“日本発・日本初”のノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』が国内演劇史上初の無期限ロングラン7年目に突入!

ART COMPLEXグループが手がける、京都で上演中の“日本発・日本初”のノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』は、2018年4月、ロングラン7年目に突入しました。公演回数は2200回を超え、観客動員数は17万人を突破しています。

演劇の本場ブロードウェイですら、その長い歴史の中でこのようにロングラン上演し続けることができる作品は一握り。ましてや、日本国内では観劇の習慣が定着していないこともあり、この異例ともいわれる「ロングラン」は業界内でも話題に。

一方、演劇分野にとどまらず、約80兆円の経済効果と言われる「夜の観光」に注力する日本の観光分野でもその実績が評価され、近畿経済産業局主催の「関西インバウンド大賞」を受賞。2012年ロングラン開始当初は皆無に等しい状態だったインバウンドコンテンツが2017年より次々と上演されるなど、観光分野にも広く影響を及ぼしています。

7年目に入る今春はバージョン改訂を行い、更なるクオリティーアップを目指してまいります。

 

■『ギア』とは?

日本発×日本初のノンバーバル(=言葉に頼らない)パフォーマンス『ギア-GEAR-』。

光や映像と連動したマイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリングによる迫力のパフォーマンスで感動のストーリーを描くと共にセリフを使わない“ノンバーバル”という演出により、小さなお子さまから大人まで、そして外国の方までもが、言葉の壁を越えて楽しんでいただけます。『ギア-GEAR-』は大きさや色、形の異なる歯車が噛み合い、大きなうねりを生み出す日本独特の和の文化である「調和」をテーマとし、公演を開始。2015年11月にはロシアで6か月に及ぶロングラン公演を実施。2017年12月には『ギア-GEAR-』East Versionとして、初の関東進出を果たしました。現在も、京都と千葉の2拠点で、業界では類を見ない同時上演を続けております。

『ギア-GEAR-』: http://www.gear.ac/

 

【主な実績】

  • 「TED×Kyoto 2013」でスペシャルパフォーマンス実施
  • 「文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業」採択(2014-2016年)
  • 世界最大級旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」エクセレンス認証を3年連続獲得(2015年・2016年・2017年)
  • 近畿経済産業局主催「関西インバウンド大賞」受賞(2018年)

Tokyo Now Author