バレエ界の帝王ルジマトフが10年ぶりに「オテロ」役を披露「ロシア・バレエ・ガラ2018」

バレエ大国ロシアを代表する4つのバレエ劇場、 マリインスキー・バレエ、 ミハイロフスキー劇場バレエほか、 ボリショイ・バレエ、 モスクワ音楽劇場からソリストが出演。 注目は、 何と言っても現在のバレエ界で最も有名なダンサーとして知られるルジマトフが出演する「ムーア人のパヴァーヌ(オテロ)」。 シェイクスピアの原作をバレエ化したこの名作は上演機会も少なく、 なかなか見ることの出来ない貴重なステージ。その他、 人気バレリーナのペレンが出演する日本初演の作品や、 劇場が異なる4人のバレリーナたちによる「パ・ド・カトル」などを上演。

ロシア・バレエ・ガラ2018

  • 公演日程:
    • 2018年9月1日(土)15:00
    • 2018年9月2日(日)15:00
  • 会場:文京シビックホール 大ホール(東京都文京区)
  • 演目:「ムーア人のパヴァーヌ(オテロ)」「パ・ド・カトル」「薔薇の精」「日本初演作品」「牧神の午後」「ドン・キホーテ」ほか
  • 出演:F.ルジマトフ、Y.マハリナ、I.ペレン、O.ボンダレワ、ほかソリスト
  • 公演詳細:http://www.koransha.com/ballet/rossiangala2018/

お問い合わせ
株式会社光藍社03-6457-4159
(平日10:00~18:00)

Tokyo Now Author