映画『猟奇的な彼女』の監督と小説『花戦さ』の作者が夢のタッグ! 1月26日映画公開『風の色』著者・鬼塚忠が語る、リアルで純粋な物語を書く秘訣とは?

旭屋書店では、 1月23日から各店舗で“純粋な気持ちを思い出したい時の一冊”にて、 鬼塚忠さんの『風の色』をフィーチャーした『本TUBEニュース』コーナーを設置!連動して、 1億人の本と本屋の動画投稿サイト「本TUBE」のスペシャル企画、 ピックアップ本の著者への直接インタビューも開催!今回は、 『風の色』発売を記念し、 鬼塚さん自身に、 じっくりと語っていただきました。

◆本編再生はコチラ!
http://www.hon-tube.com/pc/movie.php?movieid=2421

旭屋書店では、 鬼塚忠さんの『風の色』(講談社)発売をフィーチャーし、 著者インタビューを実施した。 これまでに多くの作品が映画化されてきた鬼塚さん、 主な著書に『Little DJ』(2007年映画化)、 『カルテット!』(2012年映画化・ミュージカル化)、 『僕たちのプレイボール』(2010年映画化)、 『花戦さ』(2017年映画化)、 などがある。
本作『風の色』は、 2018年1月に劇場公開を予定。 『猟奇的な彼女』を手掛けたクァク・ジェヨン監督との共作が話題となっており、 監督自身「自分史上、 最高のラブストーリー」と銘打つほどの自信作という。 舞台は流氷の北海道・知床と東京。 そこで生きる二組の男女が、 ドッペルゲンガーの世界へと迷い込んでいく。 人間の存在の本質を、 ミステリータッチで描き出した最高傑作のラブストーリーとなっている。

 

――こちらアイディアはクァク・ジェヨン監督ということですが、 面識はあったのですか?

面識は全くなかったですね。 ただ私は、 クァク・ジェヨン監督の『ラブストーリー』という映画が大好きだったんです。 今回『風の色』小説化の話が持ち上がって、 原案に対して話を書く小説家を探している中で、 私が候補に上がったようです。 その後ストーリーや、 色んな話を聞く前から、 監督と仕事がしたいという意思を伝えました。

――純愛ラブストーリーを良く書かれていますよね?読んでいると、 邪な気持ちのある人が出てこない、 純度の高い物語ばかりなんですよね。 なぜこんな美しい物語が書けてしまうのですか?

小説を書くときは、 登場人物のモデルがいないとキャラがぶれるから、 絶対モデルを作るんです。 私の周囲に、 あまり邪悪な人がいないので当然小説にも出てこないんです。 原稿を書くときは、 最初は登場人物の名前をモデルとなった方の本名で書きます。 最後に一括変換して違う名前にするんです。

――主人公の男の子のモデルは?

“なりたい自分”ですね!「モデルは自分」と言ったらおこがましいですけど(笑)。

 

文庫: 256ページ
出版社: 講談社

 

◆本TUBEとは・・・
著者出演動画数は国内最大級!本屋が作った動画で気軽に”本”と出会えるコミュニティサイトです。
読んでみたくなる本が動画で見つかる、 読んだ本の記録や整理できる本棚機能など、
毎日の読書がもっと楽しくなるコンテンツが盛りだくさん!
http://www.hon-tube.com/

 

◆公式Twitter
https://twitter.com/hontube

◆公式Facebookページ
https://www.facebook.com/hontube2017/

Tokyo Now Author