FENDI 2022-23年秋冬ウィメンズ レディ・トゥ・ウェアコレクションを発表!

イタリア・ローマを代表するラグジュアリーブランド FENDI(フェンディ)は、2022年2月23日(水)午後2時(イタリア現地時間)、アーティスティック ディレクターのキム・ジョーンズ(Kim Jones)による2022-23年秋冬ウィメンズ レディ・トゥ・ウェアコレクションを発表しました。

「フェンディらしさを理解する最良の方法は、フェンディのワードローブの歴史を紐解くことです」
―キム・ジョーンズ

デルフィナ・デレトレズ(Delfina Delettrez)が、母親のワードローブから見つけたプリントブラウスを身にまとってローマのフェンディ本社「イタリア文明宮」を訪れた姿からインスピレーションを得たキム・ジョーンズは、メゾンの歴史を探求し、芸術運動に対するカール・ラガーフェルドの愛を称える1986年春夏コレクションを再発見しました。「それらは過去のコレクションでありながら、今日でもとても新鮮に感じるのです」と、ジョーンズは語ります。

1986年に発表された幾何学プリントやテーラードのスタイリングと、2000年秋冬コレクションの透ける素材の軽やかさを融合して構成したコレクション。それは、強さと柔らかさという対極的なものの探求、すなわち美しい衣服をまとうパワフルな女性たちが闊歩するランウェイなのです。「女性の生活の様々な側面に寄り添う、あらゆる世代の女性のためにデザインされたワードローブです。そして、すべてはデルフィナから始まったのです」と、キム・ジョーンズは述べています。

さらに、シルヴィア・フェンディ(Silvia Venturini Fendi)は、次のように述べています。「自分の家族の歴史がすぐに思い浮かびます。キムがデルフィナの姿を見たように、私も似たようなプリントを着ていました。私がファッションについて最も興味を引かれるのは、それがこの一瞬だけのものではないという点。フェンディの場合、それがいつでも当てはまります。決して陳腐になることがないのですから。それぞれのアイテムに必ずストーリーがあり、それは少しずつ異なるものなのです」

エレガントなツイードに付けられた軽やかなシフォン、カシミアのロンググローブを合わせた繊細なスリップドレスコルセットで非常にフェミニンなフォルムに仕上げたストックシャツ、マスキュリンなテーラリングのクロップトジャケットの中に、新たなバランスが見られます。フェンディの実用主義を象徴するフォルムと機能性の大胆不敵な調和がトランスフォーマブルな洋服に表れています。ブレザーを取り外すとテーラードのジレになり、ポケット付きのベルトはウエストマークをしながらスマートフォンを入れることもできます。見る人の目を欺くフェンディのイリュージョンテクニックがカールした再利用モヘアに用いられ、ファーのような質感のシアリング、または刈り毛のシアリングと錯覚させます。

2022-23年秋冬メンズウェアコレクションで発表された「オーロック(O’Lock)」プリントは、この世のものとは思えない軽やかさをまとい、ウィメンズウェアにもアレンジされました。「フェンディには何の壁も、何の分け隔てもありません。私たちはファミリー(家族)なのですから」と、シルヴィア・フェンディは締めくくります。

シルヴィア・フェンディがデザインするアクセサリーでは、クラフツマンシップに対するメゾンの献身が「ハンド イン ハンド(hand in hand)」プロジェクトの新たな一章として、「フェンディ ファースト(FENDI First)」や、オーバーサイズのショッパーに繰り返し使われているインターシャファーとともに表現されました。さらに、1997年に誕生した伝説的アイコンバッグ「バゲット(Baguette)」の25周年を祝い、カシミア、シアリングで縁取りされたレザー、そしてインターシャミンクの3型を復刻いたします。

デルフィナ・デレトレズが手がけるジュエリーは、モノグラムのサイズがひときわ大きくなったイヤーカフやバゲットクリスタルをはめ込み、シグネチャーの「FF」ロゴをさりげなく表現したテニスブレスレットが誕生しました。ペンダントや垂れ下がるイヤリングには、鍵のモチーフが登場。 「この鍵はどんなものでも、どんなドアでも開けられるのです。もちろん、フェンディのアーカイブも!」と、デルフィナ・デレトレズは微笑みます。

#FendiFW22

Tokyo Now Author