クロード・ビバー、 人気歌舞伎俳優の中村獅童さんと共に、 酒樽を開いてのオープニングセレモニーに参加しました。

中村さんは、 銀座ブティック限定モデルとして歌舞伎をイメージした時計「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー 02T GINZA エディション」が発売されたことから、 特別ゲストとして招かれました。

ベラは新ブティックで、 自らのビジュアルが採用されている動くファサードや、 世界に先駆けて発表されたデジタル・ディスプレイに初めて触れました。 このブティックの革新的なコンセプトは、 時計製造の世界において初のことであり、 オムニチャネルブティックでの購入体験と合わせ、 顧客にブランドの世界に浸れる機会を提供します。

ベラ・ハディッドは、 ブティックの中でも特にユニークな最新のコネクテッド什器であるiTAGを体験しました。 ディスプレイにセットされたタッチパネルを複数回クリックしたり、 ブランドのテーマやコレクション名をブラウズしながら操作するだけで、 顧客が好みのモデルを選ぶことができます。 タッチパネルディスプレイとiTAGが同期されており、 ディスプレイが回転して選んだモデルが瞬時に現れ、 自由に時計に触れることができます。 また、 選んだ時計の情報は顧客のモバイルデバイスに転送することができ、 my tagheuer.comにログインすればブティックの外でも購入することができます。

ベラ・ハディッドは次のようにコメントしました。 「この新ブティックには本当に驚きました!時計に簡単に触れることができるし、 購入するのもずっとシンプルです。 そしてタッチパネルディスプレイを簡単に使うだけで時計が選べるのがとても面白いと思います。 このブティックのオープンに立ち会うことができて大変光栄ですし、 私自身も日本文化に触れることができ、 何もかもがすばらしく、 楽しかったです!」

タグ・ホイヤー CEO 兼 LVMHウォッチ部門 プレジデントのジャン-クロード・ビバーはこの新コンセプトについて、 次のように述べました。
「現在、 かつてないほどに、 ラグジュアリーとは、 信頼性、 シンプルであること、 空間、 時間と同一視されているように思います。 タグ・ホイヤーにおいては、 それをブランドの個性、 クオリティ、 サービス、 タグ・ホイヤーにしかないものへと昇華させています。 新ブティックのコンセプトは、 ブランドのアヴァンギャルドなスピリットと完全に一致するものです。 この銀座ブティックは、 革新性と、 日本に強く根付いているカスタマーサービスにおけるエクセレンスが融合したすばらしいショーケースとなるでしょう。 」

タグ・ホイヤー ジャパン ゼネラルマネージャー 河村恭臣は、 次のように述べています。
「タグ・ホイヤーのアンバサダー、 ベラ・ハディッドを日本の新たなフラッグシップのオープニングに招くことができ、 大変光栄に思っています。 ファッションアイコンであり、 ソーシャルメディアでの影響力もあるベラは、 デジタル環境に慣れた若い世代を代表するような存在だと思います。 そのような若いお客様にとって魅力あるブティックを目指しています。 」

このユニークな新ブティックは、 時計業界の伝統的で保守的なスタイルとは異なり、 デジタルの世界に慣れた今日の若い世代に向けたタグ・ホイヤーのアヴァンギャルドな姿勢を示しています。

Tokyo Now Author