ふんどし普及に貢献した著名人に贈られる『ベストフンドシストアワード2017』大賞は、菅田将暉さんが受賞!

日本ふんどし協会は、年に1度、ふんどし普及に貢献したプロフェッショナルに贈られる賞『ベストフンドシスト賞2017』の受賞者を以下のように決定致しました。本賞に関しては、日本ふんどし協会公式サイト(http://www.japan-fundoshi.com/)で公開しております。

■ベストフンドシストアワード2017受賞者

【大 賞】:菅田将暉 様(俳優/歌手)
【受 賞】:五十嵐結也 様(ダンサー/振付家/役者)
【特別賞】:ノンスタイル井上祐介 様(お笑い芸人)
【作品賞】:『帝一の國』(映画)

 

■各受賞者の受賞理由

菅田将暉 様
大河ドラマおよび映画『帝一の國』での見事なふんどし姿と、2017年の素晴らしいご活躍

五十嵐結也 様(ダンサー)
ふんどし姿での芸術的な写真がSNSで広く拡散され、普及に貢献いただいたこと

ノンスタイル井上祐介 様(お笑い芸人)
過去の受賞者である井上様の、とある事件後の復活を応援。
※特別賞は「ふんどしを締め直してあらたに頑張る方を応援する賞」です。

『帝一の國』(映画)
俳優の皆様によるふんどし姿での演技が素晴らしく、若い世代への普及に貢献いただいたこと

 

■ベストフンドシストアワードとは

「ふんどしの普及に貢献頂いたプロフェッショナルにご活躍される方」に贈られる賞です。
毎年1回選出され、2月14日「ふんどしの日」の前日に、前年度の受賞者が発表されます。

受賞の対象となる方

  1. 芸能、文化、スポーツ等、でプロフェッショナルとして活躍されている方
  2. 普段よりふんどしを愛用、もしくは日本ふんどし協会としてふんどしの愛用と切望する方
  3. 日本在住の方(国籍問わず)

ベストフンドシストアワード(BEST FUNDOSHIST AWARD)の意義
日本ふんどし協会が、ふんどしの素晴らしさを世の中に広め、認知拡大と普及を目的として行っております。

 

■2月14日は『ふんどしの日』

日本ふんどし協会は「ふんどしで日本を元気に!」を合い言葉に、ふんどしの文化や締め付けないリラックスウェアとしての使用を広く伝える活動を行っています。
人々のふんどしに対する理解と関心を高めることを目的に、2(ふん)と14(どし)と読む語呂合わせから、2月14日を「ふんどしの日」と制定。※日本記念日協会正式認定済
バレンタインデーと同日であることから、愛する人へ「ふんどし」を贈る提案も行う。

Tokyo Now Author