ジョルジオ アルマーニの2023春夏コレクションが発表!

ミラノ・ファション・ウイークで、ジョルジオ アルマーニが2023春夏のコレクションを発表。個々の美意識から生まれる一貫性を基軸に、過去と未来への繋がりを表現した。

ジョルジオ アルマーニにとって、”一貫性とは”個々の美意識から生まれるものと定義します。それは、歓喜で感情が高ぶる時にはよりシンプルに、安心したい時にはそのままに、そして新たな感情が沸き上がる際には既存の感情を拭い去るといったような、表現においての不可避性から生まれます。過去のコレクションから繋がれた細い糸は、テーマとフォルムを追求した結果、さらに軽くなりました。

今シーズン、ゴールドに輝く糸は、シルエットやディテールを際立たせ、ファブリックやアクセサリーのテクスチャーと調和して、光で彩ります。軽やかなダスターコート、フルイドジャケット、サルエルパンツ、そして重さを感じさせないスカートが、ワードローブを軽やかにし、甘美な空気で女性像を包み込むように、ナチュラルに混ざり合い、重なり合います。

コレクション全体に流れるエキゾチックな潮流は、極めて軽量でモダンなファブリックと、ゴールドがかったニュートラルなサンドカラーから、パープルやインクブルーのカラーパレットによって表現されています。マンダラのモチーフは、キャットウォークに設えたバンブーのように内面の軽快さを表しています。それはまさに夢のような心地良さを追い求めた象徴でもあるのです。

Tokyo Now Author